teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


文化も歴史もない国、フランス

 投稿者:CNX  投稿日:2008年 3月18日(火)17時35分9秒
   エアフランスからの返答は未だにない。フランスは文化の香りがするという無知やマスゴミによる洗脳を解いておこう。フランスが他の西欧諸国に対し、文化を誇り傲慢なのは、単に他の国よりイタリアに近いという地政学的な理由による。

 植民地(フランスでは海外県と称している。)からの移民の暴動が絶えず、公務員が威張りストが頻発する社会主義国、ハンガリーからの移民2世がフランス第5共和政第6代大統領になれ、戦争に負けながら、他人の褌(米英)で、戦勝国になり、国連分担金が日本の3分の1~4分の1で、安保理常任理事国としてデカイ面をして南太平洋の海外県で現地人を弾圧し核実験を行う、文化も歴史もない国がフランスである。

 TGVに乗ればよくわかる。地平線まで畑の中の一本道を走るだけ。山あり谷あり、トンネルに海岸線、地震対策、季節によっては積雪対策を施している新幹線とは出来が違う。切符を買うとき、英語を使ったら、「un billet」、「テージェヴェ」とフランス語に直してくれた。コンポステを忘れて、車掌に見つかって「パーハドン」とフランス語訛りで言ったら許してくれた。フランス語を喋るかどうかで文化水準を決める、西欧の中華主義国、それがフランス。

 実は、フランスの風景の多くはエッフェル塔(1889年建立)より新しい。マラリア蚊だらけの沼が干拓されヒースが生い茂る土地や裸の山に木が植えられた。ピレネー山脈のスペイン側の風景こそ、かつてのフランスの風景で、フランスの絵のように美しい地名の多くは観光業者や地図制作者によって偽装されたものだ。

 パリというのは、路上の敷石の上に土民が糞尿を捨て、近くの農民が拾いに来るという凄まじい臭気がする都市で、糞を踏まないためハイヒールが、臭いを誤魔化すため香水が発明された。不衛生なため、ペストが蔓延。人口の3分の1に減少。これを教訓に下水道が作られた。近代17世紀には、魔女狩り。ギロチンの公開処刑で有名なコンコルド広場には、エジプトから掠奪してきたオベリスクが建っている。

 カゴ(cagot)という、中世の癩病患者、サラセン侵略者の子孫とも言われる「呪われた人種」は、何世紀にもわたって南部フランス全域で迫害されてきた。20世紀になってからでさえ、その迫害は一部の地方で続いた。

 それはフランスが変わったということであって、フランスそのものは昔から存在していたのではないか、と思う者がいるかもしれないが、それはとんだ心得違いだ。ドゴール(Charles de Gaulle)は、246種類ものチーズがあるフランスを統治することの困難さを嘆いたが、これは大昔からのフランスの役人共通の嘆きなのだ。フランスはその歴史の大部分の間、各地方の寄せ木細工でしかなかった。19世紀の中頃までフランス全体を網羅するまともな地図は存在しなかったし、共通語に至っては全く存在しなかった。

 自転車が普及するまでは、フランスの大部分の人々にとって、半径15マイル以内の地域における、小さい納屋に収容できるくらいの数の人、が世界のすべて。ピレネー地方へ旅行した人が1837年に、「金星と土星が異なるように、一つ一つの谷が、隣の世界とは異なる小世界を形作っている。一つ一つの村が、一つの氏族(clan)、独自の形態の郷土愛を持つ一種の国家、の趣がある。それぞれが異なった様相を呈し、異なった意見、偏見、慣習を持っている。」と記している。

 フランス全土が、地図、道路、鉄道、電信によって結びつけられたのは、20世紀になってからだ。フランス人全体が同じ日に同じ出来事が起こったことを知るという経験をしたのは、1914年8月の第1次世界大戦勃発の時が初めて。19世紀にフランスで55の主要方言と数百の準方言が確認された。19世紀には兵士や役人は地方に行くとガイドや通訳が必要だった。1880年の段階で、標準フランス語が使えたのは全人口の約5分の1に過ぎなかった。この標準フランス語なるものは、昔パリのフランス語と呼ばれていた代物。1789年のフランス革命の頃は、全人口の11%にあたる300万人しか、このフランス語が喋れなかった。1863年に至っても、フランス軍の兵士の4分の1は地方語しかできなかった。第1次世界大戦の時、ブルターニュ人(Bretons= Brittany人。ケルト系の言語を用いていた)はフランス語ができなかったため、ドイツ兵と間違われてフランス兵によって射殺された。

 フランスなる国民国家が成立したのは、19世紀末の都市への人口流入、自転車の普及、第1次世界大戦の結果であって、それまでは、フランスという国家はあったが、内実は各地方の寄せ木細工でしかなかった。

 ドイツやイタリアは19世紀末に初めて統一国民国家になったが、この両国に比べてはるかに先行していたという印象のあるフランスは実質的に統一国民国家になったのは19世紀末から20世紀初頭。イギリスや日本にはるかに遅れている。

<つい最近できたばかりのフランス(その2)>(2008.3.17公開)

http://blog.ohtan.net/archives/51166034.html

 
 

エールフランス 汁憮振れ

 投稿者:CNX  投稿日:2008年 3月17日(月)18時23分31秒
   毛唐系の航空会社は、ごっつい男の低サービス。敬遠しているが、ヴェト線は満席で、毛唐の支那畜、エールフランスに乗る破目になった。あの気取った慇懃無礼で人種差別の対応は見ていてムカつく。ヨーロッパを旅すると、フランスでは、英語が通じない場合が多い。旗の後ろを付いていく野ではないので、カタコトのフランス語で凌いだ。オランダ、ドイツなど英語で十分。AMSなどオランダ語を使うと英語が返って来るので勉学心が失せ、学ぶ必要もない。
 チョビ髭の客室乗務員を、20mも離れて、フラッシュも焚かずに撮ったが、許可されていないと禁止された。
 機内で楽しむ権利を踏みにじられた。機内に「NO PHOTO」と書いておけ。機内で労働中(プライバシーはないはずだ。)の機内搭乗員を撮るのに許可がいるとは初耳。旅のブログに写真も乗せれなくなる。大問題なので、降機時にエールフランスに問い合わせると宣言した。まず、日本支社にメイルを送った。返答が来たら、掲示板に載せる積もりだが、未だに返答はない。
 卒業旅行か、日本の若者が多いが、明らかに人種差別を受けている。抗議しないから、ますます日本人は舐められていく。いい加減に謝る国ではなく、謝らせる国になろう。
 

グーッモーニーン、ヴィートナーム!

 投稿者:CNX  投稿日:2008年 3月13日(木)05時19分10秒
  ボッタクリはどこでもあるが、この国は空気のようなものか?
この国のサービス業は客を怒ったり、同僚と客の前で喧嘩をしたりする。共産主義とはこういうものなのだろうか。それとも、ヴィートナムの土人気質なのだろうか。不思議と腹が立たなくて、普通の応対に感激してしまうマゾになれる国、それがヴィートナム。

越南のIPアドレスを残したくて投稿。題名は、1987年製作のアメリカ映画、「Good morning, Vietnam」より。
 

海賊の一味・パタゴニア

 投稿者:CNX  投稿日:2008年 2月19日(火)16時49分38秒
   南アメリカの南の端、マゼラン海峡あたりの南極からの寒風が一年中吹きすさぶ地域をパタゴニアと呼ぶ。毛唐がこの地に始めて来たのは、ほんの100年程前の1890年。約3000人のヤマナ族が居住していた。ところが、20年後の1910 年には僅か100人に減ってしまった。
 われわれと同じモンゴロイドのヤマナ族は毛唐(コーカソイド)の狩猟により殺され、或いは入植者により持ち込まれた細菌・ウイルスにより病死した。この呪わしい地の名前を付けた毛唐のアウトドア用品メーカーがある。日本の調査捕鯨船に海賊行為を働いている「シー・シェパード」のスポンサーである。昨年も捕鯨母船の日新丸は、この海賊に執拗な追撃を受け、火災により船員が死亡している。他も負傷者を出している。下の写真をみればわかるように完全な海賊であり、攻撃マークを船に記している気違い海賊である。
 上記の内容の抗議メイルを送ったが、科学的な根拠のないカルトとは話し合いはできないというのを痛切に感じただけだった。アメリカの大した製品を作っていないメーカーで買う気もなかったが、今後も一切買わない。毛唐の犬の犬巻、回答にも何にもなっていない馬鹿みたいなカルトメイルを送って恥ずかしくないのか。海賊を支援するのが本業とでも言うのかい。

> お客様
>
> 昨今報道されている日本の捕鯨に関わる問題に関してお問い合わせをいた
> だきまして誠にありがとうございます。弊社ではお客様のご意見やご質問
> を常に歓迎しております。
>
> お客様が弊社の公式コメントをご覧になられているか、が分かりませんで
> したため、念のため、下記に添付させていただきます。
>
> 下記が弊社サイトに掲載いたしました、パタゴニア社からの公式コメント
> になります。
> ………………………………………………………………………………………
> パタゴニア社はSea Shepherd Conservation Societyを1993年から資金また
> は物資等を通じて支援しております。1993年を最後とする助成金プログラ
> ムを通じたSea Shepherdへの資金援助は、その大半を自然環境のダメージ
> や破壊の根本の原因に働きかけている草の根の環境保護団体の支援に向け
> られる環境助成金プログラムを通じて実行されたものです。昨年度は、世
> 界中の415を越える非営利団体に対して資金援助を行い、1985年に同プログ
> ラムを開始してから現在までに2900万ドルを超える助成を行っています。
>
> パタゴニアは支援する団体を入念に審査することで、各団体がそれぞれの
> ミッションや目標を効果的に実現しようとしているかだけでなく、各団体
> が市民的不服従に関与しているかどうか、人々の生命を危険にさらすよう
> な行為をしたことがないかについて照合しています。
>
> 最近、南極海でSea Shepherdの所有する船が、捕鯨を中止させ、また捕鯨
> 船によりクジラが殺されるのを防止するため、日本の捕鯨船の甲板に“悪
> 臭弾”を仕掛けました。これに対して日本の捕鯨船はSea Shepherdを“非
> 人道的なテロリストの攻撃”として非難しました。
>
> 過去においてSea Shepherd は、直接行動という戦術を採用してはいるもの
> の、人命に対する脅威は回避するよう注意深く行動してきました。パタゴ
> ニアの考えでは、Sea Shepherdの今までの行動は“科学的調査”という名
> 目で行われてきた“クジラの捕獲”を、日本を含む各国の捕鯨船に中止さ
> せるという組織ミッションに対して効果を発揮してきたと捉えています。
> こうした捕鯨は残酷的かつ暴力的であり、不必要なものです。Sea Shepherd
> に対する支援は、残された世界中の野生生物、特にかつての生息数から激
> 減し、現在わずかな生息数しか残っていない生物を保護することに活動の
> 重点を置いている環境団体を支援するという、弊社の大局的な目的に含ま
> れたものでした。
>
> パタゴニアは、Sea Shepherdの戦術に賛同されないお客様がいらっしゃる
> ことを認識しています。そのため、弊社はあらゆる機会において、クジラ
> をはじめとする野生生物の保護に対する情熱の結果として、いかなる関係
> 者にも危害が加えられたり、怪我を負うことのないよう、Sea Shepherdを
> はじめとする環境団体の行動を今後とも継続的に監視していく所存です。
> …………………………………………………………………………………………
>
> 弊社は罪のない野生生物の生命と福祉を守るために、あらゆる地域で活動
> している環境団体への支持を重ねて表明いたします。一方で、弊社は人々
> の生命と福祉を危機にさらすいかなる行為も支持いたしません。これは創
> 業時から、そしてこれから将来にわたっても変わることのない弊社の姿勢
> です。
>
> この度はご意見を頂きましてありがとうございました。
>
>
> パタゴニアカスタマーサービス   大巻
> URL: http://www.patagonia.com/japan/
> e-mail: customerservice@patagonia.co.jp
 

続・郵便事業株式会社の返答

 投稿者:CNX  投稿日:2008年 2月19日(火)15時35分19秒
  郵便局に直接電話を入れたから、事故を起こした郵便局名を教えないと送った返事がこれである。「ひとりを愛する」とか言っているが、会話になっていない。
これは、チンパンジーのアイがコンピューターで応答した紋切り型の文なのか?

> 郵便事業株式会社お客様サービス相談センター吉田でございます。
>
> お申し出につきましては、ご迷惑をおかけしてしまい、
> 誠に申し訳ございません。深くお詫び申し上げます。
>
> お客さまからいただきましたご意見は、今後のサービス向上のため、
> 当センターより関係部署に伝えさせていただきます。
>
> この度は弊社にご指摘頂きましたことに御礼申し上げるとともに、
> ご指摘事項を真摯に受け止め、今後のサービス改善に努めてまいります。
> 今後ともご指導ご鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。
>
> ------------------------------------------------------
> 郵便事業株式会社お客様サービス相談センター
> HP:http://www.post.japanpost.jp/index.html
> ------------------------------------------------------
 

郵便事業株式会社の返答

 投稿者:CNX  投稿日:2008年 2月19日(火)15時29分39秒
  > 郵便事業株式会社お客様サービス相談センターの山内でございます。
>
> この度はご迷惑をおかけして、誠に申し訳ございません。
> お詫び申し上げます。
>
> お客さまからのご指摘につきましては、
> 配達支店に確認、指導をいたしますので、
> 大変恐縮ではございますが、より確実な指示を行うために、
> お客さまのお名前・ご住所の詳細を
> 当センターにお知らせいただきますようお願い申し上げます。
>
> お手数をおかけして申し訳ございませんが、
> ご連絡をお待ちしております。
>
> ------------------------------------------------------
> 郵便事業株式会社お客様サービス相談センター
> HP:http://www.post.japanpost.jp/index.html
 

郵政民営化の大嘘

 投稿者:CNX  投稿日:2008年 2月19日(火)15時28分9秒
   郵政公社時の一昨年、12月20日に年賀状を出したのにもかかわらず、昨年の元旦に年賀状が届かなかった。民営化の今年は信頼していなかったが、今年は元旦に届いた。ただし、昨年12月20日頃に投函。
 これは良いというか、当り前のことなのだが、今年は、毎月印刷物で受け取っている携帯電話の利用明細書が、宛て先不明で戻ったと連絡が来た。今の住所で、毎月、クレジットカードだとか、公共料金の利用明細だとか、数多くの郵便物がちゃんと届いているのに、民営化になった途端の正月にこの事態。民間企業で偽装がつぎつぎと発覚しているこのご時世、郵便も信用ならない時代なのだと痛感し、コイヅミ平蔵の改革とかいうものは、大嘘だということがよくわかった。
 

チュラロンコン不動産開発

 投稿者:CNX  投稿日:2007年10月25日(木)10時39分59秒
   タイ随一の名門国立大学でありながら、チュラロンコン大学は、首都クルングテープの中心部の高架電車(BTS)のサイアム駅とサムヤーン駅の間に広大な土地を所有し、中核は当然大学キャンパスだが、何と人気のショッピングセンターMBK(マーブンクロング)や若者の集うサイアムスクエアの土地も所有している。この16日、MBKが、現在の契約が切れる2013年からの20年契約で総額254億Bで、地主のチュラロンコン大学と借地契約を延長したという報道で初めて知った。また、若者向けのショップが犇くサイアムスクエアに情報通信(IT)関連のショッピングモールと30階建ての3つ星ホテルを建設し、投資額10億B。サムヤーン駅前の2.2haには、オフィスビル、ショッピングセンター、大型書店、マーケットなどを総額40億B規模で開発。マーケットは2008年中に開業する見通しだとか。

 日本で譬えると、国立の東京大学が銀座~渋谷~六本木あたりにビルを建てて開発するというもので、三菱土地か三井不動産と変わらない。タイの国立大学というのはなんでもアリの凄まじいもので、不動産開発を国立大学が行い、莫大な家賃収入で研究・教育を維持しているらしい。日本で言えば、東京ミッドタウンを東京大学がやっているという図なのだ。

 有馬朗人という物理屋は、東京大学理学部物理科で教授、東京大学総長と登り、参議院議員になった野心家で、国立大学協会会長も努め、国立大学の独立行政法人化の反対の急先鋒だった。ところが、文部大臣という飴を貰うと、180°反転、私学あがりの太田誠一に丸め込まれ、抵抗らしき抵抗もなく、独法化を促進した。「国立大学独法化」、「ゆとりの教育」、「ポスドク1万人」という日本の研究・教育に致命傷を与えた。自分の利益のため、多くの同僚や後輩、国益といったものを踏みにじったわけである。旧制高校廃止とこのドクホウカが、日本の教育の最大の過ちであるのだが、両方とも大した議論もなく、国家百年の計が、無批判でなし崩し的に決まってしまった。

 現在では、国立大学も全て金の世界で、理学部・理学研究科であっても、産学共同とか発明や裁判に備え法律、高校とかへの出前講義とかいった瑣末な雑事に多くの時間と労力を取られ、基礎科学に費やすべき金と時間が消えてしまっているそうだ。
 

古巣の不思議な旅

 投稿者:CNX  投稿日:2007年 9月19日(水)17時38分37秒
   2004年12月26日のスマトラ島沖地震の前日、プーケット島に降り立った。いつものようにパトンで年末を過ごそうかとも思いついたのだが、いろいろな経緯があって、すぐにチエンマイに飛んでいた。翌日、大津波が押し寄せ大惨事になっていた。今回、2007年09月12日、聾桟敷のマルディブ(Maldives)に居たときに、スマトラ島沖でまたもや地震が発生。しかし、幸いにも津波は発生しなかった。
 今回もプーケットという案もあった。09月16日にワン・トゥー・ゴーOG269便着陸失敗事故が起きているが、乗っていた確率は極めて低い。ワン・トゥー・ゴーも親会社のオリエント・タイは、全機オンボロ中古機で、2004年09月19日に、チャーター機が、東京タワーに約200メートルまで接近事故を引き起こしている航空会社なのである。
 思えば、ハジャイで泊まったセントラル・ホテルで、泊まった翌週にペナンの松下の社員がシンガポール人に惨殺されているし、また、後日泊まったダイイチ・ホテルは、その翌月にホテル前に駐車していたバスが爆破されいる。バリ島では、行った1~2月後に爆弾テロ。カシミール近くのパキスタン支配地域では、訪れた2~3年後に大地震。当時は、9・11テロの1~2年前で、ムジャヒディンと名乗るアフガンのゲリラが乱暴狼藉を働いていた。
 思えば、生きているのが不思議な旅(ほとんど一人旅)を繰り返してきた。
 今回、日本に帰ると、安倍ちゃんが挫けて、福田康夫が薄ら笑いをしている。
 

リゾート乞食 マルディブから

 投稿者:CNX  投稿日:2007年 9月13日(木)20時26分14秒
  柄にもなく、マルディブでリゾートライフを1週間送った。首都マーレ島に渡ったら、間の悪い事に今日からラマザン。マーレ島では、いつもアルコールを飲めないのは仕方ないとしても、昼間、1軒以外は飲食もできない。
詳細はマルディブを離れてからにしよう。
 

悪魔の飽食 ガリオア・エロア資金

 投稿者:CNX  投稿日:2007年 6月12日(火)19時36分53秒
  *ガリオア資金(占領地域救済政府資金)
対日援助額は、1946年度から1951年度までの累計で16億ドル弱。
日本向けには「家畜の飼料」用であった「脱脂粉乳」「雑穀類」を食料として送った。
*エロア資金 (占領地域経済復興資金)
援助総額は、ガリオア資金と合わせて18億ドル以上援助開始時には無償とされたが、1948年01月、アメリカは突如として日本に対し返済を要求。日本は反発し、1954年以来、日米間で交渉が行われ、7年後の1961年06月、返済額4億9000万ドル、返済期間15年、年利2.5%の条件で妥協案が成立。翌1962年01月09日、外相小坂善太郎と駐日大使エドウィン・O・ライシャワーとの間で返済協定が調印された。債務は、1973年に前倒しで完済。

戦後、増産を続けていたアメリカの余剰農産物のはけ口として日本は標的になった。家畜の飼料の飼料用の小麦や脱脂粉乳を「善意」による無償の食料供給という形で、学校給食などに供給した(ララ、ユニセフ、ガリオア資金など)。しかし、1950年代になると、アメリカは余剰農産物を将来にわたって売り込めるように策謀し、 1951年サンフランシスコ講和条約締結により日本は形のうえで独立国となると同時にガリオア資金援助を打ち切り、1954年にアメリカは余剰農産物処理法(農業貿易促進援助法)を成立させた。パンと脱脂粉乳を使った学校給食を食べた子供たちが大人になったとき、パンを食べることが当たり前にする習慣性を狙ったものである。パンを食べれば、副食は牛乳製品・卵製品・肉製品となり、それらの畜産物を飼育するための飼料であるトウモロコシや大豆(これもアメリカ余剰農産物)なども同時に輸入せざるを得なくなる図式である。
戦後、「栄養改善運動」の一環として、アメリカの資金から捻出された、「キッチンカー」が全国を走り回った。「キッチンカー」は野外で、小麦粉、乳製品、油、肉、ソーセージ、卵などを素材とした料理講習会を行い、一般市民には日本政府の事業を装い、その実、アメリカはキッチンカーで教える料理に小麦と大豆(大豆油)を使う条件を付けた。西洋の栄養学をもてはやした栄養学者や医学者は、日本の伝統的な食事を低く評価し、「パン食の文化を持つ人々は進歩的、積極的なのに対して、米食の人々は諦観的、消極的」とか、米を食べるとバカになるという「米食低脳論」まで横行した。パン作り講習会などが全国で行われ、マスゴミがこの音頭取りを行った。この資金もアメリカの資金から拠出したものである。
戦後の「栄養改善運動」とパンと牛乳の学校給食、日本人の間違った日本食に対する評価によって、日本人の食事は伝統的な、ご飯、味噌汁、漬物、野菜の煮物中心の食事から、一気に、パン、牛乳、卵、肉、油といったアメリカ余剰農産物消費の洋風の食事に傾いてしまった。その結果、アレルギーや成人病(生活習慣病)を引き起し、国民の健康を害し、あるいは死に至らしめ、生命線である食料までもアメリカに握られている、食料面でも属国の状態にある。

ガリオア・エロア資金と、こういう国辱的な占領下から現在までの歴史が隠蔽され、2・1ゼネスト近辺の一連の謀略事件とか塗りつぶされている。
呆れた事に、ガリオア・エロア資金の返済交渉に先人が苦心惨憺したはずの、外務省のサイトに次のようなバカ話が掲載されている。
見出しだけで内容がわかるので駄文は掲載しない。日本人はアメリカ、世銀にユニセフに感謝して、ODAに国際貢献という名のアメリカの尖兵にならなくてはならないという自虐的に洗脳するためのサイトで、事実を半面も伝えていない。
アメリカが日本やドイツを援助したのは、東西冷戦あるいは朝鮮戦争なども起っている状況で、共産圏に対する防波堤として、国情を安定させるためのものであった。「ユニセフさん、ありがとう」に至っては、あまりも低劣な煽動で、笑うべきであろうか。

>第二話 戦後の灰燼からの脱却
>その1 ガリオア・エロア資金なかりせば
>その2 世界銀行への恩返し
>その3 国際NGOからの大きな贈物
>その4 「ユニセフ」さん有難う
>その5 太平洋を渡った留学生

一番下のフルブライトに至っては、前国連事務次長の明石康、作家の小田実、ノーベル医学・生理学賞を受賞した利根川進、ノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊、フォトジャーナリストの吉田ルイ子と、どう見ても、明治維新期の国費留学生と比較して、遙かに劣る面々であり、そのほとんどが「アメリカ被れ」であり、「アメリカン・スクール」というべきであろうか、日本の文化の破壊に手を尽くした被洗脳者の売国奴といって差し支えがない。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/hanashi/story/1_2.html

 

チエンマイの昔日

 投稿者:CNX  投稿日:2007年 5月 4日(金)19時48分44秒
  チエンマイの税関で徹底的に調べられるのは、いつものことで税関吏と顔見知りになってしまった。
両替のレイトも0.284未満だし、チエンマイに時間と金を掛けて来る意味すらなくなっている。十数年のシガラミで来なければならない我が身を呪うしかない。ロングステイの業者の口車は嘘だし、騙される団塊は自己責任。
昔日のチエンマイの美点も消え失せている。第一、国立公園からして入園料が5倍の外国人料金、スワナプーンは6割が円借款でその1割がリペートなのに華僑のタクシンにあの言われよう。スワナプーンの税金は、航空券の中に込まれてしまったが、KIXのより100円しか違わない。後は推して知るべし。

チエンマイの黄金の昔日は10年程前に絶滅した。
 

讀賣からの回答

 投稿者:CNX  投稿日:2007年 3月31日(土)21時35分54秒
  >「実刑判決」とは、執行猶予の付かない有罪判決のことで、ご指摘された
> 過去例は、「実刑」の判決ではありません。よろしくお願いいたします。
>
> 読売新聞東京本社 読者センター
> 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1
> (ダイヤルイン)03-3246-2323
>         03-3246-5858
 

讀賣の誤報

 投稿者:CNX  投稿日:2007年 3月30日(金)15時33分20秒
  タイの不敬罪の記事について
国王肖像画に落書き、スイス人男性にタイで禁固10年 http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070329i511.htm

>タイでは王室批判が刑事罰の対象となるが、外国人が不敬罪で実刑判決を受けたのは初めて。
とあるが、

①チェンマイ田舎暮らし―微笑みの国で年金生活を充実させる
2001年発行の「チェンマイの田舎暮らし」で、王妃と王子を侮辱するとされ不敬罪。2003年07月22日に著者の高橋公志さん(当時69)は禁固15ケ月執行猶予2年の刑を受けた。
② 極楽タイ暮らし―「微笑みの国」のとんでもないヒミツ (文庫)
「王様は不老不死のスーパーマン」の最後の王子の記述が不敬罪に問われ、著者の高野秀行さんはタイからの強制退去処分。

など、事実と反する。

http://www.sankei.co.jp/kokusai/world/070329/wld070329001.htm
> 不敬罪で有罪判決を受けても、その後減刑されることが多い。
http://www.newsclip.be/news/2007329_010621.html
> 国王自身は05年の誕生日のスピーチで、「国王も間違いを犯すだろうし、批判されるべき」と述べ、不敬罪で投獄された場合は恩赦する考えを示している。

産経なども、なんとも惚けた記事。
行為を弁護する気はないが、日本は外国に配慮し過ぎで歯がゆくなる。
 

最低最悪のホテル「アマリ・リンカム」エピローグ

 投稿者:CNX  投稿日:2007年 3月20日(火)13時00分19秒
  http://www.hoteltravel.com/jp/thailand/chiang_mai/amari_rincome_review.htm

 予想通りと言えばその通りなのだが、予約を入れた「ホテルトラペル」と「アマリ」の総支配人にここに書き連ねた内容の要旨を送ったのだが、現在に至るまで、口コミ情報は掲載されず、アマリからは返事も来ない。完全に黙殺されている。最低最悪さがよくわかる。
 

最低最悪のホテル「アマリ・リンカム」4

 投稿者:CNX  投稿日:2007年 3月 2日(金)13時25分44秒
  4.たらい回し。
テニスをしようと、フロントに電話を入れたら、テニスのクラブハウスとかに回され、クラブハウスでは、「インターネットで予約を入れてくれ。」と言われ、インターネットに繋いでいないと言うと、またフロントとかに回され、文句を行って何とか予約を取れたが腹が立ったので行かなかった。ここはどこのお役所なんだ。

5.クリスマス・イブ。
プールで泳ごうと大きなプールに出掛けたら、夜にガラ・パーティーをするので、プールが使えない。ロビーの奥の小さなプールで泳いだら、チエンマイの冬は寒い上に、日陰で水は冷たく、寒くて風邪をひいてしまった。
ニマンヘミンに出るのに、駐車場から出ていたが、なんとプールの脇に外への道があった。安全に出れる道なのに、何の案内もないので、ずっと危険な出入りをしていた。客のことを一切考えていないのがよく判った。さて、夜にプールの脇を通り掛かったら、日本語を喋る従業員が、ガラ・ディナーなど予約していない(強制ではないのでアマリ・リンカムしたのだが。)のに、チェックしていた。

〔総合評点〕
正直なところ、マイナス星2つ。マイナス星5つまではいかないが、夜露は凌げた。国際園芸博覧会 「ロイヤルフローラ・ラチャプルック 2006」があっても満室ではないのが何よりの証拠。
 

最低最悪のホテル「アマリ・リンカム」3

 投稿者:CNX  投稿日:2007年 3月 2日(金)13時10分51秒
  2.フアイケーオ、スーパーハイウェイ、ニマンヘミン交通量が多い。
ドイステープに向かうフアイケーオ通りにチエンマイの環状線のスーパーハイウェイがぶつかった交差点にアマリリンカムに位置し、そこからニマンヘミン通りが始まる。交通量が多い上にホテルの前にも歩道もなく、いきなり車道に駐車場が面している。その上、路上駐車で車道を歩く事になり危険極まりない。アマリ・リンカムというのは、せめて自分のホテルの前だけでも歩道を整備するとかもしないのか。

3.ケチ臭く不親切。
市街から遠くて、ドイステープへの道を通る車の騒音が夜中までひっきりなしで、熟睡ができなかった。室内も同等クラスのホテルの部屋に比べて狭いうえに、ちゃっちい。部屋の中を再塗装したのが、緑のペンキの刷毛の跡がそとにはみ出しているのでよくわかる。

ウェルカム・フルーツだけはあったが、アメニティー・グッズは毎日補充しない。1日分だけで3泊を通すことになった。

何か頼むと、インターネットというが、ノートPCを持ち込んでいるが、その接続料がバカ高い。ニマンヘミン通りまで出ると、その10分の1程度でインターネットカフェーが何軒も営業している。客から徹底的に金をふんだくるつもりらしい。

チエンマイの青山と呼ばれるというか、タイ航空が勝手にそう呼んだのだが、「ニマンヘミン」。この通りに面しているので、アマリ・リンカムに泊まったのだが。とにかく、間違えた名前で呼ばれやすい実に早口言葉のような厄介な名前で、「ニマンヒーメン」とか呼んだら、下ネタの笑いになる。青山だけあって、店の栄枯盛衰が激しく、持って行った地図もあてにならない。ニマンヘミンの地図とか店の案内とかあって当然だと思うのに一切ない。不親切極まりない。
 

最低最悪のホテル「アマリ・リンカム」2

 投稿者:CNX  投稿日:2007年 3月 2日(金)12時52分13秒
  今まで何百というホテルやゲストハウスや旅社に千泊以上は泊まってきたが、星など付ける資格すらのない最低最悪のホテルにでくわした。

このハイシーズンの時期でもチエンマイで予約などをした事がなかったが、今年の暖冬と同じく、「例外」の年だった。国際園芸博覧会 「ロイヤルフローラ・ラチャプルック 2006」があって、クリスマスのハイシーズンまでが重なっても、満室ではなかったのが何よりの証拠である。マシなホテルが軒並み満室なので、この最低最悪のホテルに3泊4日も泊まらざるを得なくなった。金を貰っても泊まりたくないところに4日軟禁、懲役の禁固刑に近いものがあった。

その名を「アマリ・リンカム」(4つ星だそうだ。その分、高い。)。
http://japanese.amari.com/rincome/

1.フロントの態度が悪い。
アマリリンカムの玄関から階段を登る。そうするとロビー。フロントは左の階段をまた3段ほど登らなければならない。(下の写真では、ここをの逆から撮っている。つまり、フロントの向こうの階段下右が出入り口になる。)

つまり、フロントは入り口に尻を向けていることになる。そのためか、フロントの女の態度が悪い。

初めての一見さんだが、タイのホテルのフロントに特有の微笑みなどない。とにかく事務的に処理してしまいたいという態度がアリアリと伝わってくる。

クレジットカードでの支払い方法も領収書も説明がなく、自分勝手に事務処理を進めていった。「セフティーボックスの使うのか?」といきなり聞かれ、「フロントにあると思っていたので、後で良い。」と答えたが、何の説明もなく(つまり、部屋の金庫の鍵だと一言説明しておけば良いだけなのだが。)、鍵を渡された。
一番知りたい、国際園芸博覧会のチケットのことも何も知らないし、すぐ前のニマンヘミンのお勧め店の情報も一切得られなかった。ここはホテルなのか、それとも取調室なのか。

実は、この前日まで、ロータスに泊まっていた。満室で仕方なく、ホテルを移ってきたのである。ロータスはごった返して混んでいたが、ちゃんと、丁寧に国際園芸博覧会のチケットの買い方を教えてくれた。アマリ・リンカムに着いたときは、閑散として、他に客はいなかったことを付け加えておく。
 

郵政公社の大改悪

 投稿者:CNX  投稿日:2007年 1月19日(金)18時59分56秒
  12月19日に郵便局で手渡しで出した年賀状が元旦に届かなかった。

面相醜悪、品格下劣な小悪党風体の、生田正治というクソ爺が、01月17日の記者会見で、
「12月28日までに投函された分は元日に届くよう取り組み、その目標は全体として達成した。」と大嘘を吐いていた。これは「着く着く詐欺」とかいう新手の詐欺商法に違いない。あまりにも腹立たしいのでメイルを送ったら、詰まらない返事が来た。

> いつもご利用ありがとうございます。
> 日本郵政公社サービス相談センターの生田(仮名、元は実名)でございます。
>
> メールを拝見させていただきました。
> 「24日までにお出しください」と早期差出のご協力をお願いしながら、
> 配達が遅れまして、誠に申し訳ございません。深くお詫び申し上げます。
> 今後、このような事が起きないよう作業システムの改善を図って
> まいりますので何とぞ、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。
>
> これからも、皆様によりよくご利用いただけますよう、
> 努力してまいりますのでよろしくお願いいたします。
>
> ------------------------------------------------------
> 日本郵政公社サービス相談センター
> 日本郵政公社HP:http://www.japanpost.jp/
> ゆうびんHP:http://www.post.japanpost.jp/index.html
> ----------------------------------------------------

困ったことに、郵政民営化を前にして既にサービスがドンドン低下している。とりわけ、国際送金が深刻だ。郵政を小泉純一郎がアメリカに売ったのだからこうなるのは必然なのだが。

すでに昨年前半に、
改悪その1)それまで特定局でも送金できた「国際送金」が本局でしかできなくなった。
改悪その2)送料がそれまでの1000円(10万円まで)が一挙に2.5倍の2500円に跳ね上がった。

改悪その3)そして、昨年12月から、どういう訳だか、ドル建てになった。それまでの円建ての積りで書いたから、訂正印が要った。円で払っているのにこれをドルに換算して、現地通貨に換える。こんなバカバカしいことを客にやらせる。客の利便というのを一切考えない。郵便局の内部でやるという発想もない。アメリカのポチの小泉純一郎の改悪なのだからこうなるのは必然なのかも知れないが。
改悪その4)本局では、番号札を取って、婆と爺のたまり場で銀行に比べて雰囲気が悪い中を30分は待たされる。
改悪その5)本局は地域に密着していないのて、性根の悪い教条的な局員が、いちいち免許証を提示を求め個人を確認する。
改悪その6)送金目的を書いてあるのに、性根の悪い局員が、一々根掘り葉掘り詳細を調査をする。銀行でも10万円以下の送金にこんなことはやらない。得体の知れない人格劣悪な局員に個人情報を漏らすのは極めて危険。拒否したらそれで済んだ。個人情報を集めるスキミングをやっている工作員なのか。

もうすぐ民営化をして、飛脚や黒猫やペリカンや熊並みの下郎になるのに、こんなにサービスが低下している。
年賀状は廃止、送金は銀行に換える(送料がそう変わらなくなった。銀行なら安い方の送金でも翌営業日には届くが、郵便局は1週間~ひどいときには2週間も掛かる。)よう検討する。

小泉純一郎を呪い、郵政解体を希望する。
 

液晶テレビ「アクオス」の誤字

 投稿者:CNX  投稿日:2007年 1月14日(日)17時53分33秒
  アクオスのフラッシュの誤字だが、こんな紋切り型のメイルが届いておしまい。
修正してしまった。1企業を助ける無償の善行になってしまった。無償でも良いが、もう少し血の通った文章を送って来いよ。こんなのことなら、もっと笑い物にしてやれば良かった。

シャープの生命線の主力商品の液晶テレビ「アクオス」のフラッシュの誤字の指摘なのだから、粗品でフルスペックハイビジョン32型くらい送っても罰は当たらないと思うのだが。

訂正に金曜日の1日、速いとみるか、遅いとみるか。シャープは結構必死だったと見る。

> Subject: Re: シャープへのお問い合わせ
> Date: Fri, 12 Jan 2007 17:09:19 +0900
>
> 拝復
>
> 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
> この度はご指摘を頂戴し、誠に有難うございました。
> ご指摘の誤字につきましては、修正をいたしました。
> 今後とも、弊社ホームページを宜しくお願い申し上げます。
>
> 時節柄、貴台のご健勝をお祈り申し上げます。
> まずは御礼まで、失礼致します。
>
>                                            敬具
> ------------------------------
> シャープ株式会社
 

レンタル掲示板
/9