teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


アクオスのフラッシュ

 投稿者:CNX  投稿日:2007年 1月11日(木)16時51分2秒
  http://www.sharp.co.jp/aquos/index.html
アクオスの右下の「ライフスタイル」から入って「シーン3 ピアノ編 最後のコンサート」

3枚目の2行目。「いつもやってき『て』ことなのに、譜面を持つ手が緊張で震える。」

臭い文句と、日本語の基本的誤植とそれを校正できずにフラッシュまで作ってしまう、これでは亀山工場も台無しだ。
 
 

最低最悪のホテル「アマリ・リンカム」

 投稿者:CNX  投稿日:2007年 1月10日(水)20時15分28秒
  チエンマイのホテルは、年末のクリスマス~正月などはいつも満室に近くなる。
まして、国際園芸博覧会 「ロイヤルフローラ・ラチャプルック 2006」のため、
どこも満室だった。そんな中で、唯一に近くクリスマスでも空いていたホテル、「アマリ・リンカム」に3泊してしまった。
今まで、ゲストハウスから高級ホテルのスィートまで、数百のホテルや宿屋に泊まって来た。千泊はしていると思う。そんな中で最低最悪のホテルを1つ挙げるとしたら、間違いなく「アマリ・リンカム」と答える。その理由はこれから書いていこう。
 

植草秀一事件は魔女かりだ!

 投稿者:七海(ななみ)メール  投稿日:2006年10月17日(火)19時34分38秒
  私はタイなどに居住してシンガーポール等で世界の優良企業に投資して
いる投資家です。

植草氏は二度の迷惑行為で超有名になってしまった。
しかし、わたしや友人の意見では、彼のやったことは、ヒステリックなまでに
ウルサイ日本の道徳規範の最不運の生け贄だとおもう。
彼がやったことは、犯罪としては超微罪としか言えない。
ヒステリックな刑法システムの網に引っかかった非常に気の毒で特殊なケースだ。

わたしは彼を悪人だとは全く考えない。真の悪人はそんなアホらしい無駄なことはしない。
余りにも子供っぽい悪戯でしかない、彼はきっと子供の時に、誰でも良くある女のことの
お医者さんごっこをしたことが無く、それが大人になって目覚めたのではないかと思うのです。

わたしはズーと彼のTVでの経済ニュースを聞いて来た。勿論それで投資を決めるとかはなく、お茶の間の
団欒の一光景として、ですが。

だれか彼の家族の連絡先を知りませんか。
ぜひ投資顧問として相応の待遇で迎えたい。
 

CHAOとアサヒ

 投稿者:CNX  投稿日:2006年 9月 8日(金)18時55分14秒
   チエンマイには数多くの日本語フリーペーパーがあるが、CHAOはその中でも1歩抜きんでいる。編集長は山内恵二=新明天庵=yamaachianことヤマちゃん、その人である。
http://chaocnx.seesaa.net/
 反日工作報道のNHKが陰湿に出鱈目李氏朝鮮時代のドラマとアニメを放送しているが、その名前の朝鮮飯屋がチエンマイの地図のど真ん中に広告を打っているのが気に入らないし、鳥瞰図の地図など使い勝手が実に悪いので使わない。それ以外はそれほど問題はないと思う。先日、バックナンバーを読みたくて、CHAOの編集部まで出向いて行った。カドスアンケーオの8階というから、4階からエレベーターに乗ってウロウロしたらホテルのプールに出てしまった。結局3階の東京堂に場所を尋ねてやっとたどり着いて、バックナンバーが読めた。
 新聞は何とアサヒ。さすが、賣國日教組構成員だったヤマちゃんの面目躍如である。実は私も去年までアサヒを取り続けてきた。ところが、この数年特に捏造洗脳の度合いが激しく不快になるので取るのを止めた経緯がある。アサヒのマークを見ただけで頭が痛くなり、昔は見ていた高校野球なども今では一切見ない。
 チエンマイで日本食堂でも、店頭販売でも、圧倒的に讀賣しか置いていない。アサヒは定期購読しないと入手できないのだろうと思う。

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO(ちゃ~お)
http://www.chaocnx.com/
 

ドケチのファラング女

 投稿者:CNX  投稿日:2006年 9月 5日(火)13時48分39秒
   サメット島で、浜辺のレストランでビールを飲んで食事をとっていた。
 向かいの道にソンテオが止まっていて、ファラングの女が2人乗り込んでいるのが見えた。サメットのソンテオは、乗客が10人になるか、車1台を貸し切って200B払わないと出発しない。時刻は正午頃。2人は延々と待ち続けていた。やがて、ファラングが3人やって来たがソンテオは出発しない。後から来た3人は急いでいたのか、待つのが嫌いなのか、女2人を下ろして、3人の貸し切りでソンテオは発車した。女2人は後から来たソンテオに乗り替えてまた延々と待ち続けた。
 14時ごろになって5人が乗り込み、7人になった。10人には足りないが痺れを切らした運転手は車を発車させた。結局この女2人は正午~14時ごろまでの1日のうちで最も利用価値のある2時間をただ待つためだけに費やしたことになる。これで、乗合だと1人20Bだから、1台貸し切ったときより2人で160B節約できたわけだ。ド・ケ・チ。時間を実に無駄に使っていて実に勿体ない。待つにしても、ソンテオから降りて食事をするとか泳ぐとか何かしようがあるだろう。こういうドケチの考えは理解できない。
 

ジョンベネ事件

 投稿者:CNX  投稿日:2006年 8月31日(木)16時04分14秒
   1996年12月26日にコロラド州ボウルダーで起きたジョンベネ・パトリシア・ラムジー(6)殺害事件の犯人として、ジョン・マーク・カー(41)がタイで逮捕され、CNNは、護送されている機内で何を食べただとか、どうでも良い事をリアルタイムで伝え、生い立ちや境遇が丸裸にされていた。日本のマスゴミはこのニュースに悪乗りして、この元教諭の凶悪犯が大阪に来ただとか、クルングテープで借りていたアパートの写真までがニュース価値があった。
 ところが、変態男の虚言に乗せられていただけで、真犯人ではないというとになり、児童ポルノの容疑で海外逃亡した変態には違いないが、警察とマスゴミの大失態に終わった。
 ジョン・マーク・カー(41)は実はチエンマイにも来ていたことを知人から聞いた。タイ女を連れてやって来てLゲストハウスに泊まり、郊外の学校2校に英語の教師として売り込みに行ったが、断られてしまった。断られていなければチエンマイに住み着いていただろう。変態の不良毛唐でも英語を飯の種にして、生活が出来てしまう訳で、もちろん人によるが、常識として知っておくべきことである。
 コロラド州ボウルダーとは他にも個人的には繋がりがあるが、それはまたの機会にしよう。
 

タイの桟橋

 投稿者:CNX  投稿日:2006年 8月25日(金)00時46分3秒
   ラオスに飽きたので、海に向った。コ・サメット。ここは悪の都、嘘の都、ボッタクリの都、クルングテープから2~3時間圏内。バンペーに着いたら、旅行会社とかに連れて行かれた。スピードボート送迎で8千Bだと。馬鹿馬鹿しくて笑いも出ない(笑)。直ちに猛烈に抗議して桟橋に行かせた。
 前回は桟橋のない浜に着いて、迎えのボートに乗ってスーツケースも一緒に波の打ち寄せる浜に上陸した。今回は桟橋からサメット島の桟橋に着いて、ソンテオでラオ以下の凸凹道を浜という正統的な?サメット上陸をしたわけだが、タイにおいて桟橋とは、とにかくある瞬間に1点が接していれば良いらしい。波で揺れる中を桟橋に固定せず、渡り橋など当然なく、ロープは1本だけで桟橋に付けて、乗り降りを勝手にしろというのである。波を見ながら飛び乗り飛び下りになる。荷物を海に落とさないか、身体が海に滑り落ちないかとかなり怖い。タイは陸の国のためか、海を川の流儀で押し通しているらしい。
 ピーピー島に初めて行ったとき、プーケットから船に乗るのに横付けした船を数艘横切って、スーツケースを運んで乗り込んだ。ピーピー島に上陸する人数が少ないのか、何とピーピーレーの沖の洋上で小舟に乗り換えた。船に乗るのに、源義経であることを要求される。スーツケースがコバルトブルーの海に沈む悪夢を今でもみる。
 サトゥンでは、竹でできた壊れそうな粗末な桟橋から船に乗った。到着地はランカウイ島(プラウ・ランカウイ)、マレーシアの免税の島である。大英帝国の教育の通り、渡り橋もある鉄とコンクリートの普通の国の桟橋になった。独立を保ったというが、文化的にかなり後れている。このファラングも困っていたが、トゥクトゥクやソンテオを楽しむタイの休日の感覚なのだろう。ただし、こんなのが日常のタイで暮らすのはかなりつらい。
 

ルアンプラバン3度

 投稿者:CNX  投稿日:2006年 8月24日(木)23時35分17秒
  ルアンプラバン3度。
♪何にもない、何にもない、・・・・
ねこじゃらしの歌が出てくる位何にもない。道は他国の援助。空港は日本のJICAでわれらの税金。補修もできず、物乞いしないと道路一つの修理も出来ない。東南アジア最貧国。世界でも有数の最貧国。資源もない人もいない。何にもない。何もできない。一言、乞食国。その上に共産国で入国にビザ30US$の筈だが、丁度でないと31US$取られた。両替所は開いていない。物価はタイの方が安い。通貨キープは国外では両替もできないこども銀行券。こんないいとこなしの極貧国に3度目の訪問をしていた。
また性懲りもなくプーシーに登る。毛唐についていたガイドが一人旅らしい日本の女に声をかけた。英語で(笑)。以下訳。
カイド「タイの方ですか?」
日本女「ヴェトナムとか、よく間違えられるのよね。日本人だけど。」
とまんざらでもない。
タイ女だと思ったらタイ語で声を掛ける。タイ語とラオ語の違いは方言程度なんだから。ラオにもバリジゴロ並のラオジゴロが発生したようだ(高笑)。
 

首長族(カリアン・コーヤオ)

 投稿者:CNX  投稿日:2006年 8月10日(木)23時25分35秒
   カレン族の一種に、バダウン族という、女性の首に金輪を入れて長くしている部族がある。首長のカレン族という意味で、カリアン・コーヤオと呼ばれている。
 10年ほど前に、メーホングソンまで見に行ってきた。村に入るのに、100Bだか入村料を取られ、入ると首の長い人間が土産物を売っていて、普通に生活している所に観光客が大型バスでドヤドヤ押しかけて、動物園の動物扱いで写真をバチバチ撮るという光景に出くわした。どういうわけか知らないが、昼間なのに男はギターみたいなものを掻き鳴らし、毛唐が住み着いていたりしていたりする。恥ずかしながら、暇なとき3回ほど訪れたがだんだん入村料が値上がりして00B、500B、今では数百Bとか。

 メーホングソンは遠すぎるので、タイ人が、この利権に目を付けて、わざわざ彼らを呼び寄せて、県境近くに首長族部落を作って、観光客を見せている。違法なので、警察に賄賂を払って一応ないことになっていている。首が長いだけの人間を見るのに1000Bは馬鹿らしい。彼らも人間なので、市のときには普通に買物に来たり、ソンテオに乗る。たまたま、火曜日にソンテオを待つ赤ん坊を抱いた首長族(カリアン・コーヤオ)に出くわしたので写真を撮ってしまった。
 

洪水

 投稿者:CNX  投稿日:2006年 8月10日(木)23時02分53秒
  雨季になると、いつものことだが、チエンマイは洪水に襲われる。そもそもインドシナという所は標高差のほとんどない、雨季には湿泥地であり、ここに北から人間が住み着いているわけで、雨季には島になる所に住んでいると行った方が正しい。チエンマイでは、ナイトバザールの通り(チャンクラング)が水に沈むのは毎年のことだが、近年ひどくなった。川をコンクリートで囲んで川幅が狭くなり、昔はあった洪水を受け止めていた遊水池が埋め立てられているためである。
今年は、ピング川近くが冠水したり、メーリムも近くの川が溢れて国道107号線までが寸断されたり、エアポートプラザの駐車場が水没した。少し水が引いて通れるようになったが、車高の低い普通車などが3台ほど故障して止まっていた。
現在では復旧しているが、雨が降るとどうなるかわからない。
 

転落事故

 投稿者:CNX  投稿日:2006年 4月19日(水)13時55分31秒
   チエンマイの城内を取り込む堀に自動車が転落していた。手前の歩道には花まで供えられていた。朝方に見かけたのだが、夕方には撤去されていた。  

往きはよいよい帰りが怖い

 投稿者:CNX  投稿日:2006年 4月 5日(水)17時24分0秒
   GWの航空券が取れない。年末のSQの便が、SQのマイレージ対象外にされてしまったので、今までの流儀が使えない。
 往路はともかく、帰路が5月7日(日)満席、6日(土)満席、5日(金)満席、4日(木)満席。3日(水)ならと空席があるそうだ。今年のGWは5連休で、その初日に帰国する便しか取れないのでは、行く意味が薄れる。
 後は、鳥インフルエンザか何かも流行って、キャンセルでもでないと駄目なようだ。2年前は津波に鳥インフルエンザでガラ空きだった。

 写真は、昨年のGWの模様。クレイマーさんが、かなり理不尽な文句を付けていて、混んでいるのに待たされた。あの列に並ばなくて良かった。
 

タクシン・チナワット(丘達新) その7

 投稿者:CNX  投稿日:2006年 3月31日(金)21時33分5秒
   いわば、タクシンとは、財閥付き田中角栄のようなもので、チエンマイ周辺の公共事業が目白押しで私にとって利益があるので、あまり批判的なことは言いたくはないが、酒と煙草の規制の強化もしている。煙草はドンドン規制して欲しいが、ビールくらいはなんとかしてもらいたい。以前は終日規制もなかった(選挙日とか仏日を除く)のに、ビールがビッグCなどの大規模店で、11時-14時、17時-21時でないと、ビール1本の販売も飲酒もできなくなった。ビッグCなどで、ビールを買って、クーポン食堂で生ビールを飲むのが楽しみだったなのに、14時までにレジを通って、生ビールを注文してテーブルに来ていないと、こんなささやかな楽しみも叶わなくなった。

 2006年1月23日、タクシン一族が持ち株49%を売却。シンガポールの政府系投資会社テマセクの傘下に入って巨利を得たことにより、今回の反タクシン運動が持ち上がった。つまり売国奴というわけで、そろそろタクシンも引き潮だろう。

   チャイヨー・タクシン。タイ・ラック・タイ、チャチャチャ。

 写真はシナワトラ・シルク店内の様子。
 

ジョージ・ウォーカー・ブッシュ

 投稿者:CNX  投稿日:2006年 3月29日(水)12時17分19秒
   9・11以前から、ずっとアメリカは世界中で嫌われていた。唯一の超大国の一人勝ちでやりたい放題。あれで、看板の自由と民主主義とかがなければ、群を抜いた世界の悪の帝国なのだが、世界第一の座というわけではない。しかし、アメリカ人が1人で世界中を旅行するのはかなりの危険が伴う。アメリカ人の旅行者というのはビジネスを除くとそんなに多くない。ヨーロッパが多い。まして、黒人の1人旅となると皆無になる。
 ブッシュの馬鹿ムスコ(ジョージ・ウォーカー・ブッシュ,43)がチンパンジー並だと批判しているのではない。アメリカの国益はWBCの審判のように真実を捩じ曲げても通すだろうし、イラクに侵攻したのも国益と私益から言って当然だろう。ついでに北朝鮮とイランも屠ってもらいたいものだ。
 どこの国を旅をするにしても、日本人が他国人より相対的に危険ではないというのは、ひとえにパスポートの聞くの御紋章の賜物なのである。
 

タクシン・チナワット(丘達新) その6

 投稿者:CNX  投稿日:2006年 3月29日(水)03時24分12秒
   絹の観光工場はどういうわけだか、チエンマイ-サンカムペェーング道路の南側(チエンマイから向かって右側)だけに偏在している。唯一例外なのがサンカムペェーング市街のタクシン一族発祥のシナワトラの旧館だけは、チエンマイ-サンカムペェーング道路の北側(チエンマイから向かって左側)にあるが。どこでも、概してサンカムペェーング美人が出迎えてくれるが、シナワトラ・シルクでは、写真のようなサンカムペェーング美人がお出迎えしてくれる。

 チエンマイの周りにいる人間のほとんどは党員証まで持っているタイ・ラック・タイである。タクシンの貧民に媚態を示したバラマキ政策で、医療費が30Bで済む。日本の宗教朝鮮政党が与党に入って、地域振興券とかをばらまいたと良く似ている。
 しかし、タビアンバーンのある公立病院とか保健所に限定され(つまり出稼ぎ労働者は締め出されることになる)、そこで長蛇の列に並ばなくてはならない上に、30Bと一般診療では使う薬が違うとか、評判は実に良くない。そこで、30Bでは当然済まないクリニックとか開業医に掛かることになるわけだが。
 チエンマイの周りの外環道路が整備され、地下鉄だとか鉄道を延伸してメーサイまで繋ぐとか計画されているのも、タクシン首相の利益誘導政策の賜物である。
 

タクシン・チナワット(丘達新) その5

 投稿者:CNX  投稿日:2006年 3月27日(月)21時24分30秒
   タイ首相にして、シン・コーポレイション財閥の総帥の華僑、タクシンの名字だが、写真にある通り、チエンマイの「チ」と同じチョー・チャング(象のチョー)なので、「チナワトラ」としか読めない。欧米表記だと「シナワトラ」になっている。
 写真はチナワトラ・マイタイ(チナワトラ・タイ絹(シルク))と書いてある新館の入り口。チエンマイ-サンカムペェーング道路を10㎞ほど行った所にある。
 

タクシン・チナワット(丘達新) その4

 投稿者:CNX  投稿日:2006年 3月27日(月)17時30分10秒
   チエンマイから行く観光バスが止まるのは、はるか手前の観光用の新館の方である。丘達新(タクシン)が麻薬・覚醒剤を摘発するのだから、ケネディー一族とマフィアの関係と全く同じ構図で、盗賊が警察をやっているようなものだ。顔見知りが、この摘発で銃殺されてしまったのは過去に書いた。合掌。

 ケネディー家は、アイルランド系カトリック教徒で、父 ジョゼフ・ケネ
 ディーが密造酒・ハリウッド映画・株式投機等ユダヤと共にで巨財を造っ
 て、ルーズベルト大統領に献金し恩を売り証券取引委員会委員長と駐英大
 使ポストを入手した。しかし、親ナチス・親ヒトラーだったのでユダヤ系
 の攻撃により失脚。自分の大統領への夢は断たれて、父の果たし得なかっ
 た米国大統領就任への夢にケネディー一族の輿望を担って、三男ジョンが
 継承。ユダヤ金融資本の資金の助けを借りずに父の自前の金と若さと雄弁
 とシカゴマフィアの支援のみの力で辛うじて大統領になれた。そこで、従
 来の大統領のように300人委員会やユダヤの指示には従がわず、裏の真の
 支配権力に対して「表向きの大統領権限」のみの力で対抗して「ユダヤ支
 配」の現状打破を試み、独自の政策を打ち出し「反ユダヤ」の体制変革を
 試み暗殺された。
 

タクシン・チナワット(丘達新) その3

 投稿者:CNX  投稿日:2006年 3月27日(月)17時11分37秒
   タクシン・チナワットは、携帯電話のアドバンス・インフォ・サービス(AIS)、デジタル・フォン社(DPC)、シン・サテライト(サテル、SATELL)、プロバイダーのCSロクスインフォ(CSL)、iTVテレビ局に、アドバンストmPAYまで含めたシン・コーポレイション財閥の総帥である。形式上は家族の名前になっている。

 下のサイトに詳しいが、公式になった資料だけで真実が描き出せるものではない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%B3
%E3%83%BB%E3%83%81%E3%83%8A%E3%83%AF%E3%83%83%E3%83%88
 

タクシン・チナワット(丘達新) その2

 投稿者:CNX  投稿日:2006年 3月27日(月)16時55分59秒
   タクシン一族は、阿片とヘロインで財をなして、サンカムペェーング旧市街にあるシナワトラ・シルク(市街にある方が発祥の地、観光バスの訪れるのは新館)を家業とした華僑で、そのシナワトラ・シルクは、サンカムペェーングの中心地にある。ここが支那から流れてきた華僑(客家)の丘一族の発祥の地である。
 阿片についてはチエンマイ人なら知らないものはいないくらい有名なことなのだが、クルングテープのサテル(シン財閥のグループ企業)に勤める華僑にこのことを話したら、真っ赤になって怒って否定した。無知と狂信は恐ろしいものだ。
 

タクシン・チナワット(丘達新) その1

 投稿者:CNX  投稿日:2006年 3月27日(月)16時35分13秒
   辞任要求デモが頻発しているタイのタクシン首相だが、お膝元のチエンマイではタイ・ラック・タイ(タイ愛国党)のタクシン援護集会が開かれている。下の写真は、ターペー門での様子だが、かなり閑散としていて、暑季なのにうすら寒いくらいだ。政権末期を思わせるが、タイ・ラック・タイの知人によると、この前にサナーム・キラー(競技場)で第1集会があり、その後の第2集会だったようだ。  

レンタル掲示板
/9