teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


市内大会

 投稿者:国分高校応援団  投稿日:2017年 6月 6日(火)21時22分19秒
  二連覇おめでとう。24得点とは・・・。

三年生は最後の夏になります。春の分まで夏を満喫出来る事を祈ります。
残り時間は限られているので、悔いの残らないように頑張れ!
 
 

負けないでグー

 投稿者:元吹奏楽部保護者  投稿日:2016年 7月10日(日)10時20分51秒
  千葉県大会、いよいよ始まりましたね。開会式入場行進、立派でした。選手の皆さんを大勢の方々が見守り応援しています。悔いの無いよう戦って下さいね。頑張れ!  

おめでとう!

 投稿者:国分卒業生と在校生の父母  投稿日:2016年 6月 5日(日)14時53分58秒
  バタバタした試合の中で、序盤は常にリードされている状況の中、中盤からは形勢逆転で
の優勝、先ずはおめでとう!

夏は今日のような試合展開なら間違いなく、コールド負けです。

県大会は強打者揃いです。

国分は打って勝たなくてはいけないチームです。

残りの時間の過ごし方が、夏の結果となります。

頑張って!!
 

どなたか写真などを

 投稿者:HP管理人  投稿日:2016年 6月 4日(土)22時45分55秒
  HP管理人です。
私は、市川在住ではないので、試合内容がまったくわかりません。
どなたか写真などをおくってもらえませんか?

comuson2001@yahoo.co.jp  へお願いします。
 

素晴らしい

 投稿者:国分卒業生と在校生の父母  投稿日:2016年 6月 4日(土)21時19分44秒
  前回メールした通り、決勝までたどり着きました。

シード高の姿になった?ような気がします。

3試合全て二桁得点は凄いです。

後一歩で3試合連続コールドでしたが、そう簡単にはいきませんね。

明日も期待しています。
 

市内大会

 投稿者:国分卒業生と在校生の父母  投稿日:2016年 5月24日(火)00時20分45秒
  夏大Cシードおめでとう!夏のシードは初?

週末からの市内大会は、夏のシード校として最低でも決勝戦進出、優勝を目指して頑張ってください。

県大ベスト8やCシード獲得と 国分=野球部のイメージがついてきました。
頑張ってください。

 

応援してます

 投稿者:大昔のOB  投稿日:2016年 4月25日(月)21時54分55秒
  春の県大会でベスト16まで進んだみたいですね!
もしかして夏の大会はシード入りでしょうか。
少なくとも自分が知る限り(30年くらい)シード入りした記憶はないので、期待しています。
頑張ってください!!
 

緒戦突破おめでとうございます!

 投稿者:山北 大治  投稿日:2015年 7月15日(水)07時25分43秒
  自分は10年前の卒業生です。
今はバットの代わりにハサミを持ち、都内で美容師をしてます。
去年の快進撃も素晴らしく、千葉経済戦はたまたま休みだったのでテレビで観戦してましたが途中で打ち切られるという何ともナンセンスな千葉テレビ…
次は拓大紅陵戦ですね!
お客様に、息子さんが拓大の野球部だって方がいらっしゃって、ついこの前に、うまく勝ち進めば3回戦で当たりますね~なんて話してました笑
それでも、勝ってください!
自分は仕事ですが、陰ながら応援してます!

http://www.ash-hair.com/m/salondata/detail/235/

 

(無題)

 投稿者:OB  投稿日:2014年 7月26日(土)18時15分55秒
  準々決勝で対戦した東海大望洋が甲子園出場を決めましたね。
その決勝戦を中継したNHKの放送の中で、
また、閉会式の挨拶の中でも、
国分高校の健闘を讃えていましたね。
我々OBまでも熱狂させてくれて、本当にありがとう。
 

感謝.感謝です。

 投稿者:45期野球部保護者OB  投稿日:2014年 7月26日(土)15時00分52秒
  国分高校野球部の皆さん.ベスト8進出おめでとうございます。本当に.本当に素晴らしい試合の数々.スタンドで応援していて多くの感動をもらいました。苦しい練習を乗り越えてここまでこられた選手諸君に改めて拍手を送りたいと思います。さて.保護者OBの高田様.いつもいつも素晴らしい写真とコメントをお送り頂き本当に有難うございます。ずっとずっと長い間.国分野球部を応援してこられた高田様にとって今回の快挙は待ちに待っていたものであろうと推察致します。
これからも国分球児への応援宜しくお願い致します。県立高校NO1を達成した国分野球部の皆さん次は千葉県NO1への挑戦がはじまります。ぜひもう一度.夢と感動を与えてください。フレー.フレー国分。
 

感動をありがとう!

 投稿者:元国分高校野球部マネ  投稿日:2014年 7月24日(木)20時01分51秒
  本当に本当に素晴らしい試合をありがとう。
部員さんもマネさんも、お父さんもお母さんも、そして監督さんも、本当にお疲れ様でした。
卒業して10年以上も経つのに、今回の国分の快挙のおかげで、野球部の同期はもちろん、先輩後輩とまた心が一つになりました。
普段連絡をとっていなかった当時のクラスメートが、国分野球部すごいね!って連絡をくれました。
高校野球って、こんなにも人の心を動かすんだなぁって、本当に感激したし、当時そこにいられたこと、国分高校野球部のOBであることを、改めて嬉しく誇りに思いました。
 

がんばったね~拍手

 投稿者:吹奏楽部保護者  投稿日:2014年 7月24日(木)10時14分2秒
  “国分旋風”の文字をあちこちで見るたび、30年前の夏の大会“みちのく旋風”を懐かしく思い出しました。
選手の皆さん、連日の暑さの中での試合にもかかわらず、ホントに頑張っているのが伝わってきて目頭が熱くなりました。
そんな姿を見守る保護者の方々、我が子の体調管理にどれだけ尽力なさった事でしょう。

吹奏楽部で応援に参加した娘は、昨日、「(選手の)みんな笑顔で良かった~^▽^」と言っていました。

中継があった試合は全て録画してあります。ベスト16の時の校歌斉唱はホントに嬉しそうでしたね。
また、毎試合前後の審判の方々への挨拶も立派でした。

公立高校ナンバーワンNo.1!、そして創立50周年のこの年にベスト8、ホントにおめでとう~クラッカー
 

お疲れ様でした!

 投稿者:10年以上前のマネ  投稿日:2014年 7月24日(木)08時23分55秒
  ベスト8おめでとう!!
昨日の試合は残念でしたが、公立校トップのベスト8、凄いことですね。
私たち卒業生もみんな、躍進に心踊らせて熱い気持ちで応援してました。
昨日の新聞、どれも大きな記事で活躍を報じてましたね。
国分のことをよく知らない人たちの心までも動かした昨日の試合は、私にとっても忘れられない試合になりました。
今でも胸が熱くて興奮から醒めないです。
ありがとう!
父母の方々もお疲れ様でした!
これからもずっと応援してます!!
 

(無題)

 投稿者:むかしむかしのOB  投稿日:2014年 7月23日(水)21時07分56秒
  お疲れ様でした。
準々決勝は残念な結果でしたが、
初のベスト8入り、そして、公立高校トップ。
これは凄い、本当に素晴らしい成績です。

ハラハラドキドキのミラクルな戦いは、
「甲子園、ひょっとしたら、行っちゃう?」と
夢のまた夢と思っていた甲子園を思い浮かべました。

この大会を糧として、さらなる飛躍を期待しております。
3年生は次は受験頑張ってくださいね!
 

お疲れ様でした。

 投稿者:17年前のOB  投稿日:2014年 7月23日(水)16時46分44秒
  この夏十分に国分旋風巻き起こせたんじゃないでしょうか!!
昨日の千葉経済との試合本当に感動しましたよ。
何年ぶりにいい夢見れました。
3年生は本当にお疲れ様でした。
下級生の皆さんは来年また期待しています。
 

感動をありがとう!

 投稿者:22年前のショートストップ  投稿日:2014年 7月23日(水)16時38分31秒
  夏の大会、本当にお疲れ様でした。
今日はエースを登板させない中、投手陣がよく踏ん張ったと思います。
この夏、皆さんにはたくさんの感動と勇気をもらいました。
ありがとうございます。

エースが2年生なので、秋の大会以降も期待していますが、
まずはゆっくり休んで夏の大会の疲れを取って下さい。
21世紀枠、期待しています!!
 

夢のゴールは近い!

 投稿者:応援してます!  投稿日:2014年 7月23日(水)11時17分22秒
  自分は銚子の人間です。(県立銚子は負けてしまいましたが。)公立高校の意地をみせ、是非甲子園に行ってください!球場には行けませんが、陰ながら応援しています。夢のゴールは近い!ガンバレ国分!  

試合には感動で涙がでました

 投稿者:小出 貴之  投稿日:2014年 7月23日(水)09時05分27秒
  私は市原市在住の高校野球ファンです。
昨日の試合には感動で涙がでました。
市原市の東海大望洋も頑張っていますが
是非決勝戦で戦う姿を拝見したいと思っています。
がんばって下さい。
 

立派!今日も頑張れ!

 投稿者:ちょっとむかしのOBの父  投稿日:2014年 7月23日(水)08時57分16秒
  県立高校、唯一のbest8

試合は観られないけど、よく打つみたいですね。
あの狭いグランドで良くやってると思います。

野球は心理戦。
自分達のペースで、試合が出来る事を祈ってます。

そして、吹奏楽部、チアの為にも頑張れ!

国分、ファイト!

 

Best8おめでとう

 投稿者:昔の主将  投稿日:2014年 7月23日(水)07時13分12秒
  8強入りおめでとうございます。それにしても凄い試合でしたね。
ここまで来たら後は優勝あるのみ。
目の前の一球に集中して、栄冠を勝ち取ってください。
君たちなら出来る。
 

おめでとう&明日もガンバレ!

 投稿者:22年前のショートストップ  投稿日:2014年 7月23日(水)00時37分17秒
  遠く福岡からネットで毎試合チェックしています。
今日の試合は本当にハラハラしながらパソコンの前でスコアボードを見ていました。
Cシードに続いてAシードまで撃破するなんて本当に凄いことです。

明日はいよいよ準々決勝ですが、選手たちの疲労が心配です。
でも、今大会の勢いがあればきっと大丈夫!
勝負に絶対はないことは今日、君たち自身が証明してみせたし、
人間の可能性は無限大だと思っています!
明日の試合も福岡から応援してます。
ガンバレ!!
 

ベスト8入りおめでとうございます

 投稿者:元国分野球部女子マネージャー  投稿日:2014年 7月23日(水)00時07分45秒
  興奮冷めやらぬ中、カキコミ致します。
中継見てハラハラドキドキしながらみていました。
粘りに粘り、全員野球で勝ち取ったベスト8おめでとうございます!
あしたも国分旋風巻き起こしてがんばってくださいね!
 

驚きました

 投稿者:28期生  投稿日:2014年 7月22日(火)22時33分50秒
  国分がこんなに勝ち進むとは!
テレビ見て鳥肌たちました;^_^)
次も国分旋風まきおこしちゃってください!!!応援しています。
 

おめでとう!

 投稿者:おめでとう!  投稿日:2014年 7月22日(火)20時57分39秒
  おめでとう!  おめでとう!  おめでとう!








 

おめでとうございます

 投稿者:息子が国分野球部のOB  投稿日:2014年 7月22日(火)20時56分19秒
  息子が国分野球部のOBです。

テレビの前で大興奮してしまいました。
粘り強く最後まで集中力を切らさず、ほんとうに素晴らしい試合でした。
疲れもたまっていると思いますが、さらに上を目指して頑張って下さい。
応援しています。

 

本当におめでとうございます

 投稿者:八千代東OB  投稿日:2014年 7月22日(火)20時54分28秒
  お疲れ様でした。

今日の試合を観てました。
残念ながら放送は途中で終わりましたが、チバテレのサイトで経過を追ってました。

8回の6点で決まりそうでしたが、流石に粘られました。
本当におめでとうございます。

私は八千代東OBです。
ミラクルと呼ばれて甲子園に行きましたが、国分高校様も続いて欲しいです。

素晴らしいゲームをありがとうございました。
我が母校の様に嬉しくてメールさせて頂きました。

ピッチャーの疲れ具合が気になりますが、甲子園目指してください。
応援します!!

ほんとに素晴らしいゲームをありがとうございました。
返信返信 転送転送 移動 印刷 迷惑メール 削除 操作 次前
 

(無題)

 投稿者:高校野球ファンより  投稿日:2014年 7月22日(火)20時53分11秒
  勝利おめでとうございます
心から感動しました
疲れていると思いますが
頂点目指して
頑張ってください
          高校野球ファンより
 

(無題)

 投稿者:むかしむかしのOB  投稿日:2014年 7月20日(日)18時03分34秒
  ベスト16、おめでとうございます!
ケーブルテレビのLIVE中継で観戦しました。
9回裏の攻撃は見ていてしびれました。
最後まで諦めない姿勢が勝利を呼び込むんだなぁと、
あらためて国分野球部の底力を見ました。
次は、QVCマリンでAシードの千葉経大附属との一戦ですね。
一丸野球で旋風を巻き起こしてください。
 

(無題)

 投稿者:中昔のOB  投稿日:2014年 7月20日(日)15時04分30秒
  4回戦突破おめでとう!
甲子園まで、後、何勝?
 

(無題)

 投稿者:大昔のOB  投稿日:2014年 7月16日(水)05時58分57秒
  初戦突破おめでとう!
スコアを見ると見事な逆転勝ちだったようですね。
次の試合もがんばってください。
 

ナイスゲーム!

 投稿者:通りすがりのOB  投稿日:2013年 7月16日(火)20時34分25秒
  昨日、海の日にふさわしい、海水浴に行きたくなるような真昼の猛暑の中でのゲーム。
肌を突き刺す日差しに負けないくらい、試合内容も熱かった!
芝工柏に逆転された直後のラッキーセブンの攻撃、
2アウト、ランナー無しからの再逆転劇には応援席全体が歓喜して躍り上がっていました。

投げては、エースが力投で完投勝利!
変化球にはキレがあって、真っ直ぐも走っていました。
打っては、4番が4打数3安打2打点と大活躍!
チーム全体でも10安打を放ち、機動力も光りました。

明日の三回戦は、Cシードの拓大江陵と対戦ですね。
ガチンコで強豪と戦えるなんて最高じゃないですか!
引き続き全員野球、一丸野球で金星を期待しています。
頑張れ! 国分高校野球部!!
 

次もがんばって!

 投稿者:大昔のOB  投稿日:2013年 7月16日(火)00時19分51秒
  初戦突破おめでとうございます。
今日は久しぶりに球場まで応援に行きました。すごく良いゲームでしたね。
次も頑張ってください!!
 

やったね

 投稿者:中昔のOB  投稿日:2013年 7月15日(月)17時25分34秒
  一回戦 突破おめでとう
情報?
 

(無題)

 投稿者:大昔のOB  投稿日:2013年 7月 8日(月)23時31分10秒
  3年生はいよいよ最後の夏ですね。
がんばってください!
 

ありがとうございました。

 投稿者:父母会長  投稿日:2011年 7月23日(土)19時11分8秒
  ご報告が遅くなりましたが、7/12市原臨海球場の第3試合で2回戦対志学館(Bシード)戦が行われました。第1試合が再試合となり、試合開始時刻は16時と大幅に遅れましたが、選手たち
は、集中力を乱すことなく、素晴らしい試合を演じてくれました。手に汗握る見事な投手戦
の中、延長10回裏2死満塁から、平凡なサードゴロがベースに当たり、無情にもサヨナラ負け
となりました。当日は、たくさんの方々に応援いただき、選手たちもいつも以上の力が発揮
できたのではないでしょうか。応援団、バトン部、吹奏楽部のみなさんありがとうございま
した。3年生は引退となりますが、1・2年生には秋・春と県大会出場を目指し頑張ってほしいと思います。鬼門になりつつある、市原臨海球場での夏の勝利を願っております。

また、45期の父母会の皆様からは、夏の大会出場のご祝儀をいただいておりますので、この
場をお借りして御礼申し上げます。

最後に第46期の皆様方、お世話になりました。微力な私を皆様が支えてくれたおかげで、なんとかやり切ることができました。本当にありごとうございました。
 

おめでとうございます

 投稿者:国分野球部OB  投稿日:2011年 7月10日(日)18時08分26秒
  初戦突破、おめでとうございます。
私は93年卒の野球部OBです。
今は福岡で働いているので、観戦に行くことはできませんが、
毎年ネットで試合結果をチェックしています。
次はシード校が相手ですが、絶対に気持ちで負けずに、
一波乱起こして、国分旋風を巻き起こして下さい。
シード校は初戦で負けるケースが多いので、
ぜひ頑張って次も勝利して下さい!
 

初戦突破!

 投稿者:父母会長  投稿日:2011年 7月10日(日)16時46分16秒
  本日、秋津球場で、夏の選手権1回戦が行われました。投打がかみ合い
8対0でコールド発進となりました。暑い中、たくさんの方に応援いただき、
まことにありまがとうございました。次戦は12日市原臨海球場で志学館との対戦になります。選手たちは、Bシード校相手に、今日の勢いをそのままに、全力で戦ってくれると思いますので、精一杯応援したいと思います!頑張れ!国分高校!!
 

市内大会

 投稿者:父母会長  投稿日:2011年 6月 4日(土)21時05分52秒
  本日、市内大会が国府台球場で行われました。
相手は、昭和学院でしたが善戦及ばす2対5で惜敗でした。
たくさんの方が球場へ応援にお越しくださいまして感謝申し上げます。
今後選手たちは、夏の選手権へ向けて、合宿(6/11,12)をはじめ、練習や練習試合に励んでいくことと思いますので今後ともご声援をよろしくお願いいたします。
 

「中国的救援」と「日本的救援」

 投稿者:友人  投稿日:2011年 5月25日(水)15時30分33秒
  「中国的救援」と「日本的救援」 ~中国の友人からの義援金
 東日本大震災の発生当日は東京にいた。中国移動の携帯電話が鳴ったのは、帰宅途上だった日本時間の午後9時過ぎである。
 「いまどこだ?東京か?大丈夫か」。声の主は河南省の街でショッピングセンターを経営している友人だった。彼は私の無事を喜んだ後、「テレビを見ているが、大変なことだ。見ているだけで胸が苦しくなる。何かしなければならない。とりあえず義援金を送りたいから口座番号を教えてくれ」。こちらはまだ帰宅の路上で、被害の状況もよくわからない。義援金と言われてもどうしたものか見当もつかない。
 「お前の銀行口座でいい。そこに振り込むから、とにかく早く被災者の人たちに渡してくれ」と彼は言う。「明日まで待ってくれ。しかるべき組織や団体を調べるから」と話して、その場は電話を切った。
 再び電話が来たのは翌日朝9時過ぎである。「早く送金したいから、とにかく口座番号を教えてくれ」。とりあえず中国の銀行にある個人口座の番号を教えると、その日の午後に入金があった。金額を見て驚いた。100万元、日本円で1200万円以上である。
 本当にありがたいことだが、これを被災地に届けるのは、実は意外と難題である。これだけの額になると日本円への両替は容易ではないので、どこか人民元で受け取ってくれる支援機関はないかとか、何かうまい送金の方法はとか、旧知の中国人会計士や銀行関係者などに聞いているうちに、彼からまた電話がかかってきた。
 「状況はますますひどいようだ。いても立ってもいられない。追加で300万元ほど送るからよろしく頼む」。合計で400万元、約5000万円である。その日のうちにお金は振り込まれてきた。
 電話すると、「困った時に助け合うのは人間として当たり前だ。四川省の地震の時にも日本の人たちに本当にお世話になった。とにかく早く何かしたい。お金の届け先も名義もお前に任せる。ただ中国にも被災地の人々に心から同情し、役に立ちたいと思っている人間がいることを伝えてほしい。それだけでいい」
 思わず胸が詰まった。日本人でも5000万円出す人がどれだけいるだろうか。彼は個人的にも商売上も、日本との関係はほとんどない。知り合いの日本人は私しかいなかったのかもしれない。中国内陸の地方都市の一事業家がこれだけのことをする。中国人と付き合っていて、思わずしびれてしまうのはこういう時である。
「これは」という人間を信用し、任せる
 このお金の送り主のことは、実は以前、この連載で書いたことがある。1年ほど前、連載の第20回「中国内陸市場の攻略法を考える」という文中で、河南省で偶然に出会って意気投合した「中国の流通業界で注目株の若手経営者」という人物を紹介した。その彼である。
 実はその時以来、彼とは会っていない。だから、「友人」と書いたが、会ったのは1回だけである。その後、日本のマネジメント関係の資料を送ったり、メールのやりとりをしたりという関係はあったが、要は会ったのは一度、3時間ほど話をしたというだけである。それも、訪ねたのは飛び込みである。誰の紹介があったわけでもない。考えてみてほしい。突然、飛び込みでやってきて1回会っただけの外国人の個人口座に、5000万円振り込む人がいるだろうか? こういう真似は私にはできない。
 ほどなく上海の日本総領事館が人民元建てで義援金を受け付ける口座を開設するとの情報が入ってきた。すぐに連絡して彼の気持ちを伝え、義援金を引き受けてもらった。総領事館の責任者も「個人でこれだけの金額は初めて」と驚いていた。
 もちろんこれは彼の個人的な行為であって、これで中国人全体がどうこうと言えるわけではない。ただ、この連載でも過去に触れたように、中国人社会には、歴史的に国家や会社といった「組織」に頼れないぶん、困った時には個人どうしが助け合うという気風が根強くある。彼が中国国内の援助機関などを通じずに義援金を届けたいと考えたのも、おそらくそうした発想が根底にある。
 そして、手前味噌で恐縮だが、自分が「これは」と見込んだ人間がいたら、細かいことは言わず、大胆に信用して、任せる。そういう腹の括り方をする。彼は中国人として、被災者に対して、「私はあなたたちのことを本当に心配しているんですよ」ということを、その場で行動で表さずにはいられなかったのだ。ここで動かずして何の人生か。それはお金よりも大事なことだったのである。まるで任侠の世界だが、それは確かに魅力的な中国人の生き方だと私は思う。
「亭主を日本から呼び戻せ」
 震災発生直後から、私の携帯電話には友人知人、取引先などから安否確認の電話やメールが山ほどやってきた。それはとてもありがたかったのだが、困ったのは上海にいた私の妻である。妻は中国人だが、そこに押し寄せた電話やメールの数は私をはるかに上回った。「亭主は上海にいるのか?なに、いない?どうしてすぐに呼び戻さないんだ」。
 最初のうちは「東京は大きな問題はないようだ」とか「東京にも高齢の親がいるし」などと釈明をしていたが、なにしろ朝から晩までひっきりなしに電話がかかり、そのたびに「なぜすぐに呼び戻さない」と怒られ、中には「夫を愛していないのか」などと言い出す親類も現れる始末で、妻は仕事にならず、ほとほと参ってしまった。
 本来はしばらくしてから上海に戻ろうと思っていたのだが、妻からの悲鳴が聞こえてくる。「とにかく早く戻ってきてほしい。そうでないと周囲が納得しない。私が責められる。しばらくしてまた行ってしまっても構わないから」。それで急遽、上海に戻った。周囲の人々は安心し、安否確認の電話やメールは少なくなった。いささか極端と思われるかもしれないが、実際にこんな感じなのである。
「熱く」人を思う
 中国人的感覚では、自分が大切に思っている人に対して「あなたのことをこんなに気にかけているよ」というメッセージを常に発信し続けるのがルールである。だから、何か心配事が起きると、まず「大丈夫か」「何かできることはないか」「こうしたほうがいい」と声をかける。時にはほとんど強要する。
 例えば私が風邪で熱を出して寝込んだとする。伝え聞いた友人・知人たちは「○○入りのお粥を持っていく」「漢方の○○がよい」「知り合いの医者を呼んでやる」「ふとんをちゃんと掛けているか」など、さまざまなことを言ってくる。妻が出勤していると、「亭主が寝込んでいるのに仕事などしている場合か」などと叱責が入ったりする。日本人から見ると、いささか押しつけがましく、少し静かにしていてくれと思うことも正直、少なくない。
 しかし中国社会では「心配される側」のほうも周囲の人々が自分のことを強引なぐらいに気遣ってくれることを実は期待している。そういう関係に慣れていて、もし誰もかまってくれなかったら中国人は寂しくて生きていられないだろう。自分も人を大いに「かまう」し、人からも「かまって」もらいたく思う。そういう関係が暗黙の了解として成立している。その行為が相手にとって有用であるかないか、全体としての効率がよいかどうかといったことより、「あなたのことを思っている」という「熱」を見せる。好意を受ける側も、実際の効果や効率よりも、その「熱」を感じ、喜ぶ。中国人の社会はそういう社会である。
 今回の大震災に際して、日本の社会が壊滅的な状況にあっても冷静さを失わず、人々は秩序を守り、組織だった対応に終始していることに対して世界からの評価は極めて高い。それは中国でも同じだ。マスメディアはこぞって日本社会、特に市井の人々の冷静沈着さ、ルールを守る意識、自分の利益だけを追求しない行動様式に驚嘆し、称賛している。もし中国で同様の災害が起こったら、被害は日本の比ではないだろうという見方は中国でも強い。
 しかしその一方で、今回の震災で日本人が見せた行動に、中国の人々は何がしかの違和感というか、ある種の「物足りなさ」を感じてもいる。それは先に触れた「熱」というあたりにかかわる。例えば、最近、中国のネット掲示板上では、ある台湾の記者が書いたとされる文章があちこちに転載され、広がっている。その趣旨を要約すれば以下のようなものだ。
 「確かに日本人の対応は冷静で、秩序立っている。それは敬服すべきことかもしれない。しかし日本の被災地では、水や食料を届けようと都会から殺到したマイカーで道路が大渋滞するといった事態も起きていないし、自衛隊の救援活動を手伝おうと押しかけたボランティアが、トラックの荷台から援助物資を奪い合うように人々に分け与える姿もない。物資の運搬を担おうと都会のタクシー運転手が集団で職場を離脱して被災地に赴き、世論は拍手喝采する(四川の大地震では実際にその種のことが起きた)といったこともない。みんな秩序正しく行動し、被災者は辛抱強く救援を待っている。それは確かに「民度が高い」ということなのかもしれない。でも私は、それを民度が高いというなら、民度は低くてもいいから、(誰もが熱い思いで勝手に行動を起こす)中国式救援のほうが好きだ」
聞き分けのよい日本人
 もちろん今回の大震災に直面して日本人も行動した。それは義援金の拠出だったり、ボランティアだったり、節電だったり、中には自分の務めを日常どおり果すことが最大の貢献だと考える人もいた。形はともあれ、そこにはまず自分のできること、自らの役割を考え、全体の効率を優先するという発想がある。確かに、都会に住む誰もが水や食料を持って被災地に向かったら、現地は混乱して全体の効率は落ちてしまうだろう。体力や適切な装備、専門技能のない人がボランティアに駆けつけても足手まといになるだけだろう。阪神大震災が教訓となり、日本人の多くは混乱を避けるため状況をわきまえて自主規制する。救援を受ける方も「非常時だから仕方がない」と辛抱強く耐える。
 一方、中国人はいったん事が発生すると、いてもたってもいられず、「私はあなたたちのことが心配なのだ」という意志を伝えるために声を上げ、動く。そこにあるのはひたすら「熱い」思いである。「全体の効率」とか「相手の都合」といったことはとりあえず問わない。四川の大地震の時は、そうした人々の「熱」で国全体が一種の興奮状態になった。先に触れた、義援金を送ろうとした河南省の友人にしても、私を上海に呼び戻せと妻を叱りつけた友人たちにしても、原点にある発想は同じである。
 「日本式救援」と「中国式救援」のどちらが優れているとか、どうするべきだとか、そういうことを言うつもりはない。被災者や被災地を救いたい、何かをしたいという気持ちは日本人でも中国人でも変わらない。どちらがより尊いということもない。日本人は、「中国式」の自分勝手な救援は全体の成果の障害になると考える人が多いだろう。一方、中国人は、悲惨な境遇でいる人を前に、誰もが冷静さを失わず、常に全体のことを考える「日本式」に対して、「冷酷」「人間味がない」「本当に相手のことを思っているのか」といった、ある種の違和感を持つことになる。

「中国人的ぶしつけさ」の効用
 確かに「中国式救援」のように、誰もが自分の熱い思いで行動すれば、相応の混乱は避けられない。しかし、人の強い「思い」が集まることで、そこにとてつもない力が出ることもある。実際、先の四川省の大地震では、全国から公式発表で日本円6000億円以上、一説には1兆円を超える義援金が集まった。私の周囲にも自分の仕事や学業をなげうって復興支援にかけつけた人がいる。政府もいざという時の民衆の「力」を意識せざるを得なくなった。「何かをしたい(するべきだ)」という衝動に駆られて、前後の見境なく突進するという「中国人的ぶしつけさ」には現状を変え得る力がある。
 今回の大震災をきっかけに中国では、日本社会の冷静さや忍耐強さ、自制心の強さに大いに感心し、学ぶべきだという声が強い。それはもちろん有意義だし、必要なことだろうが、日本人のほうも、もう少し個人の力を信じて、「熱い」思いで発言し、突出することを恐れずに行動したほうがよいというのが私の率直な感想だ。誰もが確実に自らの務めを果たすことは大切だが、それだけではこの非常時にいささか迫力不足なのではないか。
 大震災から早くも2カ月以上が経過し、原発事故はまだまだ予断を許さない状況ではあるものの、中国国内では一時期のパニック的な心理状態はおさまり、上海の日本料理店にも中国人客の姿が戻ってきた。日本への団体旅行も一部で再開されたと聞く。震災という悲しい出来事ではあったが、今回の事件が中国社会にとって、日本という国や社会、そこに生きる人々への理解を深めるうえで大きな作用を及ぼしたことは間違いない。中国の普通の人々がこれだけの長期間日本の政治家や企業、マスメディア、普通の人々の一挙手一投足を実況中継で見つめ続けた事態は、おそらく初めてのことだろう。
 今回の震災を経て、中国の人々の間に確かに存在した「日本の安全神話」には傷がついたかもしれない。しかし、もともと「神話」なのだから幻想は早く消えた方がお互いのためだろう。そのぶん逆に日本人という一群の人々に対する中国人の親近感と信頼感は高まっている。「日本は天国のような(悪魔のような)国かと思っていたけど、お互い人間どうし、生きていくのは大変だよね。まあ頑張ろうや」という感じが出てきている。その根底にあるのは、生活水準の向上にともなうある種の自信である。さまざまな分野で日本の中国に対する圧倒的優位が崩れていく中、こうした変化は私は悪いことではないと思う。今回の震災が「国家対国家」ではなく、お互いの個人と個人が理解を深める契機になったとすれば、それはひとつの救いと思わずにはいられない。

 

スケジュール

 投稿者:応援団員  投稿日:2011年 3月 2日(水)13時15分15秒
  いよいよシーズンインですね。
春季大会予選の抽選会は行われたと思いますが、どこと対戦することになったのでしょうか?また、今後の練習試合の予定が分かりましたら教えてください。
全力で応援しておりますので、選手の皆さん頑張ってください。
 

代表決定戦敗退

 投稿者:父母会長  投稿日:2010年 9月 8日(水)08時59分16秒
  9月7日、県大会出場をかけて秀明八千代高校と秋季大会二次予選代表決定戦を行いました。
相手投手の伸びのある高めの速球をいまひとつ捕らえることが出来ず残念ながら0対2の惜敗を喫しました。
この経験を活かして、春季大会では県大会に出場してくれると信じています。
皆様のご声援有難うございました。
 

三回戦敗退

 投稿者:父母会長  投稿日:2010年 8月24日(火)08時46分34秒
  8月23日(月)に秋季大会ブロック予選三回戦が国府台球場で浦安高校相手に行われました。
今春の春季大会の雪辱を果たす心意気で試合に臨みましたが、一歩届かず4対7の惜敗でした。
皆様、応援有難うございました。
8月26日(木)に二次予選の抽選があります。二次予選でも二回勝って県大会に出場して欲しい
と願っております。
 

(無題)

 投稿者:昔のOB  投稿日:2010年 8月22日(日)13時39分26秒
  20年以上前の国分野球部OBです。
このホームページを見つけて、昨日十数年ぶりに母校の試合を観戦しました。
皆んな頑張っていますね!!
今後も活躍を期待しています。
 

秋季大会初戦突破

 投稿者:父母会長  投稿日:2010年 8月20日(金)07時37分50秒
  秋季大会一次予選一回戦が8月19日(木)に市川南高校を相手に
国府台球場で行われました。
選手たちの思い切ったプレーが功を奏し、7対5で勝利することが出来ました。
勉強の合間をぬって応援に駆けつけてくれました三年生の先輩方をはじめ、
多くの方々が応援に来て下さいました。誠に有難うございました。
二回戦の対戦相手は、市川北高校です。
試合は、8月21日(土)第2試合11:20 国府台球場です。
皆様の応援をよろしくお願いいたします。
 

公式戦初戦の日程

 投稿者:新父母会長  投稿日:2010年 8月 2日(月)08時38分50秒
  公式戦初戦の日程・対戦相手が決まりました。
日時 平成22年8月19日(木) 13:40 →第三試合目です。
場所 国府台球場
相手 市川南高校

*初戦突破をすると
日時 平成22年8月21日(土) 11:20 →第二試合目です。
場所 国府台球場
相手 市川北高校

*三回戦は
日時 平成22年8月23日(月) 12:30 →第二試合目です。
場所 国府台球場
相手 未定

一試合でも多く勝ってもらいたいと思っております。
 

ありがとうございました

 投稿者:父母会長  投稿日:2010年 7月14日(水)22時14分11秒
  13日市原臨海球場の第2試合で夏の大会の初戦となる対東海大望洋戦が行われました。
結果は5回コールド負けてしまいました。
当日は、たくさんの方々が応援にお越しくださり、選手たちも力いっぱい頑張れたのではないでしょうか。
応援団、バトン部、吹奏楽部のみなさんありがとうございました。
選手のみなさんおつかれさまでした。
3年生は引退となりますが、1・2年生は来月には秋季大会が始まります。
がんばって、本戦に出場して欲しいと思います。

役員の皆様お世話になりました。
私はこの1年間微力ながら父母会長をやらせていただき、とてもよかったと思っております。ありがとうございました。
父母会長 鵜澤
 

御礼

 投稿者:父母会長  投稿日:2010年 7月 6日(火)23時15分18秒
  44期の父母会の皆様から夏の大会出場にご祝儀を頂きました。
この場をお借りし、御礼申し上げます。
もちろん、一番の恩返しは一つでも多く勝利して、甲子園に出場することと思っております。
ありがとうございました。
 

いよいよです!

 投稿者:父母会長  投稿日:2010年 7月 6日(火)22時59分0秒
  熱い熱い夏の大会が目前になりました。
我らが国分高校の初戦は春の甲子園に出場した東海大望洋と実籾の勝者です。
選手たちは準備万端です。吹奏楽部、バトン部、そして心強い応援団の生徒
全員が張り切ってくれています。
OBの皆様、OB父母会の皆様、そして国分高校野球部を応援してくださる
皆様方、応援をよろしくお願いいたします。
試合の予定は7月13日(火)市原臨海球場第2試合です。
 

(無題)

 投稿者:OB  投稿日:2010年 6月11日(金)22時14分8秒
  市内大会お疲れ様です。試合には負けてしまいましたが、今自分たちに足りないものが見えてきたと思います。いま自分は大学生で毎日電車のなかで学校に通ってますが、だんだん暑くなるにつれ、去年のことを毎日のように思い出します。
あのとき頑張っていればよかった、どうしてもっと自分を追い込まなかったんだろう、と毎日後悔しています。
けど、いまの後輩たちにはそんな思いはしてほしくありません。もう3年だから、受験のことについてそれぞれ考えてると思うけど、高校野球は今しか出来ないし、このチームで3年間野球を出来たことを終わったときに心から思えるように残りの1カ月頑張ってください。
 

2回戦敗退

 投稿者:父母会長  投稿日:2010年 4月14日(水)13時53分43秒
  春季大会ブロック予選第2戦が4月13日(火)に国府台球場で行われ、
相手は、浦安高校で前試合は東海大浦安に勝った強豪でした。
残念ながら0対10で予選を突破することはできませんでした。
平日にもかかわらず、たくさんの方が球場へ応援にお越しくださいまして
感謝申し上げます。
選手たちは、今後も練習や練習試合に励んでいくことと思いますので
今後ともご声援をよろしくお願いいたします。
 

レンタル掲示板
/6