投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


坑口

 投稿者:☆ほし  投稿日:2017年11月29日(水)10時30分55秒
返信・引用
  ねこ村さま

その坑口らしいもののことは、磯崎さんに話したことがあります。
見に行ってみようと言ってたように記憶してますが。

その場所へは、沢と沢の間を藪こぎです。もう10年くらいまえの話ですが。
何かわかりましたら、教えてください。
 

Re: 縄地鉱山跡

 投稿者:ねこ村  投稿日:2017年11月29日(水)04時48分4秒
返信・引用
  > No.3270[元記事へ]

☆ほしさんへのお返事です

>その脇に一軒家がありますが、その家の対岸に立派な坑口があり、扉には鍵がかかってました。
 その線路は見たことがあるような気がしますが、抗口があるとは知りませんでした。
 見に行ってみようかな。
 

縄地鉱山跡

 投稿者:☆ほし  投稿日:2017年11月25日(土)15時42分34秒
返信・引用
  ねこ村さま

縄地鉱山跡の事務所は取り壊されてしまったのですね。
白浜(板戸)は、毎年のように訪れてました。鉱山があったとは全く知らず、山に入ったら“陥没危険”の標識があり、鉱山跡であることを初めて知りました。
当時は、レールやひっくり返ったトロッコ、鉱山住宅なども残っていて記憶に残ってます。

板戸から縄地への旧道を300mくらい入るとヘヤピンになり、その脇に一軒家がありますが、その家の対岸に立派な坑口があり、扉には鍵がかかってました。
もしかすると、ここから線路が敷かれていたのかもしれません。このヘヤピンの道ばたには錆びたレールが転がってますね。

時間のたつのは早いものです。
 

Re: 縄地鉱山跡

 投稿者:ねこ村  投稿日:2017年11月25日(土)04時44分43秒
返信・引用
  > No.3268[元記事へ]

☆ほしさんへのお返事です

 書き込みありがとうございます。
縄地鉱山跡は、事務所が取り壊され、エアコンプレッサー小屋も撤去されたようです。
昭和の遺産がまた消えました。人々の記憶からも、少しずつ消えていくのでしょうね。


> 縄地鉱山跡、懐かしいです。10年くらい前まで、毎年白浜に行ってました。泊まるのは、白水→太郎→竜宮荘と変わりましたが、とくに白水にはお世話になりました。鈴木さん夫婦も亡くなられたようですが、今はどうなってるのでしょう。同行された磯崎さんは、試験場のHさんですよね。また白浜に戻られたのかな?
 

縄地鉱山跡

 投稿者:☆ほし  投稿日:2017年10月22日(日)22時53分18秒
返信・引用
  縄地鉱山跡、懐かしいです。10年くらい前まで、毎年白浜に行ってました。泊まるのは、白水→太郎→竜宮荘と変わりましたが、とくに白水にはお世話になりました。鈴木さん夫婦も亡くなられたようですが、今はどうなってるのでしょう。同行された磯崎さんは、試験場のHさんですよね。また白浜に戻られたのかな?  

Re: 身動き不自由

 投稿者:neko  投稿日:2017年10月 2日(月)02時27分24秒
返信・引用
  らいおん@め多忙さんへのお返事です

 神社の裏道って、どこか不思議な世界に通じているような気がするんですよね~。
千と千尋の世界です。

> お盆休みではなく、母当番のために休んだ先週末に、行ってみたが。
> 参道以外に山道があるんだが、どこまでいけることか。
> この時期、こういうところを歩きたいとは思わない。
> 涼しいところへ行きたいです。
 

身動き不自由

 投稿者:らいおん@め多忙  投稿日:2017年 8月23日(水)12時25分43秒
返信・引用
  お盆休みではなく、母当番のために休んだ先週末に、行ってみたが。
参道以外に山道があるんだが、どこまでいけることか。
この時期、こういうところを歩きたいとは思わない。
涼しいところへ行きたいです。
 

Re: 龍爪山

 投稿者:neko  投稿日:2017年 5月20日(土)05時52分5秒
返信・引用
  > No.3264[元記事へ]

kさんへのお返事です

遠路はるばるお疲れ様でした!
バイクの旅もいいですよね~。ちょっと羨ましいです。


> 今後の武運長久(コケナイように)を願い、下駄代わりのバイクをお供に行ってまいりました。
> 青羽根龍爪山 5/4
> http://kodou.lolipop.jp/oabaneryusou.htm
 

龍爪山

 投稿者:k  投稿日:2017年 5月 9日(火)18時55分47秒
返信・引用
  今後の武運長久(コケナイように)を願い、下駄代わりのバイクをお供に行ってまいりました。
青羽根龍爪山 5/4
http://kodou.lolipop.jp/oabaneryusou.htm
 

田牛から吉佐美への古道

 投稿者:ねこ村  投稿日:2017年 5月 4日(木)23時28分36秒
返信・引用
   今年度は、6年間の沈黙を破って古道探索を再開する予定。
 4月末、鈍った足のリハビリを兼ねて、下田市田牛(とうじ)の古道を探索してきた。
実は稲葉ホースファミリーの近くには三界萬霊塔が建っていて、その側面に「右下田道 左手石道」と刻まれているのだ。
これは探して行くしかないでしょう。

 稲葉ホースファミリー前の三叉路を下田方面に200mほど進むと、右に朽ちた電信柱と、カーブミラーがある。
実は古い電信柱というのは古道を探す時のヒントになる。道に沿って電線を引いていた時代があったからだ。

 古道は現在の車道によって削られているので、カーブミラーを目印に南側の谷筋に入る。
そこは道ではないので、すぐに右手の高みに登ろう。
するとU字型(「掘り割り」というらしい)をした古道が現れる。

 しばらくは緩やかな上りだが、稜線が近くになるとつづら折りの坂になり、古道の雰囲気百店満点の道となる。
そして再び緩やかな上りになった古道は、見事な切り通しを大地に刻んで歩く者を待っている。
傍らには古い電線の碍子が落ちている。それほど標高は高くないと思うが、お地蔵様もおられることから、
村境の大切な峠として扱われていたのだろう。

 下り(吉佐美側)は、荒れた竹藪を行く。竹林とは手入れをしないとかくも暗く荒れてしまうのか。
倒木ならぬ倒竹を踏みつけたりくぐったりして行くしかない。

 どこに出るのだろう? と思いながら歩き続けると、碁石が浜分譲地の裏を通る管理道に出た。
田牛-吉佐美の古道は、短いが一級品の古道なのだ。
 

Re: お元気?

 投稿者:ねこ村  投稿日:2017年 4月16日(日)19時27分46秒
返信・引用
  > No.3259[元記事へ]

せわきさんへのお返事です

> 鈴木さん皆さんお元気でしょうか。
> 今日は冷たい雨が一日中降っていましたが、昨日の飯田橋です。
> 今年はぜひお会いしたいと思います。

せわきさん、ご投稿ありがとうございます。
7年ほど前、東京桜巡りをしたことが思い出されました。
そう、今年は会いたいですね。一緒に登山なんかいかがでしょうか~。
 

Re: それならば、

 投稿者:ねこ村  投稿日:2017年 4月16日(日)19時26分19秒
返信・引用
  > No.3260[元記事へ]

らいおん@め多忙さんへのお返事です

ご投稿ありがとうございます。
先週の土日は雨のため、ドライブに行けず、残念。
今日、やっと行ってきました。もう散り始めてました。

あひる号は2週間でバッテリーが上がります。とほほ。

> 本日の雨の下田と、松崎花畑w
 

それならば、

 投稿者:らいおん@め多忙  投稿日:2017年 4月11日(火)20時02分17秒
返信・引用
  本日の雨の下田と、松崎花畑w。  

お元気?

 投稿者:せわき  投稿日:2017年 4月11日(火)18時37分58秒
返信・引用
  鈴木さん皆さんお元気でしょうか。
今日は冷たい雨が一日中降っていましたが、昨日の飯田橋です。
今年はぜひお会いしたいと思います。
 

Re: 旧弥陀トンネルからの景色

 投稿者:ねこ村  投稿日:2017年 4月 1日(土)07時31分40秒
返信・引用
  らいおん@め多忙さんへのお返事です

ご返信ありがとうございます。

> あそこ、好きです。
> 倍苦とかチャリのときはあそこを通ります。

そうだ! 私も自転車あるんだった! 4月になったら走ってみます。
 

Re: 旧弥陀トンネルからの景色

 投稿者:らいおん@め多忙  投稿日:2017年 3月22日(水)20時08分20秒
返信・引用
  あそこ、好きです。

倍苦とかチャリのときはあそこを通ります。
 

旧弥陀トンネルからの景色

 投稿者:ねこ村  投稿日:2017年 3月18日(土)17時19分40秒
返信・引用
   南伊豆町の手石と小稲の境に、弥陀トンネルがあります。車で通りすぎると気づきにくいですが、弥陀トンネルに並行して旧弥陀トンネルがあります。
 赤煉瓦で作られたこの隧道は、かつて、中に入ると出口から海が見え、入り口を振り返っても海が見える、というトンネルでした(今は小稲側に防潮堤が作られたために、海は見えなくなりました)。
昔、路線バスがガイドさんを乗せてこの走っていた頃、このトンネルに入るとガイドさんが「トンネルに入りますと、出口を見ても、入り口を振り返っても、海が見える珍しいトンネルです。」と案内していたそうです。
 今でも手石側を見ると青い海が見えます。ちょっとした観光資源だと思うのですが、どうでしょうか。
 

河津桜が満開!

 投稿者:ねこ村  投稿日:2017年 2月23日(木)05時23分22秒
返信・引用
   早樹の土曜日に、河津桜を見てきました。
花は満開なのに、お客さんの数はピーク前のようだったので、歩きやすかったです。

 峰の友人宅に車を止めて、南小学校まで歩きました。
途中で、イノシシ鍋とサザエの壺焼き(各300円)を食べて、はしばの草餅(300円)を買いました。

 残念だったのは、去年と一昨年出店していた「韓国の伝統菓子クルタレ」の彼らがいなかったこと。
あと、モクズガニ定食500円もやってなかったな。
今週末は南の桜と菜の花祭りに行きます。
 

Re: 何年ぶりかの探索(3)

 投稿者:ねこ村  投稿日:2017年 2月23日(木)05時18分4秒
返信・引用
  > No.3253[元記事へ]

磯崎さんへのお返事です

 インクライン! 木々に埋もれた産業遺産ですね。
積極的に探索していた7年前を思い出します。

> 最後は、寝姿山のカリ鉱山インクラインを登りました。
>
> ある意味、下田の産業遺産ですね。
 

何年ぶりかの探索(3)

 投稿者:磯崎  投稿日:2017年 2月21日(火)00時08分27秒
返信・引用
  最後は、寝姿山のカリ鉱山インクラインを登りました。

ある意味、下田の産業遺産ですね。
 

/118