teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ブランド偽物(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


グレゴリオ暦の誕生日

 投稿者:永井  投稿日:2017年10月15日(日)13時20分15秒
返信・引用 編集済
  1582年ののこの日、紀元前45年から使用されていたユリウス暦から、時のローマ教皇グレゴリウスにより改暦されました。 現在我々が何気なく使っている暦がこれで、グレゴリウスが改暦したという事で「グレゴリオ暦」と言われます。

ユリウス暦は太陽の周回1年の長さ365.2422日と1年の長さ365日の違いを修正するための閏年が4年に1回だけの暦だったため、改暦される1627年の間に春分の日が10日間も違って来たのでした。

キリスト教ではキリスト復活の日を決めるのに春分の日を起点にして決めるルールが有るため、本来の春分に暦を合わせる必要が有り、それが改暦が行われた理由です。

ユリウス暦の10月4日の翌日を10/15日にしたのがこの改暦で、10/5~14までの10日間を削除してしまった訳ですが、かなりの大ナタですね。

10日間を削除しただけでは無く、閏年のやり方も変えました。
① 西暦年が4で割り切れる年は閏年(これは従来通り) ②西暦が4で割り切れ更に100でも割り切れる年は閏年とせず平年とする。 ③ ②を満たしても更に400で割り切れる年は閏年

この①②③のルールがグレゴリオ暦の中身です。 ①の場合の閏年の頻度は 1/4=0.25 2の場合の頻度は 24/100=0.24 ③の場合は400年で97回の閏年となりますので 97/400=0.2425 となりますが、実際の太陽の1年間の長さ 365.2422 と小数点以下の端数を比べると、実際と暦の違いがごく僅かになることが判ります。 3333年で1日の違いまで精度が上がりました。 1600年ほどで10日も違ったのと随分と違いますね!

2000年は①②③全てが該当した年でしたが、これをお読みの大半の方はここを体験されたわけです。次回は2400年まで待たなければならない訳ですから大変貴重な体験でも有った事になりそうです。

1582年にグレゴリウス13世の勅書通り改暦したのはカトリック諸国(イタリア・スペイン・ポルトガル・フランス・オランダなど)だけで、その他の国々はその後の事となりました。

ちなみに、日本はと言うと遅れること290年後の明治5年(1872)の改暦でした 明治5年12月2日の翌日をいきなり明治6年1月1日に改暦すると言う無茶苦茶ぶりでしたが、これには時の明治政府の言うに言われぬ理由が有ったのでした。 この事は長くなりますのでまた・何時か!

PS ユリウス暦を制定したのは ローマ帝国のユリウス・カイサルで、英語読みジュリアス・シーザーの方が判り易いかも知れません。
 
 

コロンブス・デー

 投稿者:永井  投稿日:2017年10月12日(木)12時54分8秒
返信・引用 編集済
  1492年(525年前)の今日(10/12)コロンブスが率いるスペインの船隊が新大陸に到達したのを記念した日で、アメリカ合衆国の祝日になっています。

連邦政府が祝日に指定したのは、割と最近の1937年の事で、カリフォルニアやハワイなどの州は祝日にしていない様です。 その他の幾つかの祝日も州によって違ったりするそうで、日本とはチョット違いますね!

元々コロンブスは西周りでジパング(日本)やインドを目指したにも拘らず、着いたところが新大陸だった訳ですが、コロンブスは最初の到達地がインドだったと死ぬまで信じていたそうです。

北南米の原住民をインデアン(インディオ)と呼ぶのはここから来ている訳でして、どちらも意味はインドの人・の事です。

肝心の日本は?と言うと、応仁の乱(1467~1477)が終わって間もない時期で、室町幕府(足利)10代将軍・足利義植の時代。 とは言っても将軍の権威は地に落ち、各地で武士同士の殺し合いが続くまさに戦国時代に突入する時期だった事になります。

イタリア人のコロンブスがスペインのイザベラ女王の援助で出発・・・とか昔読んだ記憶が思い出されます。

コロンブスの到着を遡ること400年ほど前にアイスランド生まれのレイフ・エリクソンなる人がすでに発見していた・等の話もありますし、それよりなにより原住民が住んでいた訳ですから彼らの先祖が発見者でしょう! なんても思います。 コロンブスの発見はあくまでもヨーロッパ人から見た言い方? ではないでしょうか。 でも・その業績を否定するものでは有りません。
 

十六夜の月

 投稿者:永井  投稿日:2017年10月 5日(木)22時40分43秒
返信・引用
  今日は晴れました。 と言う事で中秋の名月が撮れなかった代わり? でも有りませんが十六夜の月を撮りました。 月のでは昨日より35分遅れの17;14でした。

明日(10/6)が満月ですが、その瞬間は日付が変わって間もなくの3:40ですので、明日の晩に見る月よりも今夜の月の方が満月には近いことになります。

 

中秋の名月

 投稿者:永井  投稿日:2017年10月 4日(水)22時05分47秒
返信・引用 編集済
  今日は中秋の名月、別名・いも名月と言われるお月見の日です。  月が昇ってから、東側の見晴らしの良い水の森北側の高台に名月を撮りに行ってみました。

名月は下側に有る雲の塊の中でその姿を見せてはくれません。 雲から出るのを待つことしばし・・・ 雲から出てまんまる全体が見えたと思ったらすぐに上の雲に隠れてしまいました。
その時撮ったのをアップして置きます。 台原のタワーマンションの上で構図的には申し分なかったものの、短時間しか見られず露出を変えて撮る事が出来ませんでした。

家に帰ってから、高く昇った月を望遠鏡で撮影しようと準備はしたものの、その後は空全体が雲で覆われてそれも出来ず仕舞でした・残念!

芋名月のイモはサツマイモでは無く「サトイモ」ですので念のため。 11月1日(水)は 旧歴9月13日で後の月・と言われる二度目のお月見です(十三夜月) こちらは栗名月・豆名月と呼ばれています。 次は晴れて呉れる事を願っています。

写真2・3枚目は、お月見の雰囲気を出すべく、連れ合いがススキと萩を採りに行き、三方に月見団子、里芋やブドウを載せて準備して呉れたものです。 雲を透かしてお月様が見て呉れた事を信じる事にします(笑)
 

せんくら・終了

 投稿者:永井  投稿日:2017年10月 1日(日)22時24分43秒
返信・引用
  三日間のせんくらが今日終了しました。昨年までに比べ参加された方が多かった気がしていますが?
数日後には動員人数の発表が有るはず・・・楽しみ!

今日のスタートは11:00からの仙台地下鉄駅コンサートから。 二つ目が終わったのが12:30・終了後地下鉄で旭ヶ丘駅へ移動。 昼食後、日立システムズホール(旧・青年文化センター)で45分2回+1時間2回の撮影でした。今日はコンサートの中身が濃かったので楽しく撮影出来ました。 中身は省きます・少々疲れ気味の勢かも知れません(笑)

昨日、ヴァイオリンの名手・渡辺玲子さんを撮らせて貰いましたが、CDにサインを貰った後でフェースブック用の写真を送る約束をしましたので、夜遅くになって何枚か送付しました。
今朝、チェックしたら撮った写真が早速アップされていました。 今日1日が楽しく過ごせたのはそれがうれしかった勢かもしれません?

興味のある方はご覧になってみて下さい。 https://www.facebook.com/reikowatanabevn/ チョット下にスクロールして見て下さい。
 

せんくら・二日目

 投稿者:永井  投稿日:2017年 9月30日(土)23時21分17秒
返信・引用
  昨日の夕方2ステージに比べ、今日は10:30から5ステージ。 1時間が2回、45分が3回でした。 料金は45分:1000円、1時間:1500円で、イズミティ21大ホールの1時間は2000円(仙台フィルが絡むから?) 短時間のうらみはあるものの、リーズナブルな料金でクラシックが聴けるのが眼目です。

今日撮ったのは、①天満敦子(ヴァイオリン)②林道子(ソプラノ)③及川浩治(ピアノ)④上原彩子(ピアノ)⑤渡辺玲子(ヴァイオリン) 知らない人が多かったが、私が知らないだけ(笑) どなたも素晴らしい演奏家達でした。

コンサートの間隔は今日の私の場合ですが、30分・移動の時間も有るので昼食を食べる時間の確保が大変で、④と⑤の間の午后4時時過ぎの昼食となりました。

⑤の渡辺玲子さんの大ファンですから、今年もCDの新譜を買ってサインして貰いました。3年連続でそんなことをしていますので、彼女のサイン入りCDが3枚になりました(かなりのミーハーです(笑))
 

せんくら始まる

 投稿者:永井  投稿日:2017年 9月29日(金)22時44分54秒
返信・引用
  仙台クラシックフェステバル2017が始まりました。 略して「せんくら」ですが、今年が12回目です。 2006年に開始され、大震災も乗り越えての12回目、よくぞ続いているな~が実感ですが、これだけ続くともうすっかり定着していますので、よほどのことが無い限りどこまでも続きそうです。

今年も3日間、10会場で87のコンサートが実施され、大いに盛り上がる事でしょう!

仙台市では「せんくら」の他に毎年秋に定禅寺通りを中心にその界隈で行われる「ジャズフェス」と3年に1回実施される「国際音爆コンクール」が音楽の3大イベントになっており、これらを総称して楽都・仙台、などと言っています。

せんくらには第1回から欠かさずに「カメラマンボランティア」として参加し、いい音楽を聴きながら撮影すると言うこれ以上無い至福の時間を過ごさせて貰っています。

今年は地下鉄仙台駅での「えきコン」2回を含め、13のコンサートを担当することになっています。 1会場二人体制ですから、プレッシャーはありません。
今日はピアノ演奏2ステージだけ。 明日、明後日が撮影会場が多いので大変そうですが、好きな事をしていると疲れは感じません(笑) 終わると一気に疲れが出て来ますが・(半分嘘です)
今年は各コンサートの売れ行きが例年以上にいい様に感じます。 初日夕方のチケットの売れ行き状況をアップして置きます。 コンサート内容の著作権は仙台市に有りますので、ここへのアップはできませんが、チケットの売れ行き状況は大丈夫だろうと思いますので…
 

押しかけ観望会

 投稿者:永井  投稿日:2017年 9月27日(水)21時02分7秒
返信・引用
  昨夜の事ですので、1日遅れの書き込みとなりました。

予報を見たら、天気は次の日から下り坂。 半月(上弦)2日前であること、お天気がよさそうな事から、久しぶりに近くの児童館に付きを見せに行く事に・・・

子供たちが帰ってくるのは学年により違いはありますが、日没が17:40くらいですので、17:00から始められる様に仲庭に望遠鏡をセットしました。 セットしている様子を見た子供たちが見て関心を示します。 見られる様になったら声を掛けるからと言うのに、何人かは待ちきれずに群がります(笑)

最初は明るい空に浮かぶ月ですが、行儀よく並んで次々交代しながら見てくれます。 触るとずれたり揺れたりするから触らない様に! と言って聞かせるんですが、何人かはすぐ忘れてしまう様で(笑)何度も・何度も言うしかありません。 「同じことを何回も言わせる子はバカって言われるよ」って言ったら「一人の女の子がここには何人かがいますネ」・には笑ってしまいました。

空が薄暗くなり双眼鏡で土星が確認出来る様になり、見る対象を土星に変えました。
「土星には環が有るので、見えたら(わっ)っていう事」て言ったら、全員が見えると(わっ)
何も言って呉れないと見えたのか見えなかったのか判別がつかずに困るからです。

一部の子供たちは、土星よりも双眼鏡に関心が有る様で、奪い合いながら月を見ていました。 1年生の大半は望遠鏡も双眼鏡も初めて見る子が多い様です。 2・3年生は少なくとも1・2回は見せていますので、ある程度慣れている様です。

後半は、お迎えの保護者の方が来られるので、必ず見て貰います。 遠慮される方には「見ないと帰ってからの親子の会話が出来ませんよ」と半ば強制です(笑) 中には子供そっちのけ・って方も・・・

大勢の子供が望遠鏡の周りに集まると、かなり騒々しいし、いろいろ言って聞かせる事も出て来ます。 素直な子が多い半面、やんちゃな子もいますが、どっちも可愛いですね!
 

長野県 8・長崎県 1

 投稿者:永井  投稿日:2017年 9月24日(日)11時23分37秒
返信・引用 編集済
  タイトルだけでは意味不明・と思いますが、隣接する府県の数なんです。 隣接の条件は陸続き。海で繋がっているのは除きですから、海で囲まれている北海道と沖縄県は当然「0」で別格。

ひょんな事から調べる機会が有り、暇に任せて全部調べて見たらこれがなかなか面白い! 最も多い長野県の8の内、最後まで判らなかったのはチョット繋がりの埼玉県でした(笑) 長崎県が佐賀県だけだったとは目からうろこ・熊本、鹿児島は海を隔てていたんですね。 以下多い順に並べて見ます。

① 8・長野県 ② 7・埼玉県、岐阜県 ③ 6・福島県、京都府、三重県、④ 5・群馬県、新潟県、山梨県 ⑤ 4・秋田県、山形県、宮城県、栃木県、茨城県、東京都、富山県、福井県、愛知県、静岡県、滋賀県、兵庫県、大阪府、奈良県、鳥取県、広島県、熊本県 ⑥ 3・岩手県、千葉県、神奈川県、石川県、和歌山県、島根県、岡山県、徳島県、愛媛県、福岡県、大分県、宮崎県、⑦ 2・青森県、山口県、香川県、高知県、鹿児島県、佐賀県 ⑧ 1・長崎県

8県×1  7県×2  6県×3  5県×3  4県×17  3県×12  2県×6  1県×1  0県×2  久ぶりに地理の勉強(笑)

全くの無関係ですが、今日(9/24)は私達の結婚記念日であることを連れ合いから知らされました。計算したら45年が経過したことが判りました・ってまるで他人ごとみたいです(笑) 
 

海王星記念日

 投稿者:永井  投稿日:2017年 9月23日(土)12時09分47秒
返信・引用 編集済
  9/19-20の二日間、ホテル観洋のスターパーティのお手伝いで南三陸町へ行って来ました。 あまり良いお天気では有りませんでしたが、それなりに星を見て貰う事が出来、大勢のお客様に喜んで貰う事が出来ました。

1月から始まって今回が5回目になりますが、ほぼ2か月ぶりに訪れる度に、少しづつでは有りますが街明かりが明るくなっている事に気付かされます。 街の復興にはかなりの時間がかかりそうですが、街明かりの様子から少しづつながら復興の足跡が聞こえる様な気がします。

ここからが本題です。 太陽系最遠の惑星「海王星」が発見されたのが1846年の今日(9/23)でした。 発見から171年が経過していますが、太陽を廻る周期が165年ですから、6年前に発見からやっと一周したという事になります(以前にも話題にしたような…?)

海王星発見の65年前(1781)に「天王星」を発見したのは、W・ハーシェル(英)で、望遠鏡の発達による成果だったのに対し、海王星は天王星の軌道のわずかなずれが他の天体に影響されている勢では? と考えたアダムス(英)やルベリエ(仏)の計算による位置の特定を元にベルリン天文台のヨハン・ガレ(独)が発見するところとなりました。 軌道計算+望遠鏡の合わせ技による発見だった訳で、三人による発見という事になっています。

日本は弘化2年で、時の将軍は12代・徳川家慶(イエヨシ)でした・と言ってもわかりにくい? のでこの時、歴史上の人物たちが何歳だったか・を年長順に列記すると

遠山金四郎(53)・千葉周作(52)・歌川広重(49)・井伊直弼(31)・勝海州(23)・吉田松陰(16)・近藤勇(12)・土方歳三(11)・沖田総司(2)などですが、何となく判るような気がしせんか?(笑)

それにしてもこの時代の日本とヨーロッパ諸国との文化・文明の違いに驚きを禁じえません。

写真は三陸町のホテルの部屋から日の出前に撮った「志津川湾の朝焼け」です。 珍しく早起きしました(笑)
 
 

レンタル掲示板
/135