teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


「大きのこ展」出展者募集中

 投稿者:artmaniaメール  投稿日:2011年 9月18日(日)19時16分6秒
  artmania cafe gallery yokohama と申します。
11月artmania cafe gallery yokohamaにてきのこ好きのきのこ好きによる展覧会を開催します。かわいいきのこ、毒キノコ、おいしいきのこの写真、絵画、イラスト、ファッション、雑貨などきのこ作品ならなんでも!出展アーティスト大募集です。ふるってご応募下さい。


企画展概要

開催期間:11月19日(土)~11月25日(金)

オープニングパーティー:初日19日午後3時よりきのこパーティー開催

※お好きなきのこを持ってきていただければギャラリーいて炒めて皆で食しましょう。

参加費:1ドリンク付き 500円 他きのこ和風パスタ500円もご用意いたします。

募集作品:写真、ファッション、靴、インスタレーション、イラスト、オブジェ、雑貨、バッグ等

募集人数:10名 1F:3アーティスト2F:3アーティスト3F:4アーティスト

出展料:21000円

お申込順に場所も決めていただきます。


お申込は、コチラからお願いします。
http://www.cafegallery.artmania.jp/lookfor/20111119-daikinokoten-lookfor/

artmania cafe gallery yokohama
担当 富田

E-mail:info@artmania.jp
又は
Tel/Fax:045-514-3980

貴重なスペースありがとうございました。

http://www.cafegallery.artmania.jp/

 
 

12種類のきのこ料理を作って食べた

 投稿者:かっぱメール  投稿日:2010年 9月27日(月)10時44分57秒
  9/26は9月例会「きのこ料理を作って食べよう」。できたのは…
①ウスヒラタケのキンピラ風②コウタケの白和え③ニンギョウタケの刺身④アカジコウの油炒め⑤ニンギョウタケとアミタケのおろし和え⑥ニンギョウタケの粕漬け⑦コウタケの醤油漬け⑧アカジコウのポタージュスープ⑨ウスヒラタケ、アカジコウ、ニンギョウタケ、ハタケシメジ、ヌメリイグチ、アミタケの澄まし汁カボス添え⑩コウタケご飯のおにぎり⑪マイタケとハタケシメジ入り雑穀の海鮮パエリヤカレー風味⑫ブナシメジの中華風ごま油炒めコチュジャン風味。

ブナシメジ以外の8種類は全て天然物でした。幸せ…。お土産に天然マイタケやコウタケそのほかのきのこもいただきました!
 

鳥取きのこ愛好会例会(1月)

 投稿者:auftaktメール  投稿日:2010年 1月14日(木)20時25分7秒
  1月17日(日)15:00~
さざんか会館にて。
参加費無料。
参加会員の持ち寄るきのこの話の雑談会のやうなもの。
プレゼントもあるもよう。
終了後、有志による新年会も計画してゐます。
みなさん、奮つてご参加ください。
 

鳥取きのこ愛好会に入ってね

 投稿者:かっぱメール  投稿日:2009年 5月 5日(火)00時59分5秒
  きのこ好き集まり初の会を持つ やっと鳥取きのこ愛好会のパンフレットができました。加入ご希望の方はお知らせください。きのこの写真つきの楽しい詩が載っているパンフレットさしあげます。  

マツオウジその後

 投稿者:auftaktメール  投稿日:2009年 5月 1日(金)17時59分7秒
  結局あの日の鳥大は、研究センターまで行つたものの、農学部1号館でCOAなんとかと
いふ研究発表会のやうなものが催されてゐた丁度その時間だつたらしく、センター棟は
ドアの鍵は全部豪快に開いているもののどなたもおいでにならないといふ不用心な(笑)
状況で、あきらめました。地域科学部の先生方にも少し用事があつたり、久しぶりに
雑談したかつたりしたのですが、なんとこちらも芸術文化センター内の一室で教室の
会議のやうなことをなさつてゐて、こちらもあきらめ、試しに、と菌蕈研究所まで車を
走らせました。ご迷惑だつたとは思ひますが、長沢先生が丁度いらして、少々雑談
にお付き合ひいただいてしまひました。
曰く「西日本でいちばんよく見かけるタイプのマツオウジですね」
「発生時期もいろいろありまして、4月から出るものが珍しいといふほどではありません」
とのことでした。

で、かっぱさんに夕方拙宅に寄つていただき、その説明はしたのですが、肝心のマツ
オウジをお持ち帰りいただくのをすつかり忘れてをり、特大きのこの処理に少々困つ
てしまひました(笑)。
結局まづ半分を刻んでオリーブオイルとクレイジーソルトで炒めて試食。質感・歯応へ
共に抜群。ただし、ほんの一寸した苦みといふかえぐみ(と言ふほどではないが)があ
るやうな気がしました。
そして、残りの半分を夕方作成した麻婆茄子に仕込んでみました。
人参・ピーマン・豚肉・茄子・マツオウジといふ布陣です。
これはなかなかよかつた。
もつと美味い喰ひ方があるんぢやないか、とは思ひますけどね。
 

でかいマツオウジ!

 投稿者:かっぱメール  投稿日:2009年 4月26日(日)21時31分32秒
  これはマツオウジに間違いありませんが、山渓の「日本のきのこ」にはマツオウジ属4種、とか、長沢栄史さん監修の「日本の毒きのこ」にもいくつかの種類があるように書いてあるので、詳しくはわかりません。明日にでも鳥大の菌類きのこ遺伝資源研究センターに持ち込んで聞いてみたいと思っています。かなり古い杉と思われる株から出ていました。鳥取きのこ愛好会事務局長のauftaktさんに写真を撮ってもらいますが、16センチと15センチのかなり大型の個体です。見たとたんにマツオウジだと思ったものの、秋のきのこだと思っていたので、4月に出るものかどうか疑問もありました。本によっていろいろ違いますが、発生時期は春から秋と書いてある本もあるのでマツオウジに間違いないと思うわけです。  

マツオウジ?

 投稿者:auftaktメール  投稿日:2009年 4月26日(日)20時31分18秒
  かっぱさんから連絡があり、ご友人のところから特大のマツオウジらしきものを
ゲットしたとか。明日現物を見に行き、画像を撮つてきます。
mixiの方にアップできるかな。
 

鳥大の

 投稿者:auftaktメール  投稿日:2009年 4月 9日(木)21時48分5秒
  キンコンカン…ぢやなかつた、菌根菌方面の4年生さんからmixiのマイミクシィリクエストをいただきました。夜光虫さん共々、マイミクシィのグループ「fungi」に登録させていただきました(^_^;。
かうして、菌糸はどんどん広がつて行くのでありました(*^_^*)。
 

夜光虫さんいらっしゃい

 投稿者:かっぱメール  投稿日:2009年 4月 8日(水)21時50分39秒
  ここ半年ほど川柳に凝っている。そこで一句 桜咲きアミガサタケに恋つのる
夜光虫とはあやしげな美しさ…夏の夜、海に入ると、水をかく手のまわりに流れ星のように夜光虫が光った。あと15年くらい(は生きていると思うので)よろしく。
今日も花見兼アミガサタケ探しに行った。桜の木の下で食べたおにぎりのおいしかったこと!でもやっぱりアミガサタケはみつからなかった。それで夕方、兵庫県の岸田川にヤマメ釣りに行った。旧道を通ってワラビがでていないか探したけど、まだ当分出そうもなかった。川原に着くとまず葉ワサビをビニール袋一杯採った。それで釣りにかかったけど全然あたりもなかった。そこで帰りながらコゴミをむしった。本命のアミガサタケもヤマメもとれなかったけど、晩御飯にコゴミのてんぷらをいただき、葉ワサビ漬けをビンに五つ作った。今日もいい一日だったということにしよう。
 

ようこそ!

 投稿者:auftaktメール  投稿日:2009年 4月 8日(水)17時55分49秒
  こちらへも、ようこそいらつしやいました。> 夜光虫
改めてご紹介します。かっぱさんが我が鳥取きのこ愛好会の代表です。以後
お見知り置きを。

アミガサタケも、小さいものから、びつくりするほど大きなものまであるやうですね。
mixiでやつてゐる「可能な限り天然きのこ」といふコミュニティにも日本全国のみなさん
が画像付きの情報を寄せてくださいます。ほとんど大人の手の大きさくらゐの画像も
あつて驚きます。あんなのを採つてみたいものです。

それでは一曲(誰もリクエストしてないけど)

♪鐘が鳴る鳴る菌根菌~

お粗末でしたm(_ _)m。
 

レンタル掲示板
/19