teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ローイクラトング

 投稿者:CNX  投稿日:2004年11月10日(水)19時38分33秒
  嫌なことだらけの憂き世で、世相もますます末世だと思う毎日だが、マスゴミと支那・鮮人とその手先の政治屋の跳梁は目に余る。20年くらいは取ってやっていたア○日新聞はあまりに酷いので、たまらず去年やめたが、最近のNHKのキチガイぶりは日本反日協会が今の実体かと見えるほど壊れている。その痴態をここに晒すまでもないが、日本語が使えない、常識のない低能(アナウンサーと言えるのだろうか?読み上げソフトの方が格段に上)が読んでいる文章は、知的障害としか思えない。
ニュースで「考えをイにする」とバカ女が読んでいた。何のことかと考えてみると、「考えを異(こと)にする」。海外ニュースで「トラック運転手がガソリンの値上げに抗議して」と言っていた。イタリアのトラックはガソリンで動かしているのだろうか。社民党の委員長のキチガイ女が、「B52爆撃機が空母から飛び立つ」と言ってのけたのよりはマシかも知れないが、糞女と翻訳屋は金を払っているプロなのだから、インチキ情報と誤訳は泥棒よりも始末に悪い。

ประเพณีลอยกระทง プラペーニー・ローイクラトング
ローイクラトングは、陰暦12の月の満月の夜で、太陽暦で11月の上旬にあたるのが通例だが、今年は11月26-27日。川の水を汚した自分の罪を詫びると同時に川の水から受ける毎日の恩を感謝するのが目的だとか。ソンクラーンと同様に趣旨から外れて花火や爆竹大会と化しているように見えるが、それでも下の素晴らしいサイトのフラッシュでローイクラトングの歌なんか耳にすると、
♪ローイローイクラトング、ローイクラトング
と口ずさんでしまう。聞くだけで心が和んで癒されてくる。

http://www.loikrathong.net/

 
 

デジカメ増殖期

 投稿者:CNX  投稿日:2004年10月12日(火)18時51分59秒
  湿気の水害で保証が効かないコニカは製造が終了しているが、新品が以前の価格なら入手で
きるというので急遽購入した。故障はコニカミノルタに直接といあわせたら、直送販売すると半額程度になるので修理中。
盗難の方は保険が下りたが、実害には引き合わないがこれでキャノンを購入。朝鮮人ペの
CMを使うソニーとは絶縁した。
空白期にどうしてもデジカメが要ると思ったので新発売の機種を代替に買ってしまった。
水害に懲りて、防水ケースまで付けてしまった。これで、修理中の1台を含め4台になって
しまった。盗難や上げたのを入れたら6台も買っている勘定になる。
チエンマイの風景でも撮ってみるか。
 

デジカメ空白期

 投稿者:CNX  投稿日:2004年 9月17日(金)19時45分7秒
  今回、1台は盗難(現在保険申請中)。もう1台のデジカメは、Made in Malaysia の、ミ
ノルタなんかと合併する直前のコニカ最後の名機。確かに名機なんだが、半島ではないが、
一応マレーシアのサバのサンダカンのジャングルの湿気にやられて、動かなくなった。1年
保証で修理に出したら、水が内部を腐食したので保証外、という電話が入った。販売店のキ
タムラの5年保証も付けているのに、何の意味もなさない。詐欺にあったようなもんだ。
修理をすると基盤から変えるので約5万円で、新品は生産中止で在庫が他店にあったので、
5万5千円、完全な暴利だ。買ったときの値段よりもはるかに高くなっている。クラクラ
っと来た。
今まで何回コニカのビッグミニを修理したことか。少なくとも新品が5~6台は買えるだ
けはコニカに注ぎ込んでいる。それだけ惚れ込んだ性能があったのだが、また故障地獄の
繰り返しか。今日はコニカミノルタの修理センターと交渉した。大体が保証期間内なんだ
が。本来はタダなのだが。その上にキタムラの5年保証付なのだが。何とも理不尽。
盗難にあったもう一台は、チョニーだが、Made in Japan。もっと酷使したのに、何ともな
かった。

とういうことで、デジカメが1台もないという状態になってしまった。キヤノンの新機種が
今日発売で初期ロットは国内生産らしいので、これを入手しないと、来週からの遠出に差し
障る。チョニーはあの鮮人メーカーと結託し、糞ペッCMを流して、長年のソニーファンの
小生に喧嘩を売ってきた。三菱と同じく、とても付き合えない。チョニーのUなんか買うよ
り、チョニーも恥も知らずに朴李った(DSC-L1)キヤノンのLの方が数段上だと気づいた。

デジカメはサンヨーの登録商標だそうだ。だから、朝鮮放送教会こと、NHKでは、デジタ
ルカメラといわなければならない。「キャノン」と言っているが、実は文字で書くと、キ
「ヤ」ノンが正しい。今の反日核武装鮮人の跋扈といい、この世は不合理だとつくづく思う。
 

2004年ボルネオ、盗難アジアの旅

 投稿者:CNX  投稿日:2004年 8月24日(火)14時29分16秒
  木枯らし紋二郎だったか、股旅もので、こういう意味の台詞があった。
「旅はいつも晴の日ばかりじゃありませんぜ。」
雨の日も、嵐の日も、雪の日もある、雹にあたって死ぬこともある。
楽しいこと、良いことばかりではない。むしろ圧倒的に不快なことの方が多い。

海外旅行というものを60回ほど繰り返してはいる。
幸いなことに、そのうち、私及び連れが盗難にあったのは8回しかない。そのうちの2回
は、何度も訪れていて2年ぶりの2004年ボルネオの旅であった。しかも、今回2回も
の盗難に出くわした。どちらも致命的ではないので、未だに領事館に駆け込んではいない
し、まだ旅を続けてはいるが、実に腹立たしい。

落としたと思われたり、不当に高いものを売りつけられたり、軟禁されて脅迫まがいに買
わざるを得なくなったのは一応商取引だから、この中に入れていない。
銃を突きつけられたり、キチガイに実弾を発射されたりしたのは、盗難ではないのでこの
範疇ではない。100人以上に取り固まれたり、所謂ケチャップ掏摸(スペイン)や、地
下鉄の出口の前を塞ぐ掏摸(フランス)は、何とか切り抜けて未遂に終わらせたので数に
入れていない。

フィリピン 2回
マレーシア 3回 (うち、ボルネオ 2回)
スペイン  2回
フランス  1回

数十回の渡航を繰り返しているタイは入っていない。
不思議と、インドやパキスタン、エジプトでは被害が出ていない。
1回しか行ったことがないフィリピンで2回そしてマレーシアで3回。
スペインでは、見も知らない日本人の女の子に泣きつかれた。ATMで、金を下ろしてい
たら、友達がいきなり後頭部を殴られて昏倒したそうだ。盗まれただけでは済まない。病
院に駆け込む、または死に至ることもある。

ヨーロッパではジプシーや植民地人、マレーシアでは不法入国のフィリピン人が犯罪者で
あるのは当たり前のことで、こいつらを見かけたら泥棒と思うのが鉄則。

日本では不法入国して、強盗、収奪、強姦、詐欺、ありとあらゆる犯罪の巣窟の「ザイニ
チ」が日本の裏社会から表まで寄生している。南鮮は竹島という領土を簒奪、李承晩ライ
ンで漁民の財産、生命までを奪い、北鮮の拉致は言うまでもない。覚醒剤、麻薬、偽造通
貨、売春と悪の温床で、しかも被害者気取りの捏造の反日を繰り返す。
日本の犯罪者の6割は在日であり、凶悪犯罪のほとんど(砒素カレーとか、愛犬家連続殺
人)と少年凶悪犯罪(サカキバラ、佐世保)もほとんどがこの在日、しかも犯罪の絡むカ
ルト宗教のほとんど(オーム、創価、統一教会・・・)。北鮮は破壊工作員を、南鮮は強
盗団(世田谷一家皆殺し、田園調布)や基幹産業に産業スパイを送りこんでいる。しかも
たの寄生虫は税金を納めない上に、生活保護の5割もこの寄生虫に費やし、あろうたとか、
公務員に参政権まで主張している。民主党で参政権に反対した議員は鮮人に殺され(豊田
商事やオームと同じ構図)、朝鮮日報の支社長のハクが参議院議員になった。
低学歴者は賭博のパチンコに耽り、この利権に政治屋も警察が群がり、ありもしないブー
ムをNHK、電通が捏造(冬ソナ)、大塚にソニーまでが洗脳に加担している。こんな国
では、当たり前のことは言えないが、実態がネットで明らかになっている。
鮮人のビザなし渡航で被害者が増えるのは明白。

今回の被害
タイの携帯電話。タイの通貨。
デジカメ。
どういうわけだか、名刺にハンドタオル。

腹立たしいのは今回の被害がどちらもよく知っている(経営者が知り合い)所で起きたこと
だ。
フルフアの方は鍵を換えたが、従業員は疑われたのが心外なのか、何度電話してもクリーニ
ングに来ないので、キャピタルに移った。ラブアンのスカイ免税店では、人も少ないのにわ
ざわざ近くに来て、足を踏んづけられて、痛いと思った隙に、デジカメを掏られてしまった。
どちらも気の緩みなのだが、ラブアンの方は出航間際で、ポリスレポートも作れず、それよ
りも、折角撮った写真が盗まれてなくなったことが実に腹立たしい。

タイの我が家に戻ってみれば、トイレに蠍が出た。近くで知り合いが何人もマラリアで死ん
でいる。考えてみれば、とんでもない所に居る。
 

ラチャマンカ

 投稿者:CNX  投稿日:2004年 7月31日(土)20時40分49秒
  ラチャマンカのフロントは入って左に曲がって門や敷居、コンクリの石畳を通って、空間的位置からいうと門から入る客に尻を向けていることになるのだが、フロント。

今回肝心のことを書き忘れていた。
このフロントに祖父が日本人の日系タイ人の「サカイ」さんが居る。「サカイ」というのが
チューレンなのでこれで通じる。親切で可愛い彼女に会いに行くのも良いかと。
 

(無題)

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 6月 5日(土)14時17分26秒
   さて、ちょっとばかりおさらいといこう。俺がここへ現れた動機は、真田幸大を貶めることにあると述べてきた。が、ここの読者の人数がそれほど期待できるわけではないゆえ、もっと読者が期待できる2ちゃんねるや旅行人にいった方が効率がいいことに気づいたんだ。おまけに奴は、旅行人嫌いのようだからな。うまく旅行人読者を懐柔すれば、真田への打撃になるかもしれない。またもう一つの目的は、真田幸大に関するわずかな情報でも手に入れることにあった。真田を挑発し続ければ、奴自らが出てくると期待していた部分もある。それに、俺はインターネットを検索していて真田がカメゾウ氏と何らかの関係があることを知った。当初はカメゾウ氏の掲示板に書き込もうとも思ったが、氏は真田よりの人間だし、野郎を誹謗する書き込みは問答無用で削除されるだろうと思ったのであり、それで氏と敵対関係にあったCNXさんの掲示板にお邪魔することにしたのである。
 そんな思惑も、真田の用心深さのために失敗に終わろうとしている。だが成果もあった。カメゾウ氏と奴を離反させることに成功したし、俺の元には何通かの真田に関する暴露メールが飛び込んできたからである。
 俺は、真田を追い詰める方策をいろいろ準備している。ここへの書き込みは、方法論その1でしかない。次なる一手は、カメゾウ氏が教えてくれた女性、らっくさんにアプローチすることだ。これは、ここへ書き込み始めてから思いついた比較的新しい作戦だ。彼女は、ウィンドサーフィンを趣味としている。そして同時に旅を愛している。この二つは、まさにヨットと旅を好む真田と合い通じるものがある。らっくさんが旅先で真田と遭遇していたら、間違いなく二人は意気投合しているに違いない。いやいや、奴は女を食い物にするゲス野郎だから、意気投合はあくまでも見せ掛けであって、野郎の魔の手がらっくさんに伸びないうちに警告しておくほうが良いだろう。とはいえ、らっくさんが真田を知っている可能性は、ここに書き込むことで真田を知る者から情報を手に入れる確率よりも高い筈だ。
 ということで、俺は当分ここへはやってこない。CNXさんにはだいぶ世話になった。またマイペースな掲示板運営をしてほしい。CNXさんのおかげで、それなりの成果を得ることができた。ありがとう。
 俺の言っていることに少なからず信憑性を感じ、今後も俺の発言に興味をもってくれたのなら、俺を追跡して方々の掲示板での活躍を見守っていてくれ。

 最後に真田のホームページ・アドレスを貼り付けておく。俺に少しでも共感してくれる者がいるなら、奴をネット上に監視し、何か気づいたことがあったらメールをくれ。

 http://members.at.infoseek.co.jp/syosetsu/
 http://bullsuke.netfirms.com/
 http://samurai_times.tripod.com/
 

俺のメールアドレス : bakuronx@bolt.com

さらばじゃ!
 

(無題)

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 6月 5日(土)14時10分13秒
   れいの「めかぞうチェンマイ日記」は、メカゾウをおちょくるために書いたフィクションだと思っている奴は多いかもしれないが、俺に言わせれば、あれは限りなく実話に近いんだ。こんなこといっても、誰も信じてくれないことぐらい俺は知ってる。それでも俺は語らずにはいられない。うそだと思う奴は、これ以上俺の言うことに耳を傾ける必要はないぜ。
 あの話のメインテーマは、実はメカゾウでもなければ、ましてやカメゾウ氏でもない。野郎自身の悪事の吐露にあったんだよ。完全犯罪を成し遂げた犯罪者が、手柄話として語りたい欲求に駆られるのと同様の心理だったんだろうな。あるとき真田は、日本人が絡んでいた売春組織に近づき、そして日本人女衒から信用を勝ち取ると、そいつのマンションに乗り込み、貯め込んでいた大金をごっそりと奪ったことがあった。
 この事件のポイントは大きく分けて3点ある。1点は、犯罪者から金品を奪っても、警察には届けられない事実、2点目は、犯罪組織の一員が、素人にはめられたとそのボスが知ったら、はめられた組員もただではすまず、そのボスにも被害を報告しない確率が高い事実、3点目は、真田がいつも選ぶ犯行現場は、警官を抱き込みやすい国であり、そのときも警官を抱き込んでの犯行だったという事実、だ。
 真田が仕掛けたこの事件は、コロンビアでのことだ。読者の多くは、東南アジア界隈での話ではと勝手に思っていた人も多いだろうな。アホのししまるに代表されるように。しかし、奴のフィールドは全世界にまたがっているし、日本人の多い東南アジアでは逆に野郎はあまり動かない。どうしてかって言うと、日本人の目撃者が多くなりやすく、足の付く危険性が高いのがアジアだからだ。そりゃそうだよな。もし真田が東南アジアで暴れていたら、今頃ししまるなんてゲス野郎に売られた可能性だってある。そうなっていたら、さすがの俺も、真田に同情したことだろうよ。俺が知る真田は、東南アジアだけではなく南太平洋からオセアニアにかけてもおとなしくしている。奴にとってそこは、遊び場としてキープしているんだ。そこで悪さをしちまっては、頻繁に行き来できなくなるからな。
 だが俺はこう考えたんだ。奴は、犯罪現場として多用する南北アメリカやヨーロッパ、そしてアフリカではなかなか尻尾をつかませない。しかし、東南アジアや南太平洋あるいはオセアニアを遊び場とし、そしてそこいらは奴が油断している地域でもあろうから、奴の情報を手に入れるにはアジア界隈で聞き込みをするほうが効率がいいんじゃないかってね。しかも奴は船と海が好きだときているから、ハーバーを訪ね歩けばいい。
 それによって俺は、奴をフィリピンに追い詰めたことがあった。だが、逃げられた。それが今から3年前のことだ。
 しかしだぜ、俺は、やっぱりこんなことを書き続けていて、なんだかむなしい気分だぜ。ほとんどの人間が俺の話を信用しちゃいないんだからな。だが俺は断言する。俺の話が信用できない野郎は、その人生が如何に平凡で平坦なものであるか。この世の中には、通常の発想では信じられない世界がそこいらじゅうに転がっているのさ。ただ、多くの人間は、普通であること、堅実であること、やばいことに自ら近寄らないことを選択しやがる。だから、闇の世界を直視できないでいる。これが現実だ。ほんの少し勇気を持って闇へと視線を移せば、真田幸大のような人間が意外と多く存在することが分かるだろう。そうだ、海外をほっつき歩いている連中の中にな。
 

(無題)

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 6月 5日(土)14時05分21秒
   犯罪者というのは、脱法行為をしても、それが完全犯罪として成り立ったならば、犯罪行為がばれる危険性が増すと分かっていても、それを誰かに自慢げに語りたいものなのだろう。それによって足が付いた間抜けな犯罪者も過去には存在するというのにだ。真田幸人もまさにそういった間抜けの一人のようだ。奴のヘボ小説は、てめぇが犯した犯罪の数々を小説仕立てにして吐露してやがる。
 だがだ、奴の利口なところは、小説にして告白していることで、それを読んだ誰も(といっても野郎のヘボ小説など読む奴はいないが)が所詮は小説の世界であり事実ではあるまいと判断するように仕向けているところにある。一方で我々は、「事実は小説より奇なり」と感じているのに、奇なる事実を語る者に夢想癖やほら吹きのレッテルを貼ろうとする。
 奴のヘボ小説は、己の経験(というより犯した犯罪)をオブラートにくるむことによって、小説としてのリアリティを増している。本当のリアリティとは、「事実は小説より奇なり」を認めるなら、奇なるもののはずだが、それだと読者にはかえってリアリティを感じられなくなってしまう。言い換えると、読者の想像力の限界を超えてしまうと、もうそれは小説ではなく、虚言癖や夢想癖のたわごとになってしまうってことだ。それを知ってかしらずか、真田は自分の小説を事実よりはるかにソフトなものへと書き換えている。
 これ、どういうことかというと、たとえば奴が小説中に次のように書いていたとする。
 「俺は、女をナンパしてクルーザーへと誘った。海、夕日、クルーザー、女をその気にさせるアイテムはすべてそろっていた。そして実際、女はその気になり、その体を俺にあずけてきた。」
 これを実際に奴の体験に即して翻訳すると次のようになる。
 「俺は女を強引にクルーザーへと連れ込んだ。そして、嫌がる女を沖合い遥か遠くへと連れ出すと、強引に押し倒し、己の一物をぶち込んだ。」
 こうやって奴の小説を読み進んでいけば、野郎の本性が自然と分かってくる筈だ。
 

(無題)

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 6月 3日(木)23時48分18秒
   「醸してほしい」「醸せないなら」は意味不明だ。これこそまさに誤用ってやつだな。つまり漢字変換ソフトの介在していない誤用だ。こういった間違いが俺と真田の文章中に現れていたって言うなら、それは同一人物説を後押しするといえるよな。
 それはそれとして、このメールの差出人は、たもかししまるであることはまず間違いないだろう。確か、ししまるって奴は、カメゾウ氏に敵対する男で、チェンマイではスポットライトに夜毎かよい、氏からは鬼畜扱いされた輩だよな。そして、真田がひょっとこ名で書いたヘボ小説中に登場させ、揶揄していた。
 メールの主がししまるなら、カメゾウ氏と真田の顔写真を知り、奴らを貶めることができれば、願ったり叶ったりだ。で、こんなメールを送ってきた訳だろう。
 しかし、ししまるは俺の言ってることをちゃんと聞いてないようだな。真田は、チェンマイにそれほど関係してないんだ。だから、お前が知るわけない。
 いいか、真田って奴は、世界中を詐欺の標的にしている男なんだよ。なぜだか分かるか?簡単な話さ。世界を標的にするほうが、ターゲットを見つけやすいし、逃げやすい。特定の国で悪さをしているからつかまるんだよ。そんなことを奴は、いつも嘯いてやがった。チェンマイという特定の狭い地域にしがみついている奴に、真田幸大を追い詰めることはできるわけがないし、情報を提供できるわけもない。
 それに、俺がなぜ奴の写真を公開しないかにはそれなりのわけがある。奴は写真を取らせなかった。写真をまったく取らせなかったわけじゃない。取らせるときは必ずサングラスをしていた。奴のアイテムは、クルーザーだ。陽光きらめく海上では必須アイテムがサングラスだ。そんなシチュエーションは、サングラスをしていても何ら不自然さを感じさせない。だが、奴の本心は、顔をさらすことを恐れていただけだろう。だから、俺の手元には野郎の素顔を知らせる写真がない。いや、まったくないわけじゃない。あるにはある。だが、それを公開すれば、俺が誰だか奴に一発で分かられてしまう。それはまずい。だが、俺がもう少しパソコンに慣れてきたら、写真を加工するソフトを駆使して俺の部分と背景を削除し、野郎の顔をネット上に晒してもいいと考えている。
 すべては徐々にだ。ゆっくりと追い詰めるほど。追い詰められるものは恐怖を感じるものだろう。それが俺の狙いだ。
 ししまるだろうがたもだろうが、どっちでもいいが、俺にメールを送った奴に警告しておこう。海外を徘徊する日本人にはさまざまなタイプがいる。普通考えられるのは、バックパッカーや旅行者、現地の女や食い物等を求める享楽組、あるいはやくざな連中となるだろう。では、真田幸大が当てはまるのは何かといえば、端的に言えばやくざに近いが、実はそれよりももっとたちの悪い部類に入る。つまり、堅気の分際でやくざを食い物にする野郎たちだ。闇の世界じゃ、こういう野郎が一番嫌われる。この辺、もっと詳しく説明しないと、アンダーグラウンドを知らない奴らには理解できないだろうな。少しずつ説明してやるが、今日はこの辺でやめとこう。長くなるからな。
 

(無題)

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 6月 3日(木)23時40分0秒
  「「「「「「「「「「「「「「「

たも = ししまる ではないことを私が保証する
それよりも 真田氏 亀造氏の 顔写真を 合法的にネットに醸してほしい
もし、ネットに醸せないなら 画像を添付ファイルにして送ってほしい
両氏がチェンマイに関わっているのなら、人物が特定できれば
何らかの情報を提供できるかもしれない

」」」」」」」」」」」」」」」
 

カメゾウ氏を主役にした寸劇は、ここに幕を降ろす

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 6月 3日(木)23時30分59秒
   どうやらカメゾウ氏は、俺が思っていたほど頭のいい男じゃなさそうだ。作家と聞いて少しは利用のしがいもありやと考えたのだが、真田をおびき出すためのキーパーソンにはなりそうもない。この辺でカメゾウ氏とはおさらばだ。
 カメゾウ掲示板で起こったことといえば、カメゾウ氏自身と彼の取り巻きが勝手に騒いでいただけで、荒らしがやってきてカメゾウ氏をののしったわけでもない。それにもかかわらず掲示板を閉鎖しやがったぜ。一人相撲とはまさにこのことだ。ドンキホーテだ。存在しもしない敵に怯え、敵が弱みを見せたと思った瞬間に、トロイの木馬作戦が大成功を収めたと有頂天になっていた。滑稽だ。最高の寸劇だった。
 氏がやっているホームページには、真田幸大のサイトへリンクを張ってある。しかも、カメゾウ氏と真田を同一人物とする説を後押しするかの如く。まったくカメゾウ氏の頭の中は俺には読めない。それがどれほど無謀なことか、理解していない。度胸があるというか、単なるアホなのかもしれない。
 カメゾウ氏がたんなるアホだった場合に備えて、警告しておこう。そのリンクは今すぐやめるべきだと。真田の関係者だと名乗ること自体危険なことなのに、ましてや己が真田自身だと思われかねない行為に出ることは愚の骨頂なのだよ、カメゾウさん。
 真田幸大に恨みを持つ奴らは、この世には五万といるんだ。そして野郎たちは、真田の後を追っている。追わないまでも、真田とどこかで鉢合わせになったら、その場で奴を打ちのめそうと考えている奴も多い。それほどまでにあの野郎は憎まれている。そんな奴らの中には、真田に間接的に騙されたがゆえに、野郎の顔を知らなかったり、詳しい素性を知らないものもいる。そんな奴が、もしカメゾウなる作家がどうやら真田と同一人物らしいという噂を耳にしたら、カメゾウ氏が危険にさらされるってことだ。そんな事実がカメゾウ氏は分かっていない。俺みたいに真田と一時期行動を共にしていた人間なら、野郎とカメゾウ氏が同一ではないとすぐに分かるんだがな。みんながみんなそうだとは限らないんだよ。
 俺のターゲットは、ただ一人、真田幸大であって、俺がここに登場したことでそのほかの人たちが何らかの犠牲になることは、俺の本望ではない。俺は確かに警告した。それは、読者に証人になってもらおう。後は、カメゾウ氏がどうなろうとも俺の知ったこっちゃねぇ。いいか、もう一度警告しておく。あのリンクはすぐにはずせ。それはお前自身のためだ。
 さて、サブストーリーとしてカメゾウ氏とその取り巻きが繰り広げた寸劇は、そろそろお開きだ。何しろカメゾウ掲示板が閉鎖になったんだから、時期としてもタイミングがいい。
 俺は、真田がここを読んでいると思っていた。だが、奴はいまだに己のサイトで誤記した「見方」を修正していない。それはお前の意地がそうさせているってことか?それともここを読んでいないと思わせるためか?真田よ、そろそろ動きを見せてくれよ。
 動きといえば、今真田が自身のサイトに連載しているヘボ小説は、ゲイが出てくるよな。そのモデルは、どう考えてもK.Kだよな。俺は知ってるぜ。その話。実話の方だよ。お前がかかわった例の事件だ。ゲイのK.K。あの事件の直後、奴は行方知れずっていうじゃないか。それってお前の仕業か?
 どのみち俺には関係ないことだ。俺の目的は、お前に恐怖を味わわせること。じっくりとな。お互いゆっくりと、腰をすえていこうや。
 おっといけねぇ、こんな内輪な話じゃ読者を飽きさせることになるな。それじゃ、またまた最近、俺のところに舞い込んできたメールを公開しよう。
次の書き込みへつづく、、、
 

(無題)

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 6月 2日(水)18時29分13秒
   引用したメールは、すなわち「バクロン」を騙ってカメゾウ掲示板に書き込まれた内容とほぼ同じである。そして、その書き込みは見事に削除された。かなりカメゾウ氏はうろたえている様子がうかがえる。けんかの仕方を知らない者が下手にけんかをしだすと、巻く引きが無様になる。その典型に俺には見受けられる。
 それはそれとして、俺の元に送られてきたメールの内容についてちょっとばかり俺の考えを述べてみる。
 なお、そのメールの内容が事実と仮定して話を進める。

 まずは、流浪人とヴィアンチェンマイのやまちゃんが、同一人物だと指摘し、CNXさんが流浪人の見方をする一方で、やまちゃんの元へ殴り込みをかけたのは、気違い沙汰だと言っている点に関してだが、俺はその批判は成り立たないと思う。
 なぜなら、たとえばある左翼が交通事故にあって当て逃げされたとする。そこへ通りがかった右翼が彼を助けて病院に運んだとする。この事実を評して、「右翼が左翼を助けたやがったぜ、まさに気違い沙汰だ」と言う者がいたら、さぁみんなはどう反応する?世の中とは複雑にできている。イデオロギーだけで己の行動を縛っている奴は、「てめぇーの夢の中だけで生きていてくれ」と俺は言いたいね。ましてや、流浪人とやまちゃんは同一人物だとしても、ハンドルネームを使って掲示板に書き込むということは、少なからず実際の人格を隠す行為であって、それは実質的にはやまちゃんと違う人物だと解釈することだってできるわけだ。もし掲示板での話題が好きなタイ料理に関してだったら、そこには政治信条などといったものは関係ない。タイ料理の好みでいい争いが起こったとして、そこである右翼がある左翼の考えを擁護したとしても、それはイデオロギー上の矛盾にはならない。それにもかかわらず、このメールの発信人は、この世の中にはイデオロギーとは関係ない事柄のほうが多いことを無視して、CNXさんをこき下ろしている。
 ここまで述べれば、青木さんの件に関しては言及する必要はないだろうな。だがちょっとばかり言うと、たとえば手塚治虫のたとえをしたCNXさんを揶揄するように、「手塚は共産党支持者だった。だから、右翼のCNXが彼をたとえに青木さんを持ち上げるのはお笑いぐさだ」という批判こそお笑いだ。CNXさんがここで持ち出した比喩は、手塚治虫を漫画家界の大家として持ち出したことは火を見るよりも明らかだからだ。俺は、この青木なる人物を知らないから100%状況は飲み込めてないが、検索をかけて知る限りタイに移住した日本人でその体験記をホームページに公開していた人のようだね。それから推して、恐らくCNXさんの言いたかったことは、「青木さんのホームページは、数々あるタイ移住体験記のホームページのなかでも秀逸であり、タイ移住体験記界の手塚治虫だ」ではないだろうか。それが、どうしていけないことなんだろうか。個人的な感想を述べているだけのCNXさんに、イデオロギーを持ち出して論評する方がどうかしている。

 と、述べてきたわけだけどさ、俺はカメゾウ氏に恨みもないし、かといってCNXさんを擁護する気もない。ではなぜこんなことを述べてきたかというと、ご存知、真田幸大を孤立させるためだ。カメゾウ氏は、どうやら俺のことをひょっとこだと信じて疑っていないようだから、こんなことを書き立てることで、それこそ真田をカメゾウ陣営からはじき出すための駄目押しの一打になったことだろう。
 おーい、ひょっとこさんよ、真田さんよ、カメゾウ氏のトップページを見たかい?お前は、完全にカメゾウ氏におちょくられてるんだぞ。そこからプロフィールをクリックしてみなよ。いろいろとお前をさりげなくからかった書き込みがあるから。それに、カメゾウ掲示板が書き込みできないようになっているが、バクロンを騙った書き込みが削除されている一方で、お前を騙った間抜けな書き込みが健在だ。それなんかも、お前のプライドを傷つけるやり口をカメゾウ氏は取ってる表れだ。そんなことからもカメゾウ氏が今お前にどんなことを思ってるか分かるって言うものだね。
 

またまた不思議なメールを受け取った。それをここに公開するぜ。

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 6月 2日(水)18時18分42秒
  『『『『『『『『『『

拝啓 知りすぎた男さん

ぼくはあなたが本当にひょっとこハム太郎さんなのか、そうでないのか、今では半信半疑になってきました。たしかに、もしあなたがひょっとこさんと同一人物だとしたら、説明のつかないことが多々あります。たとえば、なぜひょっとこさんは、自らをおとしめようと努めているのかとか。

さて、今回メールしましたのは、差出人が誰だかは言えませんが、次のメールを受け取ったので知りすぎた男さんがそれをどうお考えになるかお聞きしたくて、そのメールをお知らせしようと思ったからです。

<ここからメールの引用です>

相変わらず×××は根拠のないたわごとを繰り返しています。このメールを受け取った皆さんは、間違っても彼の言い分を受け入れないようにお願いします。いえ、こんなことをお願いしなくても×××のいかれ具合は皆さんにもご理解いただいていることでしょう。

念のために解説を加えておきますと、

>頓珍漢な批判を受けた流浪人、理不尽な中傷に晒されていたテイタイの青木氏に見方をしたという履歴があるだけです。

頓珍漢な批判を受けた流浪人とは、後藤さんの掲示板に以前よく書き込んでいた人のハンドルネームで、ヴィアンチェンマイのやまちゃんのことです。一方で、×××はやまちゃんの記事が気に入らないと、事務所に殴り込みをかけたことがある御仁で、味方をした履歴があるなんて如何にたわごとか理解できるでしょう。

また、青木氏に関しても、青木氏がサヨク的な人間であることはT-thaiを読んでいたのなら分かることで、×××とそりが合わない人物であることは明らかです。それに、×××は青木さんを手塚治虫と比すことで持ち上げていましたが、手塚氏も共産党支持者だったことを考え合わせれば、如何に×××の言うことがその場しのぎのたわごとであるか、ご理解いただけるはずです。

こんな人物をまともに相手にすることは、時間の無駄です。ですから皆様も決して相手にしないようにお願いします。

<引用終わり>

知りすぎた男さんが何をお感じになるか、ぜひともお聞かせください。

敬具

』』』』』』』』』』』』』
 

こんなんありました

 投稿者:バクロン  投稿日:2004年 6月 2日(水)14時54分43秒
  >ノックもなくドアが開いた。編集アシストをしているノックが「ヒッ」とすくんだような声を挙げた。私は編集作業をしていたMacから目を離し、そちらを向く。推定身長165センチ、体重100キロの太った男が額に汗を浮かべ、私の方を睨み付けていた。手にはどこで手に入れたのか日本の木刀が握られている。
「貴様がYか!」
 左手に持っている新聞を振り回しつつ男がもう一度喚いた。意外に声は甲高い。その大声にノックがまた「ヒッ」と言って隣のヨーコに抱きついた。目が据わっている。薬物をやっているのかもしれない。逆らわないほうがいい。
「貴様がYか!」
 木刀の先を私に向け、男はもう一度言った。Yとは先々月から編集を手伝ってもらっている山崎さんがコラムを書くときの署名だ。
「日本帝国を愚弄する奴には天誅を下す!」
 その声と同時に木刀がスチール机に打ち下ろされた。バスンという大きな音にヨーコが「キャッ」と声を挙げ、ノックは「タ、タムルアット(警察)」とおののいた。悲鳴を挙げる女二人を粘っこい目で一瞥した男は真っ直ぐに私の前に迫り、「これを書いたYとは貴様なのか!」と恫喝した。男はどうやら右翼らしい。先月山崎さんが書いた日本とタイの歴史に関する話が気に入らないようだ。それは私たちのあいだでも賛否両論のあった問題のものだった。だけど、だけどなんだって日本の右翼のデブがこんなところに現れるのだ。
 

題名の修正

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 6月 1日(火)18時31分50秒
  「そりゃ反則だぜ。メカゾウ陣営の正義の味方諸君。」(修正前)
「そりゃ反則だぜ。カメゾウ陣営の正義の味方諸君。」(修正後)

 こんな間違いした日にゃ、カメゾウ陣営からどんな揚げ足を取られることやら。
なにしろ「パークワン」をどれだけ引っ張った連中だったことか、、、。

 それはそうと、「見方」以外の誤用や、文章中に表れる似た(誤)用法など、早く指摘してもらいたいものだ。それはさぞかし、ひょっとこには辛くも恥ずかしい結果を生むことになるだろう。俺の望むところである。俺とひょっとこが同一人物だと思っているなら、俺が暴露してもらってもかまわないといっているってことは、ひょっとこもかまわないと言っているのと同じわけで、さぁ、遠慮せずに暴露してくれよな。そうしないと、読者が飽きるじゃないか。それともライターとして、金にならないところで読者を喜ばすのはもったいないとでも考えているのかな?作家大先生。そりゃケチな了見というものだぜ。

 

そりゃ反則だぜ。メカゾウ陣営の正義の味方諸君。

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 6月 1日(火)18時21分14秒
   俺がここ以外の掲示板に書き込むときに使用しているコテハン(この言葉、つい最近覚えたんだ。インターネット初心者の割にはよく知ってるな、なんて揚げ足取らないでくれよな。)「バクロン」を使って、カメゾウ掲示板に書き込んだ唐変木がいる。それはそれで良いんだがね、なにしろ騙りってやつぁインターネット上に五万とあるようだから。いちいち気にしてなんかいられない。
 しかしだよ、己の正当性を論じている奴が、騙りなんていう汚いやり口を使ったとしたら、それは「己の正当性」を汚すことになるよな。俺が言いたいことはそれだけだ。
 それにしても、なんだか懐かしい響きだな、「バクロン」とは。もうずーっと使っていない気がする。何しろ、サブストーリーとして作家先生とその愉快な仲間たちにご登場願ってから、彼らがいろんな話題を提供してくれるものだから、なかなかこのサブストーリーを終えることができないでいる。さすが、作家先生とその取り巻き連中だ。これに一段落付いたら、こんどはあのらっくさんの掲示板にお邪魔して、またバクロンで書き込むつもりでいるんだがね。まだちょっと先のことになりそうだな。
 ところで、バクロンを騙った書き込みだが、今までの奇妙な文体は一切見られない。つまり俺が指摘した偽装がないって訳だよ。ん?やっぱり向こうも俺の書き込みを意識しているようだな。ところで、このバクロンで書き込んだ奴は誰だろうか、と考えてみると、俺には作家先生しか思い当たらない。とはいえ、あまりにも普通の文体だから、かえってそれが偽装の効果を醸していて、あの奇妙な文体からぷんぷん匂ってきた偽装の香りが消えている。ほらね、俺が言ったとおり、変に考えすぎて偽装を施そうとするほうが、かえってその裏に潜む何かを嗅ぎ取られてしまうものなんだよ。作家先生、少しは学習したみたいだね。でも、俺の目は誤魔化せられないぜ。
 そうそう、断っておくが、俺は正義の味方でもなければ己の正当性を主張する気もないので、騙りはもちろん、いろいろな手法を駆使して、とにかく真田幸大を貶めにかかるつもりだ。こう、開き直られちゃこまるだろうな。俺みたいな男を攻撃してやろうと思っている連中にはね。俺が方々の掲示板を覗いて学んだことは、ある陣営の攻撃に対してまともにそれを受け止めて反抗するところに「不毛な水掛け論」が展開されているってことだ。俺は、この愚かしい悪循環に立ち入ろうとは思わない。つまり、俺がある野郎から「お前はくそだ」と攻撃されたとしよう。そうしたら俺はこう言い切る「そうさ、俺はくそだ」。これで不毛な水掛け論にはならない。何しろ俺の目的は、真田幸大を貶めることだけであって、俺がどう見られようと関係ない。そこが俺の強みだ。だから今頃、真田は俺に恐怖を感じて出てこれないんだろうな。
 

俺は今一生懸命勉強中だ。真田の文章の癖をね。ウイッヒヒヒヒ、、、

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 5月31日(月)19時47分3秒
   「そのほかにも随所に似たような誤用がみられる」


 俺の知る限り、まだ暴露されていないようだな。早く暴露してくれよ。さもなければ、俺の反論に屈したのかと、他の読者たちは思うことだろう。
 同様の誤用から同一人物説を持ち出した男は、恐らくカメゾウ氏なんだろうな。どういった意味で、そんなことを得意げにメールで仲間内に知らせたのか、俺にはさっぱり見当がつかない。が、今頃ひょっとこは、根も葉もない暴露に怒っていることは間違いない。しめしめ。
 ところで、俺がこの誤用に関して感じることは、漢字変換ソフトの不完全さと、それによって日本語の伝統が壊されはしないかという危機感だった。作家先生も、俺とひょっとこが同一人物だとローカルな話題を得意顔で論じる前に、漢字変換ソフトが日本語へ与える悪影響についてでも述べていれば、もっとファンを増やせただろうに。
 俺は、インターネット初心者、パソコン初心者だから、漢字変換ソフトは、いってみればデフォルトの状態にあった。何しろ使い始めて間もないからね。で、今あらためて「みかた」を変換してみると次のような並びになっている。

 見方>味方>見かた>診方>観方、、、、、

 さんざん「見方」や「味方」あるいは「箕形」まで打ち込んできたから、この並びはデフォルトから外れていることだろう。しかし、俺が始めて「みかた」を打ち込んだとき、本来は「味方」と打ちたかったのを「見方」と誤変換確定してしまったところを見ると、デフォルトの並びで最初にあったのは「見方」だったと想像が付く。
 そして、俺が指摘したように「味方」であるべきものを「見方」と誤変換したままでホームページに公開している件数はかなりの数に上るわけで、この間違いはある意味で漢字変換ソフトが介在するところの大きい過ちだったといえるわけだ。
 国語辞典をひくと「慣用表現」とか「慣用読み」という言葉に出くわす。たとえば、「貼付」ということばを「てんぷ」で引くと、「ちょうふ」の慣用読みとでている。つまり、「ちょうふ」と読むのが本来であり、誰かが「てんぷ」と誤読したことから徐々に市民権を獲得してしまい、慣用的には「てんぷ」とも読むようになっていったわけだ。それと同様に、変換ミスによって「味方」とするべきところを「見方」としてしまい、それがいつの間にかインターネット世界で市民権を得ることになると仮定すると、それは誤変換に端を発することになるが、もっと辿れば、漢字変換ソフトを開発している少数の技術者が、デフォルトでどういう並びにしたかに起因するのではと考えてしまう。
 俺が使っているのは、ウィンドウズ純正のものだが、ということはマイクロソフトの技術者がデフォルトで「みかた」の変換候補の並び順を最初に「見方」を持ってきていたからこそ、あのような誤変換は引き起こされたわけで、たかが少数の技術者によって日本語の伝統が破壊されかねない現象をそこに見出せるとも言える。
 ちなみに、「敵か見方か」をググってみると591件であったが、「敵か味方か」をググると11600件である。つまり、およそ4.8%もの件数が誤変換のまま公開されてしまっている。もし、この誤変換をした者たちが、筆記具によって紙に「敵」と対になる「みかた」を書いたのなら、その大部分は「味方」と表記しただろう。もちろん、今俺の手元には、正確なデータがあるわけではないから、4.8%という数字の持つ意味が、学術的にどういった意味を持つのかを論じることはできない。また俺にはそれだけの教養はない。しかし、これだけの誤変換確定が、その大元では漢字変換ソフトを作った一握りの技術者の影響が少なからず働いたと言う事実までは否定できないだろう。
 本当の恐ろしさは、そこにこそあるんだ。俺がひょっとこだって?たとえそうだとしても、それがどうだというんだ?俺がひょっとこだと天と地がひっくり返るとでも言うのか?日本の伝統が破壊されるか?いやいや、真田幸大は、確かに恐ろしい男だ。俺が完膚なきまでに叩いておかないとなるまい。だからこそ、俺はここに姿を現したのさ。「正義の見方」それが俺だ。あれっ、また誤変換しちゃったよ。
 

野獣教師、吠える。ガオー! 宿題はやってあるよな

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 5月30日(日)01時27分22秒
   仮面舞踏(武闘)会か、うまいこと言うね。この言葉に、パークワンと反応してはだめだぜ。奴らに揚げ足取られるからね。
 マスクの下に隠された顔は見えなくとも、確実に言えることが2,3ある。ひとつは、俺は舞踏中一度たりともCNXさんの足を踏んではいないってこと。つまり俺は、CNXさんを茶化したり愚弄したりしたことはない。俺がやってきたことは、真田幸大を中傷したことと、過剰反応を示し茶々を入れてきたカメゾウ・サークルの連中に茶々を入れ返していることぐらいだ。あっ、あまりにも影の薄い連中だったので忘れていたが、野良丸掲示板に集う連中をちょっとばかりからかったこともあったな。それぐらいだ。
 もっとも、話はこれからどんどん面白くなっていくんだぜ。作家Kご推薦のらっくさんにご登場願おうかと考えているんだ。しかし「罪もない女性にお前のたわごとに巻き込むのはやめろよ」などと言う「正義の箕形」いや違った「正義の見方」いや違った「正義の味方」が読者のなかにいるなら、やめるように俺を説得してみなよ。

 さて、宿題はちゃんとやっておいたか?それでは答え合わせといこうか。誤差は+-10%まで認めることとする。

 
 「敵か見方か」-------------ヒット件数 591件
 「見方か敵か」------------------------ 57件
 「正義の見方 -宮崎哲弥」------------- 597件
 「敵なのか見方なのか」---------------- 50件

                  合計 1295件
                  答え:1295件 (+-10%)


 俺が言いたいことは分かるよな。分からないって奴は消えてくれ。
 「敵」と対になっている単語「みかた」があるとすればたいていは「味方」がくるはずだ。しかしこれだけの誤変換が見逃されて、そのままホームページ上で公開されてしまっている。「正義」も使われるのなら「見方」ではなく「味方」と対になるはず。しかし、宮崎哲弥氏の著書「正義の見方」は、どうやら誤植ではなさそうなので「-宮崎哲弥」を付けて検索結果から除外してみた。そして合計すると、1295件のヒットとなった。
 俺、知りすぎた男が「ひょっとこ」と同一人物だと確信する根拠を、野郎の小説中に現れる「見方」という誤変換と、俺の書き込み中にも現れる「見方」を照合して、「あれっ、同じ誤用をしてるぜ。こいつら同一人物だな。」と思った奴がいるなら、そりゃアホに決定だ。そうでなければ、これらのホームページ製作者もみんなひょっとこハム太郎としなくてはならないはずだな。この同じ誤用に気づいたときには、さぞや得意満面だったことだろうがね。
 とはいっても、俺は公平な人間だ。俺の元へ届いたメールには、俺とひょっとこが同一だとする根拠として次の一文が加えられていた。

 「そのほかにも随所に似たような誤用がみられるとか。」

 これは実に意味深だなー。よしよし、この「随所に似たような誤用」を暴露してくれ。俺とひょっとこを同一人物だと最初に唱えたお前だよお前。俺は、お前のことをアホ呼ばわりした。頭にきたことだろうな。なら、俺に仕返ししてみな。お前が発見したその共通の誤用の数々を発表しちゃってさ。俺はまったく問題ないね。
 それで読者が、俺とひょっとこを同一人物だと確信するようなことになったとしても、それで一番困るのは「ひょっとこ」つまり真田幸大ってことで、俺には何も困ることはない。それどころか、俺にとってその方が喜ばしい限りだ。いいね。最高だよ。なぜこうも俺の筋書き通りにことが進展していくのだろうか。
 

假面舞踏會

 投稿者:管理人  投稿日:2004年 5月29日(土)18時44分10秒
  某らいたあさんが関与しているのか?
誰が誰なのか?誰が言っていることが真実で、誰が偽物なのか?
さっぱりわからない假面舞踏會(仮面舞踏会)の様相を呈しています。キーボードで闘う、
假面武闘會かも知れません。
これだけ、管理人にも状況がわからない板はないと思います。BBS史上でも希有では?
少なくとも地域情報関連では希有でしょう。

知りすぎた男さんも偽物を見抜いておられると思いますが、自称「地球ネットワークス会
員」というのは、騙り君なので削除しようかとも考えましたが、偽称以外は問題がないの
で、残しておきます。
しかし、自称「地球ネットワークス会員」は、カキコに慣れてないのでしょうか、かなり
時代がかった表現で、BBSではあまりお目にかからないですね。それとも某らいたあさ
んの作りすぎなのかも知れません。
 

ご自分の掲示板開設を!

 投稿者:地球ネットワーク会員  投稿日:2004年 5月29日(土)14時42分18秒
  知りすぎた男さん
貴殿の目的は何なのでしょうか
真田某なるものを攻撃するのが目的なら、何故この掲示板なのでしょうか
貴殿はインターネット初心者だと名乗りましたが、これだけ毎日大量の文章を書かれるのですから、
もう初心者ではありません
自分の掲示板を開いては如何でしょうか

私達地球ネットワークの会員は、グルーバルな視点でのテーマ追求が基本です
トップページにあるように、《地球を問題意識をもって眺める選ばれた者のためのポータルサイト》なのです
問題意識を持って考えることを規約と考えています
それが会員である基準です
然るに貴殿の成されていることは、真田某なる個人攻撃です
それはこの掲示板の趣旨と著しく反しています
どうか速やかにこの掲示板から撤退してください
貴殿のやっていることはサイト主催者に対する嫌がらせでしか有りません

繰り返します
速やかにこの掲示板から撤退してください
真田某への攻撃はご自分の掲示板を開いてやってください
 

レンタル掲示板
/9