teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


メールアドレスを公開する楽しみと新たなる発見にサンキュー

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 5月29日(土)01時35分21秒
   メールアドレスを公開しないで掲示板に言いたいことを言っている奴って多いよな。俺みたいにメールアドレスを公開していると、いろいろ面白いことがあるっていうのに、なぜみんなはそんな機会を自ら放棄しているのだろうかと、俺は考えてしまうよ。面白いことのひとつに、つい先日yahooのサイトに呼び込むことを装ったウィルスメールを受け取った。それに先駆けること何週か前にyahooサイトへ誘うことを装ったメールで、いざリンクをクリックするとそれだけでウィルスに感染するものがあると、あるニュースを読んで知っていた。ラッキーだった。情報量の多い奴が最後には勝つんだよな。そんなことをよく言っていたのが、山師、真田幸大だった。ありがとうよ、真田。お前のおかげで助かったよ。
 そして、面白いことの2つ目は、カメゾウ氏陣営がひょっとこをどう捉えていたかを示唆するメールが届いたことだ。そのひとつは以前に書き込んだが、もうひとつを予告どおりにここに公開しよう。

「「「「「

 知りすぎた男さん こんにちは。
 というか、ハム太郎さんとお呼びしたいんですが、、、。
 ぼくが誰であるかは、申し訳ありませんが言えません。
 しかし、これだけは言えます。ひょっとこハム太郎さんは今、
 亀造さんとその仲間内で物笑いの種になっていると言うことです。

 ある人に言わせると、知りすぎた男さんとハム太郎さんが同一人物なのは、
 バレバレだそうです。
 で、そんなことが亀造さんたちの間にメールで一気に流れて、
 誰もが知る事実になってしまったんです。
 そのメールをぼくも受け取ったんですけど、なるほどなと思いました。

 それによると、ハム太郎さんはご自身の小説サイトに
 ごく簡単な間違いを繰り返しているというんです。
 その筆頭が「味方」とするべきところを「見方」と誤変換したままだと。
 それはそれとして、知りすぎた男さん自身、
 それと同じミスをCNXさんの掲示板上で犯しているんだとか。
 それで、そのメールには、その同様のミスこそ、同一人物の証だと
 断言しているわけです。そのほかにも随所に似たような誤用がみられるとか。

 どうです? もうバレバレな茶番はやめましょうよ。
 それはあなたのためなんですよ。
 ぼくだって、あのメカゾウとやりあっていた頃のハム太郎さんに
 少しでも心酔するところがあったから、
 こうしてメールを書いたんです。
 ですから、お願いです、これ以上ぼくを幻滅させないでください。

(以下、省略)

」」」」」」」」」


 いいね、いいね、最高だよ。まずは、このメールをくれた人に「どうもありがとう」と言わせてもらおう。
 俺の目的が真田を貶めることにあるわけだから、そうか、こういう手があったんだ。つまりさ、彼の文体やらを真似て、わざと彼だと思わせて、それで真田を貶めるって手口だ。早速、彼のサイトに飛んで隅々をじっくりと読ませてもらおう。それで、これはと思う真田独特の言い回しや誤用をわざと真似て書き込むことにしよう。
 俺が奴と同一人物だと思われて一番困るのは、真田自身であって、俺は逆にありがたいわけだから、この手の同一人物説はうれしい限りだ。これで、カメゾウ氏のコミュニティから奴が完全にはじき出されたことは明らかになったわけだし、俺としてはこれほど喜ばしいことはないね。
 しかしだよ、なんと言うか、真田を憎むものとして、ちょっとばかり不愉快なこともある。嫌いな奴とお前はそっくりだと言われているみたいでね。で、俺が思うところを次回書き込むことにするから、楽しみに待っていろよな。
 そうそう、予習をみんなに出しておこう。次の言葉をググって、ヒット件数の合計を出しておいてくれ。

 「敵か見方か」
 「見方か敵か」
 「正義の見方 -宮崎哲弥」
 「敵なのか見方なのか」
 
 

パワー全開 パート3:さすが作家先生とその仲間たちだよねー。でも墓穴掘っちゃったかも。

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 5月29日(土)01時26分1秒
   トロイの木馬。なんとロマンに満ちた響きなんだろうか。そしてなんと示唆的な響きなんだろうか。さすがは、作家大先生とその取り巻きたちだ。考えることが奥が深くていいねー。

 俺の解説。
 俺「知りすぎた男」を「ひょっとこハム太郎」と断言した者がいた。何らかの理由でそう直感したのだろう。それは、文章にもっとも造詣が深い作家カメゾウ氏自身だったのかもしれないし、彼の取り巻きの一人だったかもしれない。さて、最初に俺とひょっとこが同一人物だと直感した者が、カメゾウ氏の取り巻きだったとしよう。彼は得意になったに違いない。そして、カメゾウ先生にご注進申し上げなければと思ったことだろう。
 「拝啓 カメゾウ先生。わたくしは大変なことを知ってしまいました。これこれしかじかの理由で、知りすぎた男とひょっとこが実は同一人物なんです。奴はカメゾウ先生の見方のふりをしていながら実はCNXと通じていたんですよ。云々」

 それを聞いた作家先生は、これは大変だ、とばかり、ことの真相を究明しようと俺の書き込みをつぶさに観察しだした。オーッ、確かに知りすぎた男の書き込みには、その端端にひょっとこがメカゾウとやり合っていたときの横柄で傲慢で自信にあふれた、言い換えれば、厚顔無恥で尊大な態度があふれている。それだけではないぞよ。ひょっとこが大幸真名で公開しているヘボ小説での言葉使いやその他もろもろと一致するところが多々あるではないか。こりゃ、間違いない。知りすぎた男とひょっとこは同一人物だ。大変だー。CNXに寝返ったのか?
 とはいえ、メカゾウとの一件では世話になったのも事実だし、ここで逆上して対応すると変にひょっとこに自分への敵対心をむき出しにされても困るしなぁ。なんかいい落し所はないものだろうか?
 そんなとき、CNXさんが知りすぎた男の発言に応えて言った。
 「パークワン 褒めすぎです」

 作家大先生は思った。「おーっ、これだ。ひょっとこのおだてに乗せられたCNXという設定で話を進めていこう。そして、ひょっとこがCNXの元に姿を現したのは、あくまでも彼をからかっていたと言うことにし、そしてひょっとこには、トロイの木馬大作戦を実行した英雄になってもらい、彼をとことん祭り上げよう。そうすれば、すべてはうまく収まるかもしれない。ひょっとこだって英雄扱いされれば悪い気はするまい。それによって自分たちに敵対するひょっとこを抑えることができるはずだ」
 意に反して英雄扱いされてしまったひょっとこは、さすがにバツが悪くカメゾウ陣営に戻ることはできまい。かといってこのままCNXの側にいることもできずに姿を消さざるをえなくなるだろう。
 これこそが、トロイの木馬説を持ち出したカメゾウ陣営の本音だ。
 というのが俺の読解。

 しかし、残念でした。トロイの木馬は、あっけなく撃滅されたとさ。だって、俺、知りすぎた男は、ひょっとこじゃないからね。もし俺がひょっとこだったら、カメゾウ陣営にすっかり見通されていたとも知らないで、トロイの木馬作戦を実行した英雄気取りで、カメゾウ陣営に帰って行ったかもしれないな。
 しかし、ひとつの事実として、カメゾウ陣営からつま弾きにされたひょっとこハム太郎は残る。爆笑だ。俺が望んでいた結果が、カメゾウ陣営の過剰反応と一人相撲によってなされたのだから、これは愉快愉快。
 それとさ、まだまだ面白い話は尽きないんだなー、これが。ひょっとこ、いや真田幸大よ。お前がカメゾウ氏たちからどんな風に思われていたかを示すメールが、今俺の手元にあるんだ。これがまた愉快至極。近いうちに書き込むからね。お楽しみに。
 

パワー全開 パート2

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 5月28日(金)00時56分58秒
   もし俺が、ひょっとこそのものだったとしたらと、そんな状況を想像するとき、それと同時にスパイ映画のワンシーンを思い出してしまう。スパイ疑惑がかかった男に、敵側のボスは銃を渡すんだ。そして、捕虜として捕まえられた男を指差しながら「そいつを殺せ」と命令する。男が疑惑どおりにスパイだったときには、本来の味方を殺さなければならないことになる。いわば踏み絵だね。銃を受け取った男は、切羽詰った状況で窮余の策としてボスへと銃口を向ける。バーン。弾丸が飛び出すものと思っていたら、実は空砲だった。この危機、いかにして脱するやら。てね。
 俺がひょっとこ疑惑を払拭するには、カメゾウ陣営への攻撃をCNXさんと共に行えば、少なくともCNXさんにはその疑惑が嘘だと信じてもらえるんだろうな。それじゃ、そうするか?別に俺には、カメゾウ氏に恨みはないわけだが。過剰反応しちゃってさ、あんまり奴らがうるさいからね。まぁ、俺の目的は真田幸大ただ一人だと念を押しといたし、少しは奴らもおとなしくなるかな。そうなるなら、カメゾウ陣営への攻撃は控えるところだがな。俺は、真田への攻撃に集中したいんだよ。
 話を前回の書き込みに戻すと、トロイの木馬説に先立つこと、3日も前から俺をひょっとこだと確信する書き込みがあったわけだが、それが誰のものにしろ、そこには意味があるわけだよね。その意味の一つとして以前に俺が書いたことは、俺とCNXさんを離反させる意味合いだ。しかし、その場合は、俺をひょっとこだと確信しているわけではなく、別人と知りつつ離反させるための方便として使ったことになる。じゃぁ、マジで俺をひょっとこだと思って書き込んでいたとしたら、そこにはどんな意味があるのだろうかと、俺は考えてみた。
 そこで俺が思いついたことは、女の嫉妬心だ。「浮気してるのはばれてるのよ。私という女がいながら、なによあの女は」と同様、「ひょっとこよ。俺たちの味方だったんじゃないのかよ。何だよ、よりによってCNXのところに行くなんて。知りすぎた男という別名でCNXに近寄っても俺たちにはバレバレなんだぜ。お前がひょっとこだってことは」
 それはないよな。ひょっとこがカメゾウ氏とその取り巻き連中からあまり信用されてなかったことは、俺の元に届いたある暴露メールではっきりしていることだからな。なにしろカメゾウ氏自らが、次のように言っていたわけだしね。

「「「「
 「ぼくはひょっとこハム太郎なる人物を心底からは信用していません。メカゾウなる人物をこき下ろしてくれることで、少しはぼく自身のためになっているのかと思えばこそ、彼を泳がせているに過ぎないのです。彼も所詮は元バックパッカーで、ぼくたちのように日本でしっかりとした社会人経験はなく、旅行者に名を借りた単なるプー太郎に違いないと、容易に想像できます。そんな男をぼくたちのハイソなコミュニティに入る資格があるとは思われません・・・」
」」」」」」

 いやー、実を言うとこの暴露メール以外に俺の元には、ある興味深いメールが届いたんだ。今俺は、そのメールに関して、その言外の意味をあれやこれやと考えている最中で、まだここで発表する段階じゃない。いずれ公表しちゃうから楽しみにしていてね。
 

パワー全開。トロイの木馬が気に入ったのでちょっとばかり続きを

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 5月28日(金)00時48分20秒
   メインストーリーを引き立てるには、数々のサブストーリが必要なんだろうな。そんなことをひらめいたら、トロイの木馬で盛り上がってくれたカメゾウ掲示板の人たちは、恰好のサブストーリーテラーに見えてきたよ。野良丸掲示板の連中もサブストーリーにご登場願ったのだが、ご存知のように期待はずれに終わってしまったもんな。さすがは作家とその取り巻き連中だ。彼らを見くびってはいけないね。
 ところで、トロイの木馬説が登場するちょっと前、俺のことを「ひょっとこ」と確信した奴が、カメゾウ掲示板で俺に問いかけていたのがあったが、そこに隠された真実に俺は興味津々だよ。ちょっとおさらいしてみようか。

「「「「
バカは踊る! 投稿者:地球防衛退院  投稿日: 5月21日(金)07時23分47秒

 いい加減にしろひょっとこ!
 どこまでバカをからかうつもりだ!
 おまえには人の情けがないのか!
             」」」」」

「「「「
いいかげんにしろ、ひょっとこ! 投稿者:正義の箕形  投稿日: 5月23日(日)09時49分16秒

  なんてやつなんだ、なんてやつなんだおまえは。
  簑がしてやろうと思ったがもう赦せない。
  出て行け透、地村ひょっとこ! 揺る線!
                  」」」」」」


「「「「
トロイの木馬に感服 投稿者:学究徒弟  投稿日: 5月24日(月)17時12分56秒
                                  」」」」

 トロイの木馬説に先立つこと3日前、俺をひょっとこと確信する書き込みが地球防衛退院によってなされる。俺が、真田幸大自身だと断言した野郎だ。続いて、投稿者名:正義の箕形による書き込み。実に意味不明だが、はっきりしていることは、やはり俺をひょっとこだと確信している点。この意味不明な点が何かを解き明かすヒントになるやもしれない。「正義の箕形」の箕形は本来、「味方」に違いない。「揺る線」は「許せん」。「赦せない」も通常なら「許せない」でいい。「透、地村」はまったくの意味不明。
 何度も言うが、俺はインターネット初心者なんだよ。だけどさ、徐々に、少なくとも掲示板のからくりってものは分かってきた気がする。意味不明の書き込みをローテクな時代に当てはめれば、たとえば筆跡を隠すために右利きの奴は左で書いたり、あるいは古い映画によく登場するシーンで悪役が身代金目的で電話をかけるときハンカチで口元を押さえて声質を変えていたりするのに匹敵するんじゃないかっておもうよ。一言で言えば偽装だ。隠したがっている。何を?普段の文章ににじみ出ている特徴をだ。何のために?本人を特定されたくないからだろうね。あまりにもお間抜けな書き込みに、本人が特定されると恥ずかしいと思っているからだろうな。なら始めから書き込まなきゃいいだろうと思うよ。じゃぁ誰の書き込みかって言えば、俺にはカメゾウ氏しか思い浮かばない。ライターとして照合の素材となる文章は、素人に比べてはるかに世に出回っているんだからね。
 俺は、カメゾウ氏の文章を読んだことないから、彼の文体の特徴を知らない。だけど、俺が彼の立場になって考えると、やはりその対極を行く文体で書こうと思うね。実に幼稚な文章だったり、あえて間違った用法を多用したりね。それに忘れていけないのは、外国人の覚えたての日本語口調ってのも偽装には最高だね。「ありかとう ひょとこさん 投稿者:ひょとこ記念日  投稿日: 5月23日(日)20時28分47秒」の文章がその見本だ。
 でもさ、カメゾウ氏の錯誤は、自分の文章の対極を行き過ぎる偽装を図ったことだね。それがかえって不自然さを助長し、俺にその裏を読もうとするモチベーションを高めてしまった。第一だよ、俺がカメゾウ氏の本を何10冊と読んだところで、そして彼がいつもの文体で書き込んだところで、俺には恐らくそれがカメゾウ氏によるものだと分からなかっただろうな。考えすぎたところに、彼の過ちがあったとしかいいようがない。俺なんか誰の文章とそっくりだと言われる道理がないから、がんがん書き綴っているけど、まさかね、俺をひょっとこだと確信している根拠が奴のヘボ小説の文体とそっくりなところに見出しているわきゃないよな。
 

とんだ邪魔が入ったが、ゲームはこれからだ

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 5月27日(木)00時14分43秒
   カメゾウ氏の掲示板では、「しらけすぎた男」の挑発が効いたのか知らないが、なにやら発狂寸前の書き込みが連発している。そのどれもがなぜかCNXさんへの当てこすりというのがまた面白い。頼むからCNXさんへの攻撃はやめて、その勢いを俺に向けてくれないかな。そうでもしてくれないと、俺がここに間借りしている手前、立つ瀬がないじゃないか。
 カメゾウ掲示板の面々に質問したいんだが、それって変じゃないか。CNXさんとカメゾウ氏の間に何があったか知らないが、掲示板を紐解く限りいったんは沈静化したことだろう?俺が突然現れて暴れ始めたのは、そもそも真田をこき下ろすことであって、カメゾウ氏とCNXさんとのいざこざを持ち出したわけじゃない。それにもかかわらずカメゾウ掲示板では過剰反応が目白押しで、よせばいいのにCNXさんのれいの発言「パークワン」を執拗にあざけってやがる。再び戦争勃発を自ら望んでいるって言うなら別だがな。まさか、部外者への購読を締め出したライターが、自ら進んで戦争を仕掛けるとは思えないしな。ちょって立ち止まって、頭でも冷やせや。
 カメゾウ氏とその周辺では、しきりに俺と真田が同一人物だと思っているようだが、それもお前たちには関係ないことじゃないか。いいか、もう一度言っておく。百歩譲ってだ、俺が真田幸大その本人だとしようじゃないか。で、その目的はなんだと思う?今までカメゾウ氏側にいたひょっとこが、何らかの理由で敵陣営に寝返りを打ってCNXさんのバックアップをしようってのか?それなら真っ先に「知りすぎた男」で現れたとき、カメゾウ氏への罵り言葉を吐いたことだろうよ。しかし俺は、そうしなかった。確かに、ここに間借りしている手前、CNXさんの自尊心をくすぐるようなリップサービスはしてきた。それによってカメゾウ氏が読んだら気分を害するだろうこともあえて言った。だが、俺のターゲットはあくまでも真田であって、カメゾウ氏ではない。それは、俺の今までの書き込みを読み返せば分かることだろう。
 いいか、カメゾウ陣営の面々に最後の警告をしておく。俺がここに現れて書き込むようになったのには、カメゾウ氏とCNXさんとのいざこざには一切関係ないある目的からなんだ。過剰反応して俺の目的の邪魔をしないでくれ。俺の目的は、もちろん真田幸大にあるわけだが、それにはもっと深い意味があるんだよ。それは、今は言えない。
 さぁ、真田よ!仕切り直しといこうじゃないか。いざ、ゲームの再開だ。
 

わたしが解説してあげませう

 投稿者:疑惑整理回収機構 理事1号  投稿日:2004年 5月26日(水)00時28分26秒
   わたくしは、経済評論家改め疑惑の整理人になりました植草秀一と申します。
 以後よろしく。

 まずは、亀造氏が「ひょっとこハム太郎」と同一人物であるやなしやに関してですが、結論から言って、同一人物である確率は26.24572%であります。この数字がいかようにして導き出されたものであるかは、大学院レベルの統計学を修めた者にしか分からないゆえ、割愛させていただきますが、ただひとつだけ付け加えて起きますとその計算には手鏡が必需品だということです。

 つづいて、ししまるとたも氏が同一人物である確率は、78.38199%とかなりの高確率にあいなりました。その論拠は、100人切りでお馴染みのスポットライトの英雄ししまる殿は、その行動様式から女にもてない君であろうことは容易に察することができ、その一方でたも殿は、女に持てることを自慢げに書き込んでいる御仁であるゆえ、そこから類推するに、たもという人格は、女にもてないししまる殿が生み出した理想の具現であろうと類推されるわけです。それらを各々、ある係数に置き換え、計算式に当てはめましたところ上記の確率が導き出された次第です。

 つづいて、知りすぎた男さんが真田幸大氏である確率は、38.00018%であります。限りなく有りようのない命題であることを分かっていただけるのではないでしょうか。その論拠は、知りすぎた男さんが執拗に真田氏を誹謗中傷している点が、本人である確率を低めています。そして、CNXさんにいじめ抜かれていると噂される亀造氏が、その仕返しにと知りすぎた男さんの存在を利用したという説は、実に説得力のあるものとして、チェンマイは日本食レストラン「さくら」の丸テーブルで、夜毎、チェンマイ野郎どもに熱く語られているところであります。

 さて、意外にも私は次なる噂を耳にして驚いてしまいました。それは、亀造氏が実はCNXさんだという噂です。しかし、公平を期するために私の理論に照らして結論付けてみましたところ、なんと亀造氏がCNXさん自身である確率は、86.99278%と高確率がはじき出されてしまいました。さて、その論拠はといいますと、真っ先にあげられることは、両氏ともかなりの保守派であると、日頃の言動からうかがい知れる点にあります。そしてまた、CNXさんもそのホームページでの発言でお分かりになりますように、チェンマイフリークの方々とは一線を画した行動を取られている御仁でありますが、亀造氏もチェンマイに関心があった過去において、ご自身をバックパッカーたちとはもとより、早期退職組等のチェンマイフリークたちとも距離を置いていた御仁だと「チェンマイ日記」から察することができます。しかしながら私は、ここである難題にぶち当たりました。CNXさんと亀造氏は相争う関係にあることは、以前よりお二方のネット上でのご発言に注視しておられた方ならご存知のことでしょう。にもかかわらず、お二方が同一人物であるはずがない。それが私の難題として眼前に降りかかってきたのでございます。しかしながら、この難題も天才の私には難なく解くことができました。それは、亀造氏はエリートライターとしての矜持があるゆえ、敵を欲していたという心理を読み取れば済むことです。ここで思い出していただきたいのは、ししまる殿が女にもてない自分をコンプレックスに感じるあまり、女に持てる「たも」という幻影をこしらえたらしいという事実です。亀造氏はエリートライターとして、「出るくいは打たれる」を体現するべく、自身に敵対的な態度を取り続ける悪役を欲したのです。各界の名士とは、一様に、やっかみから誹謗中傷の対象になるものであり、そんな状況を氏も欲したとのではないでしょうか。この解釈に立てば、亀造氏がCNXさんと同一人物だという高確率の道理も見えてくるというものです。

 いかがだったでしょうか? グズラさん。私の解説でご納得いただけたでしょうか? それでは次回の講義は、「正しい手鏡の使い方」ですので、予習のほうをしっかりと行っていてください。それでは、今日の講義はこの辺で終了です。
 

(無題)

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 5月25日(火)23時26分14秒
   カメゾウさんとこの掲示板も、すべては「トロイの木馬」だったという落ちで一段落ってところか。とたんに書き込みがストップするんじゃないかって、そんな予感がするよ。そうそう、俺が「たも」って野郎を茶化して以来、しばらくは盛り上がった野良丸氏の掲示板のようにな。だが、元の木阿弥になるのは時間の問題。またいつものシーンと静まり返った水墨画を思わせる静謐な世界が展開されるんじゃないか。こんなことを言われたんじゃ、意地でも書き込み続けなきゃな。ライターのカメゾウ氏にしてみれば、一銭の得にもならない掲示板への書き込みに時間を取られることほどバカらしいことはあるまい。氏も真田ときっぱり縁を切って放っておけばよかったものを、俺と真田のいざこざに首を突っ込んでくるから面倒なことになるのさ。自業自得だな。
俺は、真田の手の内を熟知してるって言ってあるはずだ。俺の存在に焦った真田は、俺を追い落としにかかった。CNXさんを怒らすことでね。それには俺と真田が同一人物だと彼に思わせることが一番だ。トロイの木馬か、うまいこと考えたな。真田の案か?それともカメゾウ氏の入れ知恵か?どっちにしろ、俺には効き目のない愚策だ。
それに、プロのライターカメゾウ氏と、その取り巻きでそれなりの文章力があるだろう出版関係者、それにヘボ小説とはいえ1000枚の長編を書くだけの文章力のある素人作家真田幸大(いやその真実の姿は詐欺師野郎でしかない)とが、協力し合って順繰りに掲示板に書き込んでいけば、その圧倒的な文章量と文章力に俺が辟易し、そのうち逃げ出すとでも思ったのかよ。確かによ、プロのライターだってことで、ちょっとは一目置いて、自分の文章が笑われやしないかと恐れを抱き、カメゾウ氏の掲示板に書き込まない奴らや、氏と論戦をおっぱじめようと思わない奴らは多いことだろうな。しかしだ、俺にはそんな考えはまったくない。厚顔無恥といいたければ言えばいいさ。だがな、よーく考えてみろよ。ここは、文章力や学識や論理性が論戦の行方を左右する論壇じゃないんのさ。いいか、ここは掲示板でのやり取りでしかない。それも有象無象が跋扈するインターネットというマトリックスな世界。いかれた奴が勝つんだよ。そうそう、いかれ具合で俺に勝てる奴はいまい。何しろ俺は、真田幸大にこてんぱんにやられてからは死に体も同然、だから怖いものなしなんだ。あいつはいかれているとか、2ちゃんねるで何を書き立てられようが、俺にはなんともない。そんな奴を真田は敵に回しているんだ。よほどの覚悟がない奴は、俺にけんかを売ってくるんじゃねぇ。
それに、何が滑稽かといえば、そもそも俺はここで真田への中傷しかしてなかったのに、なぜかカメゾウ陣営は過剰反応を示し、その攻撃対象をCNXさんにしやがった。そりゃ、おかと違いもいいとこだぜ。俺とCNXさんを離反させようという魂胆はよく分かるが、カメゾウ氏にして見れば自分にとばっちりが降りかかることを予測しなかったのか不思議だ。何度も言う。これはCNXさんもカメゾウ氏も関係ねぇ。俺と真田幸大の問題なんだ。外野は黙ってな。
 

茶番劇を看破する 2

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 5月25日(火)01時26分20秒
  「「「「「「「「「「「

 ありかとう ひょとこさん 投稿者:ひょとこ記念日  投稿日: 5月23日(日)20時28分47秒

ありかとうひょとこさん
わたしはすっと前から豚が木に登るとこ見たかた
ても見られない 見たかた ほんとほんと見たかた
あなたはしめた 豚 おたてはしめて もしかしたら おもた
もしかしたら 豚 おたてられて 木に登るかもと
毎日毎日見たね あなた豚 おたてる 掲示板に書く おたてる
もしかしたらもしかしたら 毎日たのしみに掲示板 見たね
とうとうよ とうとう とうとうとうとう
あなたにおたてられて 豚 その気になてきたね
もしかしたらもしかしたら ああ ああ ああ
ととう ととう 豚 木に登たね
豚 言たね パークワン 褒めすきよお
おお おお おお わたしととう見たね おたてられた豚 木に登る
ほんとたたね 豚 おたてられて木に登たね
ありかとうありかとう わたしやと豚 おたてられて木に登る 見たね
みなみなひょとこさんのおかけ

ぱーくわんと言て 豚 木に登たから 5月20日は ひょとこ記念日

亀造さん この掲示板 ひょとこ掲示板にしてくたさい
偉大なひょとこさんを讃えるために ここをひょとこ掲示板と名前を変えてくたさい
おねかいします 亀造さん

」」」」」」」」」」」


 これがカメゾウ氏自らによる書き込みだと確信する理由は、
 ライターである彼は、もしある文章が自分のものだと他人に覚られたくないとき、自身の文章に表れる癖や作法を隠す必要がある。コピペした文章には、そのための偽装がみえみえだ。俺は、地球防衛退院が真田の書き込みだと断言したが、こんどはカメゾウ氏もご登場って訳だ。なんとも幼稚な茶番劇があそこでは展開されているよな。そんな寸劇に踊らされることこそ、バカの証だ。CNXさんにはそんなことのないようお願いしたいところだよ。
 

茶番劇を看破する 1

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 5月25日(火)01時25分48秒
   なぜ俺の登場と時期を一にしてCNXさんが茶化されなければならなかったんだ?
 この疑問ばかり、ここのところ考えていたよ。だってそうじゃないか。俺がここに来た目的は、真田幸大を貶めることに尽きるんだからね。いやその先にはもちろん、奴をおびき出して、奴を徹底的にやっつけることだが。
 俺がCNXさんと同一人物なら話は分かる。だがそれは違う。なによりも今俺にふりかかっている疑いは、真田との同一人物説だからな(爆笑)カメゾウの掲示板が一際にぎわっている裏には、真田が介在していることはまず間違いないだろう。それとカメゾウ氏もかかわっていることは当然だ。なんてったって彼自身の掲示板なんだからな。ということは、俺の敵は今まで真田ただ一人だったわけだが、これでカメゾウ氏も奴の見方をいまだにしているとわかった以上は俺の敵になったと同じだ。
 しかしだ、お前さんたちを褒めてやるよ。とりあえずCNXさんを疑心暗鬼に陥らせ、俺を孤立させることに成功したんだからな。
 だがよ、お前たちはひとつ見逃してることがありゃしないかい?あんたらはCNXさんを今まで以上に怒らせてしまったってことだよ。この意味分かるか?
 俺がこの掲示板を真っ先に選んだ理由は、CNXさんがカメゾウ氏を嫌っていることを方々の掲示板を紐解くことで知ったことによるのさ。真田を攻撃するには、その友人らしき人物と対峙しているCNXさんの掲示板はあつらえ向きじゃないか。
 そこでだ、俺が真田と同一人物だとCNXさんが信じたとしよう。そうしたら、彼の怒りはカメゾウ氏から真田幸大へと向かうこと必定だ。なにしろ真田は、CNXさんを愚弄した張本人ということになるからね。それにメカゾウが本当にCNXさん自身だったら、当初からCNXさんは真田を嫌っていたことになる。メカゾウちぇんまい日記なるもので散々愚弄されたんだからな。そのうえ、今回の一件で彼の怒りが助長されたことになれば、俺にとってこんなに都合のいいことはないや。
 こりゃいい。また一人、真田幸大に恨みを抱く者が増えたって訳だ。今のCNXさんは、もし彼の前に真田が姿を現したら、殺してしまうぐらいに怒り心頭に発しているんじゃないかな。一週間に一回ぐらいは俺の書き込みに反応していた彼も、俺のここへの書き込みが真田による罠だと言われるようになって以来、まったく書き込まなくなっている。それって、彼がその疑惑をかなり気にしている証拠だよな。
 真田やカメゾウ氏の誤算はそこにあるんだよ。前にも俺は言ったはずだ。俺の目的に照らせば、CNXさんがどう思おうと関係ない。それどころか、彼が真田を憎んでくれれば、これほど俺にとって都合のいいことはないんだよ。
 俺の代わりにCNXさんが復讐してくれないかな。そうすれば、わざわざ俺の手を汚さなくても済むからな。真田は最近フィリピンに足繁く通ってることはつかんでいるんだよ。それに、インターネット上に奴の足跡をこうして俺が知った以上は、真田を追い詰める日も近いってか。
 そうそうCNXさんにひとつ面白いことを教えてあげよう。もうあなたは気づいているかもしれない。カメゾウ氏の掲示板で確実にそれがカメゾウ氏自身の書き込みだと分かるのがある。さて、どれか?それを次にコピペしておく。
 

おらぁ、グズラだ。だから、さっぱり分かんねぇだ。

 投稿者:グズラ  投稿日:2004年 5月25日(火)00時09分55秒
 
 わかんねぇ。ほんにわかんねぇ。一体全体、誰のいんことが本当で、誰の言んことさぁ作り話なんだべ?

 カメゾウとその周辺にある疑惑は数々あんべど。ひょっとことカメゾウが同一人物だという疑惑は(出所がCNXさんだべか?)基本中の基本とすんならよー、「ばかだんべおめぇさんは、CNXとカメゾウこそが同一人物なんだべさ」と真顔で言うチェンマイ好きをおらぁ知ってんべさ。そうかと思んべー、ししまるとたもはんが同一人物との説があんべと、CNXさん自らが語っていんべさ。

 かとおもんべさ、こんだー、ひょっとこを誹謗していた「知りすぎた男」がひょっとこと同一人物だといんべさ。そんな書き込みが、カメゾウ掲示板には最近増殖の一途をたどってんどー。何なんだべ。本当に分かんねぇべ。誰か、愚図なおらにもわかんように解説しておくなまし。
 

バカは踊るの真実

 投稿者:カメゾウさんのメル友1号  投稿日:2004年 5月23日(日)23時27分17秒
   CNXさん、はじめまして。

 私は、2年ぐらい前からカメゾウさんとはメル友として親しくつき合わせていただいている者です。そういった私の立場から思ったところを述べさせてください。

 私に言わせれば、踊っているバカとは、けっしてCNXさんのことではありません。それは、ひょっとこハム太郎に違いないのです。というのも、カメゾウさんは、いつぞや私にくださいましたメイルにはっきりと次のようしたためていたことがあるのです。

 「ぼくはひょっとこハム太郎なる人物を心底からは信用していません。メカゾウなる人物をこき下ろしてくれることで、少しはぼく自身のためになっているのかと思えばこそ、彼を泳がせているに過ぎないのです。彼も所詮は元バックパッカーで、ぼくたちのように日本でしっかりとした社会人経験はなく、旅行者に名を借りた単なるプー太郎に違いないと、容易に想像できます。そんな男をぼくたちのハイソなコミュニティに入る資格があるとは思われません。それは、***(ここに私の名前が入ってますが伏せさせてください)さんも賛成してくださることだと思います。ですから、ひょっとこハム太郎に関しては、たとえぼくらの見方をしているような書き込みがあったとしても、安易に彼に加勢する書き込みはしないようにお願いします。変に彼に誤解されると困りますからね」(カメゾウ氏のメイルより)

 このメイルは、皆さんも想像がつくと思いますが、ひょっとこハム太郎が突然カメゾウさんの掲示板に現れてメカゾウとやり合っていた頃に、私がカメゾウさんからいただいたメイルなのです。恐らく、カメゾウさんのなかよしコミュニティに所属する他の人たち、たとえばchikurinさん、らいぶさん、それに後藤さんも同じメイルをカメゾウさんから受け取っていることでしょう。

 これが実際のひょっとこハム太郎の位置づけです。結局のところ踊らされていたのは、ひょっとこだったということです。なんか滑稽ですね。彼は自らの滑稽さを予言していたかのように、ハンドルを「ひょっとこ」と付けていたんですから。

 なぜ、こんなことを暴露したかといいますと、私個人の考えとしましては、やはりハム太郎なる人物は危険な男のような気がするからです。カメゾウさんも言いますように、ハム太郎は、私たちが和気藹々とやっているカメゾウ・コミュニティには相応しくないと思われますし、できるだけ遠くにいてほしいと私は願っていますので、故意にカメゾウさんの書簡を公開して、ひょっとこさんには彼の意を汲んで、これ以上恥をかかないうちに私たちの前から消えてほしいと思っているからなのです。

 ひょっとこさん、いやハム太郎さん、いえいえ真田さんですかね?なんとお呼びすればよろしいんでしょうか?とりあえず、例のお方が呼びますように、真田幸大さんにしておきましょう。真田幸大さん、あなたにもプライドがおありでしょう。ならば、これ以上カメゾウ氏の笑いものにならないうちに私たちの前から消えてください。よろしくお願いします。
 

(無題)

 投稿者:正義の箕形2号  投稿日:2004年 5月23日(日)15時14分17秒
  なんてやつなんだ、なんてやつなんだおまえは。
簑がしてやろうと思ったがもう赦せない。
出て行け透、地村ひょっとこ! 揺る線!

chikurinもらいぶも後藤も、
みんな最初からお前を胡散臭い男だと思っていたんだよ。
これでお前は、カメゾウグループから追放決定だ。
 

してやられたよ。といいつつも、それはおかと違いだぜ、真田よ。

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 5月22日(土)23時29分25秒
   CNXさん、まず俺はあなたに謝らなければならないようだね。すまん。俺がここで書き込んでいる流れで、どうやらカメゾウ氏の掲示板でもそうだが、2ちゃんねるにもCNXさんをちゃかすようなコピペが貼り付けられてしまった。
 でもさ、それが誰の仕業か俺には見当がつく。少なくとも、俺のここでの発言をカメゾウ氏の掲示板に貼り付けた奴(投稿者”地球防衛退院”と”地球防衛退院2号”)が誰だかはね。それは、間違いなく真田幸大だ。CNXさんは今頃頭にきているだろうけど、冷静に俺の言うことを聞いてほしいんだ。つまりこういうことなんだよ。俺は、真田を攻撃するに当たって、カメゾウ氏が邪魔だと言った。それで、奴ら二人を離反させる作戦を取った。そのために書き込んだのが、「拝啓 かめぞうさん」だ。真田はあせったに違いない。俺とCNXさんがタッグを組めば面倒なことになるってね。だからこそ奴は、今度は俺とCNXさんを離反させる作戦に打って出た。目には目をってわけだ。奴が今までにもやってきたことだ。そこが奴の恐ろしいところなんだよ。
 CNXさんを怒らせ、俺と離反させることは簡単だ。俺を真田、つまり「ひょっとこハム太郎」だとCNXさんに思わせればいい。俺がここに書き込んでいる目的は、真田を中傷するのではなく、実はCNXさんをおだてあげ、その本性をさらけ出させるのが目的だと、CNXさんに思わせようとしていやがる。そんなことをさりげなく示唆して見せたのが、地球防衛退院の投稿者名でカメゾウ氏の掲示板に書き込んだ内容だ。これが俺の読みだ。
 CNXさんは、ひょっとこハム太郎とカメゾウ氏が同一人物だと考えていたわけだし、そんな疑い深いところを真田は逆に利用しようとしてやがる。たとえそれが突拍子もないうそ偽りだったとしても、俺が真田と同一人物なんだとCNXさんの耳に吹き込んだが最後、そんなことはありえないと思いつつも恐らくCNXさんは、「ひょっとするとひょっとするかも」って心境になることだろう。それが奴の狙いなのさ。頼む!CNXさん。奴らのわなにはまらないようにしてくれ。俺が真田のわけがない。なにしろ俺は、ひたすらリベンジの機会を狙いながら真田を誹謗している男なんだ。それを忘れないでほしい。それにあの投稿者の名前は、ハム太郎名でメカゾウをからかっていたときに、よくメカゾウサイドに立つ連中を「スカジー1号」とか「マリオネット2号」などとネーミングしていたのに似ているだろう。恐らく次の投稿時には、「地球防衛退院3号」を使う予定だったに違いない。でも、こうやって俺がここで指摘したから、もうそれは使わないだろうがね。こんなネーミングをするのは、真田の可能性が高いってことは、CNXさんも賛成してくれると思う。
 といっても、俺はCNXさんとタッグを組んで真田を懲らしめようと思ったことはない。だからな、真田よ、お前が、俺とCNXさんを離反させようとしているならおかと違いだぜ。CNXさんには、今まで通りここへの書き込みを大目に見ていてくれるだけでいいんだよ。それが俺の望みだ。もちろん当初の書き込みで言ったとおり、俺はもう少しインターネットとかパソコンというものになれてきたら、自分の掲示板なりホームページを作って、そこを主戦場として真田幸大を完膚なきまでに叩きのめしてやろうと考えている。それまでCNXさんには俺の行動を温かい目で見守っていてほしい。ただそれだけだよ。だから、いいんだ。たとえ真田の仕掛けたわなにCNXさんが陥ろうがどうしようが。くどいようだが、俺を自由にここを使わせてくれるだけでね。
 

ひょっとすと、掲示板って恐ろしいところ? 3

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 5月21日(金)23時35分19秒
   意味不明の奇妙な書き込みだなー。CNXさんは、この意味分かります?俺にはさっぱり。
 前者の書き込みの「豚をおだてる人」ってのは俺のことを指しているんだろう。そして「木に登った豚」はCNXさんを指しているのは見当がつく。しかしだよ、これを書き込んだ人は、まるで俺が意図してCNXさんをおだてているとでも言いたげじゃないか。なんとも奇妙だよ。それに、後者の書き込み関してそのタイトルを見ると、「バカは踊る!」になっている。もちろん書き込んだ本人は、CNXさんを踊ってるバカと表しているわけだよ。俺がCNXさんだったら、怒り心頭に発するところだ。
 それに俺が一番なぞに感じてしまうのは、後者の最後の内容だ。

  いい加減にしろひょっとこ!
  どこまでバカをからかうつもりだ!
  おまえには人の情けがないのか!

なになに?これって、俺に対する問いかけだよな?確かに俺には人情なんてないよ。だから、この文を俺流に訳すと次のようになる。

 //いい加減にしろひょっとこ!
 //どこまでナイーブで罪なきCNXさんをからかうつもりだ!
 //お前は人情のかけらもない人でなしだ!

 これならまだ分からないでもない。もちろん俺にはCNXさんをからかう気は毛頭ないが。俺がここに姿を現したのは、ひとえに真田をおびき寄せるためだけだ。
 しかし、気になるのは最初の行の「ひょっとこ」だ。これは、世間一般にいう「ひょっとこ」、つまり男への罵り言葉として使ってるのか?それともまさかあの野郎を俺と同一視しているとか。
 CNXさんは、真田とカメゾウ氏の同一人物説を取っていたよね?そしてついこないだは、たもとししまるを同一と考える者がいるとか言っていた。そしてなんと今度は、まさかそんなことはないと信じたいが、俺と真田幸大を同一人物と考える奴がいるってことか?俺は、もうほんの少しでも理性が崩壊したら、まじで真田をぶっ殺していることだろうよ。それほど奴を憎んでる。掲示板上でも奴から名誉毀損で訴えられることを覚悟で、誹謗中傷を繰り返しているし、今後も繰り返すつもりでいる。それは奴をおびき寄せるためには必要な手段なんだ。
 そんな俺が真田自身だってか?そんなことを考える奴はいないよな。こんなこというのは、俺が過剰に反応しているだけだよな。それほど俺の精神には、真田幸大という詐欺師野郎がこびりついてしまっているんだ。トラウマだな。それともコンプレックスっていうのかな。
 でもよ、こんな書き込みを読んで思ったのは、掲示板とは恐ろしいところだってことだ。書き込んだ本人の意図とは別のところで、それを読んだ者が自分にとって都合のいい解釈で楽しもうとしてるんだよな。すべてはフィクションとしてね。投稿者の意図なんてまるっきり無視だ。もしだよ、俺のことを真田自身だとまじに考えている奴がいるとして、それじゃそんな奴はどういった思惑でそう思おうとしているのかと想像すると、結局CNXさんをからかって楽しんでいる真田というシチュエーションで、どこまでCNXさんがだまされ、バカを演じるかを見届けてやれっていう心理なんだろうな。そんな心理を有している奴は、カメゾウ氏本人かその取り巻きに違いないわけだ。誰もがそれぞれの立場でインターネットを楽しんでいるんだよ。どんなにしたり顔で語ったところで、誰もまじめに聞いてる奴なんてインターネット上にはいないってことだな。
 あーおそろしや、掲示板。あーおそろしやインターネット社会。
 

ひょっとすと、掲示板って恐ろしいところ? 2

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 5月21日(金)23時34分18秒
   俺は考え込んでしまったよ。今日、カメゾウ氏の掲示板を覗いてからね。俺が知りつつあった掲示板とは、ほんの一端でしかなく、本当はもっと恐ろしいところなんではとね。
 で、俺が思わずそう考えてしまった理由は、氏の掲示板上にあった書き込みによるから、まずはコピーしてみるからじっくり読んでくれ。


「「「「「

おれだって楽しみだ! 投稿者:地球防衛退院2号  投稿日: 5月21日(金)20時49分21秒

  豚をおだてる人(^_^;)
  CNXさんが氏を嫌っている理由が分かる気がした。
  でもさ、いやね俺も本当はこうやって間借りしている関係上、CNXさんに肩入れしたい気持ちはあるんだよ。しかしだよ、その文章でカメゾウ氏が皮肉ってる連中って、まさにあの野良丸掲示板に集っているような奴らで、俺はもちろんだが、CNXさんもあの暗い連中がなんとも好すかねぇってところはあるんじゃないかな。
  CNXさんの気持ちもよーく分かるから、
  んー、分かるね。CNXさんがカメゾウ氏を毛嫌いする理由が。弱い者の見方CNXとしては、カメゾウ氏のあの手の文章に弱い者いじめをするいじめっ子の姿を見ていたんじゃないかな。

  木に登った豚(^o^)/
  知りすぎた男さん、
  パークワン、誉め過ぎです。←よろこんでるぜ、おい)^o^()^o^( パークワンてお世辞って意味のタイ語まで出てきちゃったよ
  一方的に叩かれていたししまる氏とか、頓珍漢な批判を受けた流浪人、理不尽な中傷に晒されていたテイタイの青木氏に味方したという履歴があるだけです。←本気にしてるよ、おい(?_?)



バカは踊る! 投稿者:地球防衛退院  投稿日: 5月21日(金)07時23分47秒

  ボケベルが鳴らなくなる日 投稿者:CNX  投稿日: 5月19日(水)16時59分43秒

  知りすぎた男さん、
  パークワン(??????)、誉め過ぎです。
  一方的に叩かれていたししまる氏とか、頓珍漢な批判を受けた流浪人、理不尽な中傷に晒さ
  れていたテイタイの青木氏に味方したという履歴があるだけです。

  ====================================

  いい加減にしろひょっとこ!
  どこまでバカをからかうつもりだ!
  おまえには人の情けがないのか!

」」」」」」
 

女を知らない男の論理?

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 5月20日(木)00時12分29秒
  カメゾウ氏の文章より

//関西在住の女性がやっているタイ関係のホームペイジがある
//そこに関してすごいなと思うのは、制作者の若い女性が、
//プロフィールとして、自分の顔写真を公開してしまっていることだ。
//なかなかの美人である。なによりも顔に険がない。おだやかないい顔をしている。
//こういう大胆なことをしてしまうと、"アラシ"というのがやってきて
//ろくでもないことを書き込まれたり写真を悪用されたりするのだが、
//このサイトは今も昔もそれとは無縁のようである。
//主催者の人徳であろうし、とてもおだやかなホームペイジだから、
//アラシも暴れがいがないのだろう。


だとさ。笑っちゃうよ。なかなかの美人だと。みんなも彼女のホームページに行って、彼女のポートレートをチェックしてみてくれ。

http://www.ceres.dti.ne.jp/~nahoko/profile.html

 へっへー、この女性、みんなは美人だと思うのかな。もっともそれは人それぞれの好みによる訳で、俺がとやかく言おうとは思わない。しかしだ、女というものを知っている男なら、この写真を見て、「美人だ」なんて早合点しないものだと俺は思うね。女ってのは、自分の一番いい顔の角度を知っている生き物だってこと。たとえば横顔で言えば、より美しく見えるのは右側からなのか左側なのかを知っているのは、女として基本的なことだ。
 その写真で言えば、彼女は自分のベストショットがどの角度からのものなのかを知っているのは当然であり、数ある写真の中から一番写りの良いのを選んでいるに違いないってことだよ。そんな女の気持ちを理解できない男は、女性経験の少ない野暮と決まっている。ベストショットでその程度なのだから、真正面から見た彼女の容姿など高が知れている筈だね。
 それにもかかわらず、「なかなかの美人である。なによりも顔に険がない。おだやかないい顔をしている。」と言い切ったカメゾウ氏は、その文章によって女にもてない自分をさらけ出してしまったようなものだな。哀れなり。
 俺はさ、カメゾウ氏を知れば、その向こう側に真田の近況を知ることができるんじゃないかと思って、インターネットでいろいろと検索をかけた後で、図書館に行って彼の著作を片っ端から見た。といっても見たのは、著者履歴の欄だけ。カメゾウ氏の写真を期待していたんだが、そのどれにも氏の容貌を見ることはできなかった。それの意味することは?容貌に関するコンプレックスが氏にはあるんじゃないかってこと。それは同時に女にもてないことを意味するわけで、それであの発言につながったと俺は読んだね。

//こういう大胆なことをしてしまうと、"アラシ"というのがやってきて
//ろくでもないことを書き込まれたり写真を悪用されたりするのだが、
//このサイトは今も昔もそれとは無縁のようである。

 ならば俺がそこへ行って荒らしてこようかな。もちろん荒らしの内容は、真田幸大に関することだ。その女は、どうやらウィンドサーフィンを趣味にしているようだから、真田がヨットを趣味としていることを引き合いに出せば、単なる荒らしではなく、真田を貶める巧妙な手口として功を奏するきがするんだがね。
 面白くなりそうだな。みんなも期待していてくれよ。
 

ボケベルが鳴らなくなる日

 投稿者:CNX  投稿日:2004年 5月19日(水)16時59分43秒
  知りすぎた男さん、
パークワン(ปากหาน)、誉め過ぎです。
一方的に叩かれていたししまる氏とか、頓珍漢な批判を受けた流浪人、理不尽な中傷に晒さ
れていたテイタイの青木氏に味方したという履歴があるだけです。考え方はカメゾウ氏とも
通ずる所があるのですが、如何せん、彼は針ネズミのような性格のため、周りを敵にまわし
てこういうことになっています。野良丸氏の掲示板も、とりたてて面白いとも思いませんが
たも氏(ししまる氏と同一人物という説がある)の恋愛語も読み続けています。野良丸の掲
示板も昨日なんか特にカキコミ量が増えて何よりです。
原則的に掲示板というのは誰でも書き込めるし誰でも読めるもので、私もデビュー当時は、
知りすぎた男さんみたいに、辛辣なカキコをしたものです。批判を受けたり、受け流され
たりしている間に、だんだんその板に合わせた形に落ち着いてきます。野良丸氏もそうで
しょうけど丸くなるわけですよ。まして、管理人という立場があるので、尚更です。

NTTドコモがペイジャー(ボケベル)事業から撤退のニュースを聞いて、裕木奈江を思い
出しました。順調にスター街道を登ってきたのに、1993年「ポケベルが鳴らなくて」と
いう緒形拳との不倫ドラマに出て、気に入らないというだけの理由で、女性週刊誌を初めと
するマスゴミの総叩きにあって、あっと言う間に消えて行ってしまいました。あれからでも、もう11年も経ってしまっています。サイトやBBSはもっと儚いものです。
http://member.nifty.ne.jp/junneko/alvi/welcome.htm

とりたてて必要でないものを造って、これを売りつけて金を毟り取っている、そういう時
代なんですね。本当はこのデフレの時代、将来に備えて金を蓄えていなくてはならないの
に、ポケベルだ、携帯電話だ、デジタル家電だ、PCだ、ソフトウェアだと物でもサービ
スでも新しいものを造って、マスゴミと共謀して、大衆に無理やり買わせているのです。
電灯とかテレビ、冷蔵庫なんかが登場したときは生活が飛躍的に変ったわけですが、ブラ
ウン管が有機ELに変ろうが大差はありません。おつむの軽い若年層はサラ金のCMとか
に踊らされて借金してまで金を捨ててくれるし、売るために規格を変えたり、ポケベルで
充分なのにサービスまで止めてしまうわけです。「古いよ、買え」ってね。
レコード、8ミリ映画、β、LD、VHDなんかその類です。ソニーにはダブルカセット
という売り出しと同時に廃盤になった規格もありました。消費主義(特にアメリカの)に
迎合したのがこの日本ですが、環境を破壊して消費に走って、国家規模で、外資(他人の
褌)を使って、ものを造って、政治(社会主義)で為替を縛って、法律を囲って、富を誘
導しているのが支那というのまで現れました。
 

弱いものの見方CNX、なんだねきっと

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 5月18日(火)22時38分49秒
   ググると出てくるっていうカメゾウ氏の文を読んでみたよ。何度も書き込んだことだが、俺はカメゾウ氏を知らない。ただ、真田をネット上に探していた関係で、氏を断片的には知った。といっても氏がインターネットに公開している文章の多くは、読んじゃいない。まぁ、氏がパスワード設定して読者を限定しているから、読みたくても読めないんだが、なるほどね、ググルと読めるものもあるってことか。初めて知ったよ、そんなこと。
 で、読んでみて、CNXさんが氏を嫌っている理由が分かる気がした。でもさ、いやね俺も本当はこうやって間借りしている関係上、CNXさんに肩入れしたい気持ちはあるんだよ。しかしだよ、その文章でカメゾウ氏が皮肉ってる連中って、まさにあの野良丸掲示板に集っているような奴らで、俺はもちろんだが、CNXさんもあの暗い連中がなんとも好すかねぇってところはあるんじゃないかな。ということはだよ、カメゾウ氏がその文章中で述べていたことは、俺もCNXさんもどこかでうなづいてしまうようなことなんじゃないだろうか。
 いやね、だからって氏をかばってるとか、そんなことは全然ないんだよ。ただ俺は、公平に何でも見たい人間なのさ。俺がこうやって書き込むようになって以来、俺がやってきたことは真田をこき下ろすことだったわけだが、それは他人からは、ただたんに感情論としか思われていないんじゃないだろうか。たとえば、俺が真田をこうまでも憎んでいるのは、旅先で奴に自分の女でも寝取られたからなんじゃないの?なんて皮肉りたい読者もいるんじゃないかと思っているよ。しかしね、こうやって公平に物事を見れる男でもあるってことさ。だから、これを読んでいる人たちには、俺という人間は感情的になって闇雲に真田を攻撃しているんじゃなく、それにはそれなりの理由があることを分かってほしいんだよ。
 でもだよ、CNXさんの気持ちもよーく分かるから、ちょっとばかりその辺のことを言うと、カメゾウ氏は評論家的なものが染み付いた皮肉屋ってところかな。競馬関係のライターなんだろ?俺は競馬を知らないけどさ、想像するところでは、競馬ライターって奴は、レースの予想をしたり、馬に関する薀蓄や、それにまつわるドラマをぐだぐだと知った口をたたくってところかな。だからさ、自然に評論家的な作法が身についてしまうんじゃないかと思うよ。評論って言うのはさ、皮肉が効いて辛らつなことをいうほど人目をひきつけ、大衆受けするんだよな。評論家って奴らは、学者と違って真実は追わないんだ。評論の肝心なことは、真実の探求よりも、世間一般が思いもしないことをそれらしく皮肉を込めて表現することなんだな。とくに権力をこき下ろすのが一番だ。権力と対峙しながら鋭い筆致を保てるのが評論家としてやっていく条件だと俺は思うね。
 しかしカメゾウ氏は、そんな横柄な評論家口調で、権力や強大な存在を対象とせずに、ちっぽけな海外逃亡組みをちくりとやってしまった。んー、分かるね。CNXさんがカメゾウ氏を毛嫌いする理由が。弱い者の見方CNXとしては、カメゾウ氏のあの手の文章に弱い者いじめをするいじめっ子の姿を見ていたんじゃないかな。いわば剣よりも強いペンを振りかざすいじめっ子、それがカメゾウ氏だ。違う?
 俺は、真田のお間抜け小説「メカゾウちぇんまい日記」は、あくびをしながら読んだが、カメゾウ氏の「チェンマイ日記」は残念ながら読んでいない。しかしその内容は想像がつく。グーグルのキャッシュにあったその文章のように、チェンマイに集まる、というか日本から尻尾を巻いて逃げてきた、弱い連中を思いやりのかけらも見せずにこき下ろした滞在記ってところなんじゃないかな。



カメゾウ氏の文章が読めるグーグルキャッシュ
http://www.google.co.jp/search?q=cache:poniDlshU14J:wing.zero.ad.jp/~zbi71834/t-pom.htm+%E9%A1%95%E5%BE%AE%E9%8F%A1%E3%82%92%E8%A6%97%E3%81%84%E3%81%A6%E5%BE%AE%E7%94%9F%E7%89%A9%E3%81%AE%E5%A2%97%E6%AE%96+%E9%9B%BB%E6%9F%B1%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%97%E3%81%A3%E3%81%93%E3%82%92%E3%81%8B%E3%81%91%E3%82%8B%E7%8A%AC&hl=ja


カメゾウ氏のチェンマイ日記の断片が見えてくる、真田幸弘の間抜けな小説「メカゾウちぇんまい日記」
http://syosetsu.at.infoseek.co.jp/midoriko/hamtaro/



ところで、カメゾウ氏のチェンマイ日記が読めるアーカイブなりキャッシュのありかを知っている人がいたら、アドレス貼り付けといてくれ。
 

だよねぇー

 投稿者:知りすぎた男メール  投稿日:2004年 5月17日(月)00時42分25秒
  //知りすぎた男さんが野良丸掲示板にカキコしただけで、
//ほとんど、たも氏の個人日記状態だったあの板が活性化しました。
//本来なら知り過ぎた男さんに感謝しても良いと思います。

でしょ。でしょ。でしょ、、、いやー俺は、最近になってようやく掲示板というものが分かってきたんだけどさ、なんていうかそのことにはあんまり触れたくない心境なんだ。というのは、俺の敵ハム太郎(真田幸大)が、俺が思ったことを既にかめぞう氏の掲示板上で言ってやがるからなんだ。

//カウンターの上がり具合を注目すれば分かることだが、
//みんな期待しているんだぜ。ペンとペンによる丁々発止の斬り合いをな。
//よく掲示板上では、「仲間内で和気藹々と情報交換している
//だけなんですから荒らさないでください」とか
//「ここは議論する場ではありません。議論したければ他でやってください」
//なんてきれい事をほざく奴は多いけど、結局、
//傍観者は掲示板が荒れる状況を楽しみにしているんだよ。

 だとさ。
 こいつの言うことに同意するのは、なんていうか、不愉快なんだよ。だけどさ、今まで出てこなかった奴がしゃしゃり出てきたりと、急に盛り上がるんだよな。どこの掲示板もね。でも俺がここで言いたいことは、「真田の言うことは正しい」なんてことじゃない。俺が言いたいのは、真田って野郎は、「人の心を読むのがうまい野郎で、つまりは詐欺師の気質を有してる」ってことだ。これで、奴がほんまもんの詐欺師野郎だって信じてくれるよな。これを読んでる諸君!
 真田は昔から、読心術に長けていて、人の行動の先を行ったり裏をかいたりする野郎だった。俺がこんな風に書き込むようになっても奴はぜんぜん出てこない。俺の意図を読んでいるんだろうな。それで、奴は奴なりに何らかの結論に達したはずだ。それが何かは俺には分からないが、恐らく俺の裏をかこうと計略を練っている最中なんだろうな。だがよ、真田、俺の意図なんかお前に読めっこないぜ。どうしてか分かるか?俺には裏がないってこと。お前にこざかしいやり口は通用しないことを知っているからこそ、真正面から勝負しているんだよ。下手に俺の意図を読もうとすると、かえって墓穴を掘ることになる。それが楽しみだがな。
 それと、真田がかめぞう氏の掲示板に書き込んだ内容は笑えるものばかりだな。たとえばさ、なんだよあの書き込みは?「なんとなく雑文」と題したあれだよ。お前が町で配っているちらしを受け取るたまかよ。俺は考えたね。何でこんな下らないことをぐだぐだといっていたのか。それで俺が出した結論は、要するにお前はかめぞう氏や彼に群がる連中に自分がナイーブな人間だとアピールでもして、薬にも毒にもならない人間だと思わせようとしていたんだろう?それで、かめぞう氏らを油断させて近づき、最後の最後で大どんでん返しを演じ、いつものように騙そうという魂胆だったんだよな。でも、何を騙そうとたくらんでいたんだ?あれ?お前はいつからかたぎに手を出すようになったんだ?バブルがはじけて以来、お前もせっぱ詰まっているとか?いや、それはないよな。相当ため込んだらしいじゃないか。もちろんその中には、俺の金も含まれている筈だ。そうじゃなけりゃ、クルーザーなんか乗り回していられないよな。知ってるぜ、ちょっと前はフィリピンのハーヴァーに置いていたんだよな。それがあの火災事故(俺はその犯人を知ってるぜ。お前はとにかく敵が多いんだよ。誰が犯人か知りたければ、俺に連絡をよこせよな。教えてやってもいいぜ。もちろんそのときはしっかりお礼をしてもらうがな)に遭遇して、お前はニュージーランドへ移ったらしいじゃないかよ。それも逃げるようにして。惨めなもんだぜ。口ほどにもねぇ。俺はお前がどこの港に船を移したか、探っているんだよ。もちろん、それが分かったらお前の敵に情報を売るつもりだ。きっと高く売れることだろうな。
 

カメゾウ論 その3

 投稿者:CNX  投稿日:2004年 5月13日(木)10時51分48秒
  知りすぎた男さん
知りすぎた男さんが野良丸掲示板にカキコしただけで、ほとんど、たも氏の個人日記状態
だったあの板が活性化しました。本来なら知り過ぎた男さんに感謝しても良いと思います。

>【油来亀造 YUKI KAMEZO】
カメゾウ氏とはそもそも敵対どころか友好関係にあったのだが、彼の性格のなせる技か、名
指しはしていないが明らかに当方とわかる誹謗中傷を、確認しただけでも数回繰り返され、
こういう残念な状況に至っている。彼は競馬ライターだったのだが、須田鷹男というやはり
癖のある東大経済学部卒のライターと罵倒を繰り返して競馬サークルを追放されたというの
は競馬関連では有名な話らしい。タイ関連でも「ししまる」事件、「流浪人」事件、そして
「T-thai」事件とタイ関連、競馬関連のネット界では有名人である。ググれば出てく
る。当方への誹謗中傷はアーカイブとして残っている。カメゾウ掲示板にシッタカ君がカキ
コしているが、全くの見当外れで、「変質者」だとか「キチガイ」だとか罵倒して、言葉を
操って飯を食っている者の書く文章とは思えない表現をしている。そもそも、彼と決裂した
のは、この「T-thai」事件からである。

一般的に他者をどう捉えているかは、下の2ちゃんねるのコピペを読んでみて頂きたい。今
でもググれば出てくる(ただし、キャッシュでしか見れない)。亀氏はパスワードの奥に潜
んでいて表に出てこないし、パスワードを貰うには個人情報をあのカメゾウ氏に晒さなけれ
ばならないようなので、普通の神経の人は中に入っていないようである。推定10人程度。
入り口のカウンターの回り具合で推定できる。当方は親切にも今までも何度もセキュリィー
の脆弱性を指摘したのだが、感謝されるどころか罵倒で返ってきた。彼には人間性だけでは
なく、ネットの管理とか掲示板の社会的責任だとか、中学生でも知っているネットの常識が
欠落している。

彼は本を出している公人なのだから、論理的に批判されても誹謗中傷には当たらないので、
勘違いしないように。

かつて公開していた彼の日記を読むと、チエンマイ関連のサイトに手当たり次第にメイルを
送っていた。自分が寂しい男ではないか。まるで今の年金未納兄弟のように、他人に厳しく
自分にはとことん優しいようだ。

>557 :力〆ゾウ :04/04/16 23:26 ID:y03isWmt
>  「顕微鏡を覗いて微生物の増殖」、「電柱におしっこをかける犬」でググっ
>  てみれ。この人どこか壊れてまつ。
>
>  >私が〃お気に入り〃に入れたタイ関係のホームペイジや、新しくタイ関係のホ
>  >ームペイジを立ち上げた人たちが、次々と連結して「ともだちの輪」を広げて
>  >ゆくのを見ているのは、顕微鏡を覗いて微生物の増殖を見ているような、不思
>  >議な感銘だった。
>  >自分のホームペイジを立ち上げた彼らは、さらに同好の士を求め、タイ関係の
>  >ホームペイジを訪ね歩く。気に入ったところがあったら、そこの掲示板に書き
>  >込み、自分のホームペイジアドレスも書き込んで宣伝してくる。まあ、電柱に
>  >おしっこをかける犬のマーキングのようなものであろうか。そういう彼らが訪
>  >ね歩く電柱の一本に、いやホームペイジのひとつに、
>
>  >ネットで知り合ったタイ関係のホームペイジ主催者たちが、オフ会というのか、
>  >五人ほど集まって酒を飲んだらしい。そのときの感想として、そこの掲示板に
>  >「考えてみると五人全員がWebMasterである。これはすごいことだ」と、ちょっ
>  >と自慢げに書いてあったのである。私はそれを読んだとき、思わず「たんに寂
>  >しい男が五人集まっただけじゃないの」と意地悪いひとりつっこみを入れてし
>  >まった。
 

レンタル掲示板
/9