teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 火葬料金

 投稿者:トミン  投稿日:2012年 1月27日(金)21時21分19秒
返信・引用 編集済
  まりやぎ課長さんへのお返事です。

> 臨海の圏外料金32000⇒70000

今までは安すぎで組織5区以外の利用が多くなってしまったので抑制をかけるため。ただそれだけ。
平塚市も同じ理由で市外料金が9万5千円に値上げされましたが、市内は今も無料のままです。

> 瑞江も都内が36400とかなり高くなりました。

公平性を考えての措置です。
瑞江葬儀所は都営とはいいながら実際には江戸川区・江東区近辺の人しか事実上利用できません(古くからのしきたりの関係で)。
杉並区の人の税金も入っていますが、実際には民営火葬場を利用しなくてはならないわけです。

> 東京多摩地区の火葬場も圏内料金の無料化解除も時間の問題でしょうね。

何を根拠にこのような事を得意気に書くのでしょうか?
なら何故、青梅市火葬場は建て替え後も市民は無料のままなのですか?
国立市は立川聖苑を無料で利用できますが、式場併設でないと都合が悪い市民のために、多磨葬祭場を利用する際にも助成金が出る制度があります(立川聖苑隣接の立川市斎場は立川市民専用)。
ですので、立川聖苑の域内料金を有料化したら、国立市民は誰も立川聖苑を使わなくなってしまう可能性もあります。

最後に一点。
いい加減このような各方面に悪影響が出かねない話を、不特定多数が見る掲示板に書くのはやめませんか?
あなたは「ズバリ大胆予想!」みたいな感じで面白がって書いてるのでしょうが、それで仕事に支障が出る人がもしいるとすれば偽計業務妨害という立派な犯罪ですよ?
 
 

Re: 西田中

 投稿者:  投稿日:2012年 1月25日(水)22時19分57秒
返信・引用
  東原安芸さんへのお返事です。

ねぇよばーか
 

火葬料金

 投稿者:まりやぎ  投稿日:2012年 1月25日(水)07時52分16秒
返信・引用
  民営だけでなく公営も料金がかなり値上げされてます。

臨海の圏外料金32000⇒70000、瑞江も都内が36400とかなり高くなりました。

東京多摩地区の火葬場も圏内料金の無料化解除も時間の問題でしょうね。
 

現役火葬場職員初の研究書

 投稿者:東京の火夫  投稿日:2011年11月22日(火)04時47分16秒
返信・引用
  本人の了解を得て書いているのだが、このところ、友人の「現役火葬場公務員」である「嵯峨英徳氏」が書いた著書「東アジアにおける火葬の考察」の宣伝活動を自ら、買って出て、色々と、頑張っているつもりである。勿論、手弁当。交通費も、郵送料も、自分持ち。なぜ、そこまでして、やっているかというと、内容が、絶対に多くに方に読んでいただきたい内容だからだ。「正字」多用のとっつきづらさは、あるが、内容は、インテリではない私でも、楽しめた名著。この本を、埋もれさせては、いけないとの使命感が、私には、ある。まだ、図書館への寄贈が中心だが、図書館でも、蔵書過多で、簡単には、受け入れてもらえない状態。「選定委員会」のようなもので、決めて贈呈を受け入れるかどうか、決めるそうだだ。自費出版が、しやすくなって玉石混交な作品が、寄贈を望んでくるかららしい。しかし、嵯峨氏の著書は、違う。膨大な資料に目を通し、優れた内容になっている。「都政新報」11月4日号でも、大きく掲載されている。現在受け入れ決定図書館が、「東京大学」「早稲田大学」「駒澤大学」「大正大学」「高野山大学」、東京都公園協会の「東京グリーンアーカイブス」。選定中が、「明治大学」「立教大学」「東洋大学」「都立中央図書館」「千代田区立日比谷図書文化館」「豊島区中央図書館」。まだまだ、戦いは、これからだ。現在、東京都庁第1本庁舎2階の「三省堂・都庁店」でのみ1500円+税で販売中。

 

大阪市の火葬場

 投稿者:鞘姉  投稿日:2011年 9月23日(金)17時31分4秒
返信・引用
  大阪市の斎場の炉メーカーについて

北斎場・瓜破斎場・小林斎場・・村瀬炉工業
鶴見斎場・・富士建設工業
佃斎場・・ジッポウ工業

 

臨海斎場

 投稿者:みゃおらぶ  投稿日:2011年 8月26日(金)20時28分28秒
返信・引用
  臨海斎場の増設された火葬炉は太陽築炉工業製、すなわち同じ建物の中に異なるメーカーの火葬炉がある斎場がついに登場したというわけです。  

大宰府北寿苑の今は

 投稿者:TKG48  投稿日:2011年 8月14日(日)20時07分42秒
返信・引用
  解体され更地になっておりここに火葬場があったという痕跡はなくなっている  

Re: (無題)

 投稿者:  投稿日:2011年 6月20日(月)17時29分39秒
返信・引用
  トラウマさんへのお返事です。

野焼きや座棺炉に限らず、昔は最初から強火で焼いていたので、ご指摘のように筋肉収縮による「遺体の起き上がり」がありました。
では今はどうかと申しますと、再燃炉を備えた台車式の火葬場に関しては極力それが無いよう、ある程度の焼け具合までは弱火で焼くように調節しています。
弱火では煙が多く発生してしまいますが、そこで再燃炉が活躍するわけです。
又、いつまでも弱火のままでは火葬時間が長くなってしまいますので、筋肉系が焼け終わったあたりからは強火で一気に焼きます。
 

w

 投稿者:由依の豆  投稿日:2011年 5月21日(土)16時18分58秒
返信・引用
  1089&b32.com  

(無題)

 投稿者:ASHITOMAME  投稿日:2011年 5月13日(金)22時22分49秒
返信・引用
  KAWAGUCHIHARUNANOASHITOMAME  

レンタル掲示板
/26